今月のワニレポ(今月の気づき)

2020年7月10日 (金)

Vol.255『無意識の他人への攻撃に注意しよう!』

新型コロナに伴う自粛要請などで、ストレスを感じている人は少なくないと思います。ニュースもネガティブな報道も多く、SNSでも正しさをぶつけ合っている人が多いように感じます。最近多いのが炎上騒動です。芸能人が槍玉にあげられる場合が多いのですが、誰かを標的にして叩いてストレスをぶつけているようにも感じます。もしかしたらみなさんの中にも、政府の対応や芸能人の失言、周りの人に反応して、イライラしてしまうこともあるかもしれません。
ここでて気をつけたいのは、ストレスのかかった環境が続くと、人は精神的にネガティブになりやすいこと。つまり、コロナの影響で仕事が思ったようにできなくなった人は、怒りや不満、抑圧感を溜め込み、無意識のうちに人に対して攻撃的な言動をしてしまいがちです。

例えば、いつもなら気にならない些細なミスが気になり始めます。自分がお客として接した店員の説明が言葉足らずでイラッとする。すると、それを相手が謝罪するまで追求したり、それがいかに問題であるか、くどくどと説得にかかる。場合によっては、相手がとっくに謝罪しているのに、「まだ自分の意図がちゃんと伝わった気がしない」と思い、延々と持論を述べ続ける。気がつけばクレーマーとして、その場の空気を一気に悪くする。抑圧されたストレスが日常のふとした時に爆発するのでしょう。本人は、気が晴れてストレスが少しは和らぐかも知れませんが、問題は「そういう言動はすべて相手や周りに見られている」ということ。そんなトゲトゲしい口調で攻撃する人、誰も相手にはしたくないでしょう。今は、お客がお店を選べるのと同様に、お店もお客を選べる時代です。SNSなど簡単に情報が共有される情報化社会では、その評判は良くも悪くも一瞬で伝わります。そうしてその人の周りからは、どんどん人が離れていきます。

ふだんなら攻撃的な言動をしない人が、この非常事態ゆえのストレスでトゲトゲしい感じになって、周りからの評判を落とすのはもったいないですよね。これはわたし自身も他人事ではないと思っています。ネガティブになりやすい環境を自覚して、自分の心の健康度に意識を向け、普段以上に愛のある言動を心がけたいと決意しました。ちなみに、わたしがストレスを感じて自分がトゲトゲしいなと感じる時には、いったん立ち止まり、自分の感情と向き合ってみます。
「自分は何に反応して、イライラしているのだろう?」
その感情をただ感じてみることで、少し冷静になります。これは我慢するのではなく、怒りは怒りとして感じます。ただ、その感情の出し方を調整しやすくなるという感じです。
試してみてくださいね。

 

追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

2020年6月10日 (水)

Vol.254『オンラインのセミナーはリアルより価格が下がり、参加者も減るのか?』

オンラインZoomセミナーでコンサルタントから様々な相談を受ける中で、最近はコロナの影響もあり「オンラインで価値提供するには?」のテーマが多くなりました。
その中でもよく聞くのがこちら↓。

「オンラインのセミナーはリアル(会場開催)より価格が下がり、参加者も減るような気がして不安です。従来の会場開催なら、2時間で参加費5千円のセミナーに10人集まっていたのが、オンライン(生中継)だと参加費は3千円で、参加者も5人くらいになりそうな気がするんです。明確な根拠がある訳じゃないのですが、なんとなく、、、」

彼の相談は、多くのコンサルタントやセミナー講師の本音を代弁していると感じました。
しかし、別の考え方もできるとわたしは思います。そのポイントは、「比較対象の最適化」「オンラインならではの価値の言語化」です。オンラインだとリアルより参加費が安くなると感じる人は、無意識のうちに比較対象を「セミナーDVD教材」にしています。
これだと安くならざるを得ません。なぜなら、教材は「時間を共有せず、情報が講師からの一方通行なので、拡散可能だから安くなる」と認識されているからです。

しかし、10人限定のオンラインセミナーは事情が違います。場所はそれぞれ異なれど、時間は共有しているし、双方向性も確保できます。しかも、手元の資料を画面で共有するなど、リアルではできない価値を提供できれば、参加費を下げる必要はありません。そして、リアルと同等以上の価値が発揮できて、しかも場所を問わずどこからでも参加できるとなれば、むしろ参加者は集めやすくなる可能性もあるでしょう。しかも今は、コンサルタント業に限らず、一般の経営者にも「テレワークのためにはオンライン対応が必要」との認識が進み、むしろ避けては通れないという雰囲気すらありますよね。ならば「わたしのオンラインセミナーを2時間受講することで、副産物としてオンラインを体験して、自社での活用イメージをつかんじゃいませんか!?」という価値の伝え方もできるでしょう。「比較対象の最適化」と「オンラインならではの価値の言語化」で、選択するアプローチは全く異なってきます。
ここは脳に汗をかいて、価値を生み出していく時ではないでしょうか。

 

追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

2020年5月10日 (日)

Vol.253『ピンチをチャンスに変える秘訣。こんなことでもなければやらなかったことをやる!』

新型コロナウィルスの影響で、わたしたちは様々な影響を受けていますが、一番気になるのは「精神的に参ってしまう」こと。
普通にしていたら、テレビからもネットからも、また周りの人からも入ってくるのは不安を助長する情報に偏りがちです。だから、ネガティブな感情にひっぱられて、免疫を下げてしまう。
こんな時に大切なのは、気を前に向けること。そのためには、「希望」が必要です。
そして、希望を持つ方法はいろいろありますが、その一つは「こんなことでもなければ、やらなかったことをやる」です。
例えば、4月はわたしはほぼ毎日オフィスにこもって、次のことをやりました。

  • まず、照明とマイクを買い、Zoom活用法を学び、オフィスをスタジオ化した。
  • 今まで会場で行っていた有料セミナーをZoomで4.5時間やり切った。(パソコン越しにこの長時間は腰に来た!)
  • 日本キャッシュフローコーチ協会のメンバー50人への公開コンサルティングをZoomで2.5時間やった。(前の日に4.5時間を体験済みなので、楽勝!)
  • 外部主催のジョイントベンチャーで、歯科医院向けにZoomセミナーを90分やった。(キャッシュフローコーチの発想法や知恵を、多くの歯科院長にお届けできた)
  • 外部主催のジョイントベンチャーで、セミナー講師向けにZoomセミナーを90分やった。(和仁のノウハウと発想法を、多くのセミナー講師にお届けできた)

これらの行動を通じて、表現方法のバリエーションが増えて、届く範囲が広がっている実感があります。オンラインで有料セミナーをやるなんて、こんなことでもなければ、きっと何年も先だったと思うんです。わたし自身は4年前からZoomを日常的につかっていたけど、お客さんにそれが浸透するのに時間がかかると思ったから。ところが、世間的には外出自粛でオンライン対応が必要に迫られたという「外圧」によって、一気に浸透しました。しかも、本格的に使い出したら「小部屋で意見交換する」機能があったり、テクニカルな知識がいくつか必要だったりで、慣れるまでなかなか手間取ったけど、ようやく感覚がつかめました。
あなたにとって、「こんなことでもなければやらなかったこと」は、何ですか?

 

追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

2020年4月10日 (金)

Vol.252『今の時代に必要なのは、教える人ではなく一緒に追い込んでくれる人。』

コンサルタントの仕事は一般的には「教える先生」ですが、わたしたちキャッシュフローコーチの仕事は「教えることではなく、盲点に気づかせるパートナー」だと、この数年、セミナーや書籍で提唱してきました。この違いがもたらす価値の差がここ数年のSNSやYouTubeなど情報化の加速によって、より顕在化してきた気がします。にも関わらず、未だに「教えることが仕事」だと錯覚しているコンサルタントが少なくありません。
一般にコンサルタントが役割を分解すると3つの工程があり、それぞれの市場価値が大きく変化しています。ここをきちんと理解していないと、どんどんビジネスが苦しくなるので、一度整理しておきたいと思います。

コンサルタントの3つの役割とは「1.ノウハウを教える“先生”」「2.そのノウハウを思考回路に組み込む“トレーナー”」「3.その思考回路とビジョンを共有して一人では到達できないレベルまで一緒に突き進む(=追い込む)“パートナー”」です。
たとえばわたしは、マラソンを始めて7年目になりますが、スタートから今までずっとランニングコーチの個別セッションを依頼しています。世の中に数あるランニングコーチの中でも、彼のように何年も(それなりに高額の受講料を要する)個別セッションを依頼される人はそれほど多くないようです。なぜ彼は7年にもわたり、個別セッションを依頼され続けるのでしょうか?

それは、彼の主たる役割がまさに3つめの、「その思考回路とビジョンを共有して一人では到達できないレベルまで一緒に突き進む(=追い込む)“パートナー”」だからです。
「フルマラソンを完走する走り方」「サブ4の達成法」などのノウハウだけなら、ネットで検索すればいくらでも情報が得られます。そして、そのノウハウを思考回路に組み込むトレーナーの役割も、おそらく1~2年もあれば十分でしょう。ところが「一人では到達できないレベルまで一緒に追い込む」ことには終わりがありません。「フルマラソンを完走したら、次はサブ4を目指す」「それを達成したら、さらに自己ベストを目指す」というように、クライアントにビジョンがある限り、役割があり価値を発揮し続けられます。このように、クライアントのビジョンに寄り添って可能性を最大化する仕事は、あらゆる業界で今後ますます求められるあり方だと確信しています。自分のビジネスにその要素をいかに取り入れるか考えてみてはいかがでしょうか。

 

追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

2020年3月10日 (火)

Vol.251『イラっとくる怒りは、ネタにして解消する。』

あるコンサルタントの塾生からの相談です。
「些細なことをスルーできず、イラっとしてしまいます。例えば、約束を守らない人や、自分の主張ばかりするスタッフ、サービス業なのに熱意のない口ぶりの店員など。
これって、“コンサルタントあるある”だと思うのですが、細かなことに気づく職業病なのかも知れませんが、放って置けません。かといって相手を言いくるめても良い結果にはならないとわかっているので、ストレスばかりが蓄積していくのです。

怒りを鎮める手法なども学んだのですが、なかなか鎮まらず。。。このままだと、自分の精神衛生上も悪いし、トップのわたしがそんな調子だと社内の雰囲気も悪くなり、離職者が増えてしまう。どうすれば良いでしょうか?」

ワニレポ読者の中にも、同じような状況の方がいるかも知れないので、今日はこの相談に対する和仁の回答を紹介します。

わたしも、元々は完璧主義なところがあり、いろいろ気になる方だと思います。
よって、期待外れな言動に対してイラッときたり、ストレスを感じることは多々ありましたし、今でもあります。それをプラスに利用する和仁の作戦は、「イラっとくる怒りは、ネタにして解消する」です。ワニレポや毎月の連載記事、次の新刊、講座やセミナー、個別コンサルなどで、わたしが伝えたいメッセージをわかりやすく伝える「あるある感の事例ストーリー」として利用するのです。中には、公にはしにくい事例(それをしゃべると誰のことかがバレる、など)もあり、その場合は多少の創作を交えて、本人が特定できない工夫をします。いずれにせよ、「怒りのエネルギーを自分の中に溜め込まずに、ポジティブに転換して外に流す」ようにします。それによって、たとえイラっとくる嫌な体験をしても、そこから「元を取った感」が生まれ、ストレスは軽減し、むしろ「ネタをありがとう」という前向きな気持ちになれることもあります。
このコツは、「イラっとくる怒りの種類」によって最適なアウトプット先を、予め複数用意しておくこと。これに慣れてくると応用編として、「怒り」だけでなく、「不安」「恐怖」「ヒヤッと体験」など、あらゆるネガティブだと思っていた感情を、周りを楽しませたり、役に立つネタに変えることもできる。お試しください。

 

追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

2020年2月10日 (月)

Vol.250『生産性が高い人の依頼メールは、“一往復ルール”で。』

相手が社内のスタッフであれ、社外の専門業者であれ、人に依頼をするときの工夫次第で、生産性は大きく改善します。今日は、わたしが意識していることを1つ紹介します。
それは、「依頼メールは一往復で完結できるよう、明快に伝える“一往復ルール”」です。
例えば、WEB制作会社にメールで依頼を出すとき。かつてのわたしは次のような感じでした。

  • 依頼内容を箇条書きで記し、不明な点があれば、それに返信する。
  • それに対する質問を受け、再び返信する。その往復が3〜5回続く。
  • さらには、ニュアンスが伝わらないところについて、数回の確認の電話が入る。

期日が迫った急ぎの仕事の場合、こんな調子だと完成はずいぶん遅くなります。お互いに、会議で席を外していたり、休日を挟んでいたりするとタイミングがズレて、トータル時間はせいぜい1時間程度の作業なのに、完成までに1週間以上もかかるなんてことも。しかも、確認作業に時間をとられて、トータル時間も2倍、3倍に膨らみ、お互いの時間を無駄使いしてしまいます。

そこで、わたしはある時から、「メールを1回送るだけで、相手に意図が正確に伝わるように依頼文を工夫しよう」と考え始めました。具体的には次のことを意識しました。

  • 件名を読んだだけで、依頼内容の概要が伝わるように書く。
  • 本文に依頼内容だけでなく、その意図(誰に何をするための業務か)や背景、注意点も書く。
  • 文頭に1、2、3や1)2)3)、①②③などの番号表記で、視覚的にわかりやすく書く。

つまり「間違った解釈をしようがないほど、明快な表現の依頼文を書く」チャレンジです。これは依頼文をつくる時はエネルギーを使い、面倒くさい面もありますが、投資効果は絶大。
ちなみに、このやり方を習慣化すると、今後も同様の依頼をする(毎年行う講座の資料作成など)場合は、メールソフトの送信済みフォルダから引っ張り出して、人数や日付などの数字を修正するだけで済むようになり、どんどん依頼がスムーズになります。またその場合、依頼される方も毎回異なる表現の依頼文でメールがくるより、都合が良いようです。なぜなら、毎回場当たり的に異なる表現で依頼メールがくるより、同じ文体の方が過去の経験から思い出しやすくなるからです。ピンと来た人は試してみてはいかがでしょうか。

 

追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

2020年1月10日 (金)

Vol.249『相手の状況をイメージできる人、できない人。』

飲食店などの接客業や電話でのテクニカルサポート対応では、対応の仕方1つで感動を与えることもあれば、相手の怒りを買ってクレームになることもあります。
先日、あるサービスのシステム変更の設定手続きに手こずり、電話問い合わせをした時のこと。

*****************************************

「パスワードを入れるよう表示が出るのですが、今回初めて御社のサービスに切り替えるので、パスワードがわからないんです。どうすればいいですか?」

通常、最初は初期設定された仮パスワードが発行されるケースが多いので、それを知りたいと思って問い合わせたのだった。

「わかりました。今、メールでパスワード情報を伝えますので、そちらをご覧ください」

と言われて、届いたメールのどこを見ても、パスワードらしき記載は見当たらない。

「あの、すみません、どこに書いてありますかね?」「メールの本文に書いてあります」

改めて探すも、ログインIDの記載はあるものの、パスワードの記載はない。
その旨を伝えると、もう一度メールを送ると言われ、同じ文面のメールが何度も届く。

「いや、このメールはちゃんと届いているんだけど、、、」とブツブツ言いながら下の方に、「パスワードの再設定はこちら」の記載がある。もしかして、「ここから再発行せよ」っていうことかと思い、電話で確認してみた。

「あの、パスワードを知りたくて相談の電話をしているんですが、もしかして『パスワードの再設定ボタンを押して再設定せよってこと?」と尋ねると、半笑いの声で「そうですぅ!」との返答。(それなら初めからそう言ってよ!)と心で文句を言い、カチンとしたまま電話を切った。

*****************************************

顧客(和仁)の勘の鈍さ(今回は原因の大半はそこ!)は、この際、横に置いておきます。

「そもそもシステム的な手続きが超苦手で、大前提もよくわかっていない」顧客の状況と、「パスワードがわからなければ、再設定するのが当たり前だ」というスタンスの受付スタッフ。

この両者の間にある「情報量のズレ」が、このような噛み合わない会話を生みました。このズレを埋めるカギの1つは、「相手の状況をイメージしようとする姿勢の有無」です。「人のふり見て我がふり直せ」で自分に当てはめると、わたしも忙しい時や難題が積み上がって余裕がない時に、そうなりがちです。相手の状況をイメージするのは、意識して能動的にやることが必要なわけで、「あ、自分も今、余裕がないな」と実感。その気づきを得たことで深呼吸しつつ、カチンときたときのネガティブな感情は昇華できました。

 

追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

2019年12月10日 (火)

Vol.248『基準があるところに人は合わせようとする。』

我々、日本キャッシュフローコーチ協会では日々の協会活動を内外のメンバーに伝えるための「協会活動レポート・プロジェクト」があります。これは強化研修会やMVPコンテストなど協会の様々な行事を、そこに参加した人が実況中継するレポートを作成し、仲間にシェアするものです。

先日、このプロジェクトミーティングで「どうすればレポートの作成スピードがもっと上がるだろうか」という議題があがりました。そのレポートの執筆は無報酬であり、義務ではなく担当者の好意で行っているものなので、厳密な期限を設けにくく調整力も発揮しづらいところが悩みの種でした。
そして、その時に1つの案が生まれ、さっそく実行に移すことに。そして、そのたった一つの作戦が奏功。それまでイベントから2ヶ月以上経っても仕上がらないこともあったレポートが、それ以降はほんの数週間で完成するようになったのです。
一体、どんな作戦をおこなったのか?

そこで決めたことは、「”ルール”ではなく、”基準”を設けよう」というもの。つまり、「そのイベントから何日目までに原稿を書き、そして何日目までに完成させる」と言う“典型的な基準”をワンシートに落とし込み、それをレポート執筆者に渡しながら依頼をすることにしたのです。ただそれだけのことなのに驚くべき変化がありました。

突然、執筆者のレベルが上がったわけではなく、厳しいルールを作ったわけでもありません。
また、リーダーが「早く提出してください」とお願いや命令をしたわけでもありません。
ただ「典型的にはこのぐらいのペースでやるものです」と言う基準を提示しただけ。

これであればプロジェクトリーダーも精神的な負担がないし、また執筆を担当する人もそれに合わせて段取りを組めば良いので、お互いにとって作業がしやすくなった事は言うまでもありません。これは一般の会社内でも同じことが言えるのではないでしょうか。
もし、提出が遅いことが問題になっているのであれば、その仕事の全工程のタイムスケジュールの基準を決めて、ワンシートで見える化してみてはどうでしょうか。依頼する側も、依頼される側も、お互いのストレスが軽減されスムーズにことが進むかもしれません。

 

追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

2019年11月10日 (日)

Vol.247『充実感と幸せ感を味わうコツとは?』

仕事が立て込んで夜も遅く、週末も仕事を持ち帰る日々が続くと、精神がすり減り、疲れてしまいますね。そんな時期は、「1週間くらいの休みが欲しい」「家族と過ごす時間が欲しい」と心から望みます。ところが忙しい日々がずっと続いた後に、突然ポカッと1週間の休みがあると、戸惑ってしまうことも。今回はそのことで得た気づきをシェアします。

わたしの例ですが、春から夏にかけて、コンサルティングや養成塾、協会の運営、新刊の執筆など、複数のプロジェクトが立て込み、分刻みのスケジュールを猛ダッシュしていました。
もちろん、週末など適度に休みは確保しているものの、かなりの濃度で働いていたので、お盆休みは待ち望んだ瞬間でした。

はじめの数日は、ゆったりした時間を楽しみ、家族とも久しぶりの会話を交わして情報量をキャッチアップ。いい感じで久しぶりのまとまった自由な時間を楽しんでいました。
ところが、休みの終わりくらいになると、漠然とした不安感が押し寄せてきました。
これは言葉にするのが難しい感覚なのですが、

  • 何をしてもいいけど、休みなので仕事はしない
  • 自由な時間だけど、何をしても良いとなると、かえって何もする気がしなくなる
  • 元のビジネスモードに戻るのが、億劫になる(というか、戻れるんだろうか?と不安になる)

という感情が押し寄せてきたのです。その時、ハッとしました。
仕事モードの時間とリラックスできるオフモードのバランスが丁度いい時に、充実感があり、幸せ感も味わえるのだ」と。
そのバランスは人によって異なるかも知れない。ならば、自分に最適なバランスはどのくらいなのか、を考えてみました。その視点で今までの経験を振り返ってみると、
「自由な時間は3日目までは楽しめる」「4日以上の休みが続く時は、間に短い仕事を入れて、ビジネス的な刺激を入れた方がいい」「仕事もなく家族もいない時間は、丸1日あると持て余して精神衛生上よろしくないので、予め予定を入れておく」

と気がつきました。あなたの最適なバランスはいかがでしょうか?

 

追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

2019年10月10日 (木)

Vol.246『人が明確な期限を決めない理由とは?』

人に仕事を依頼する時や、逆に受ける時に、明確な期限・締切日を決めていますか?
よく聞くセリフは、「週末までにやっておいて」とか「月末までに」という表現。
これって、おおよその目安は伝わるけど、曖昧ですよね。

  • 例えば、「月末までに」と言った場合、月末が日曜日の場合、日曜日までなのか、それとも「土日は含めずに金曜日まで」なのか?また、18時迄なのか24時迄か?

の解釈がバラけます。その曖昧さで重要度が軽く伝わり、約束が守られないことになります。
また、期日があいまいだと、指示したことの期日厳守の効力が薄まる点も要注意です。

  • 期日を決めなければ、なんとなく先送りできる感じがする。決めれば覚悟が決まるが、まだ覚悟が決まらないとき、人は無意識のうちに曖昧にしたくなる。

これは仕事を受ける人だけでなく、依頼する人も同様です。相手に「いつまでにやって」と指定すると、「忙しいからそれは無理です」と反発されるんじゃないか、という不安がある。
つまりお互いに「明確にしたくない」という引力が働いて、決めることが億劫になるのです。この引力の中にいることを理解すると、「意識して期限を決めることが重要」だと気づきます。そこで、ある会社では次のようなことを決め、社内で共有しました。

  • 期限は、「月末までに」「週末までに」「今日中に」ではなく、正確な日時で言う。「◯月◯日の◯時までに」と言うのを当たり前にする。間違って伝わる予防のため、曜日まで伝えるとベター。期日意識を高める。当社では依頼される側が期日を尋ねる。
  • 依頼する人も、相手への遠慮からか期限を言わない人がいるが、今後はきちんと伝える。その際に、仮に急ぎでない仕事でも、「急ぎじゃないので、やれるところでいいんだけど、いつまでにやれる?」というような表現で、提出可能な期限を相手に確認する。

このように、「期限を明確にすることについての基本姿勢とその理由」を予め共有しておけば、依頼する方もされる方も安心してスムーズに受け答えできます。お試しください!

 

追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

より以前の記事一覧