今月のワニレポ(今月の気づき)

2019年9月10日 (火)

Vol.245『執筆時間を半減させる!一歩前倒しライティング』

必要だけど手間のかかる「議事録やレポート」などの仕事を、最小限の時間でやり、しかも収穫も多くする秘訣があります。今日はその秘訣について、日本キャッシュフローコーチ協会の「協会活動レポート・プロジェクト」メンバーに伝えたことをワニレポでもシェアします。
もしみなさんが、所属するコミュニティや会社で、イベントやセミナーのレポート(A4サイズ2~3枚程度)を書く役割が与えられた時に思い出してもらえれば、きっと役に立つでしょう。

このプロジェクトでは、協会の公式行事について、参加できなかった人にも概要を共有できるように、「協会活動レポート」をサイト上で公開します。その執筆は協会メンバーが持ち回りで担当するわけですが、これもただ受け身でやると「やらされ感」で面倒くさい業務になってしまいます。ましてや本業で忙しい人にとって「いつかは書かなきゃいけないが、絶対的な納期がない業務」は先送りになりがちで、それ故に精神的負担は相当なものになります。そこで試してほしいのが「一歩前倒しライティング」。これは、通常の取り掛かりより全ての行動を一歩前倒しすることで、時間を短縮し納品スピードを早め、かつ収穫も最大化するもの。

ふつうは、書き始めるタイミングは「そのイベントが終わった日の夜か翌日」でしょう。

人によっては、3日後や1週間後になる人もいるのでは。その場合、「思い出す」だけでも大変で、記憶から言葉を引っ張り出す方に多大なエネルギーがかかり、相当な負担になります。

それに対して「一歩前倒しライティング」では、「そのイベントの前日まで」に15分だけ着手します。「えっ?なぜイベントの前に書けるの?」と疑問に思う人もいるでしょうが、もちろん、体験しなければわからないことは、事後に書きます。しかし、そのイベントの告知チラシや案内を元に、すでに「イベントに参加した」想定で、前書きと全体の骨格くらいは書けるものです。当日にならなければわからない部分だけ、空白にして後で書き込みます。

実は、この時点で全体の20~30%は文字が埋められます。さらに、前もって書くことでイベントに参加する目的意識が高まり、収穫を得やすいモードに入れるのです。

そしてイベント当日その仮原稿をスマホに入れておいて、休憩時間などにうめていきます。

体験した新鮮な情報なので、思い出す労力はゼロです。得られた気づきな学びを言語化することだけに集中でき、この時点で原稿の50~70%は完成させます。そして、イベント後に考えを熟成させて加筆して文章を整えれば、3日後には全文が完成。このやり方なら、前書きすることでイベントへの目的意識が高まり、収穫が最大化する上に、最小限の手間でレポートを書けて、最短の納期で提出でき、依頼者の信頼を獲得できます。オススメですよ!

 

追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

2019年8月10日 (土)

Vol.244『恐怖心から解放されて、納得の行動をするには?』

「自分がやっていることが、本当に正しい判断なのか、疑問に感じることがよくあります。あとで、後悔せずに済むよう、どうすればいいでしょうか?」
とは、ある経営者からの相談でした。

たとえばどんな例があるのか、を尋ねると「衝動的に教材や高額のセミナーに、必要以上に申し込む」「スケジュールが空いていると、埋めたくなる」ことがあるとのこと。
そのこと自体は悪いとは思わないので、「なぜそれが問題と感じるのですか?」と聞くと、彼は言葉を探しながら、次のように答えてくれました。

1)「衝動的に教材や高額のセミナーに申し込む」のは、「今は上手くいっているが、いつ経営が傾くかがわからず不安」なので、もっと成長しなくては、という恐怖心から行っている。なので、気合いが必要だし、正直疲れる。

2)「スケジュールが空いていると、埋めたくなる」のは、「空いていると、時間を無駄遣いしているようで、勿体ない!」「他の人はもっと有意義なことに時間を使い、さらに先に行って、引き離されてしまうのではないか」という恐怖心から行っている。なので、やはり気合いが必要だし、自分で自分を必要以上に忙しくしてしまっている気がする。

これを聞いて、かつてのわたし自身を思い出しました。27歳と、経営コンサルタントとしては若くして独立した当時のわたしは、「早く一人前にならなくては」という”恐怖心”から、自己投資も積極的に行い、時間のすき間なく予定を入れていました。はじめの数年間はそれでもいいのですが、7~8年が経ち、それなりに実力と実績を積んでいるはずなのに、その”恐怖心”は消えません。そこに違和感を感じたわたしはハッと気づきました。そこには「慣性の力」が働いていて、かつての自分には必要だったけど、今は必要ないものでは、と。かつては「欠乏感、未熟感」からくる”恐怖心”をガソリンにして走っていたけど、今は別の感情をガソリンにしてよいステージに来たのではないか、と。それは、”好奇心”です。行動する動機を「欠乏感、未熟感」などのネガティブなものから、”好奇心”のようなポジティブな感情にシフトしたところ、心の健康度がグンとアップしたのです。今、自分に必要なガソリンはどちらか、確認してみてはどうでしょうか。

 

追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

2019年7月10日 (水)

Vol.243『生産性を上げる3つの視点とは?』

「生産性の向上」は、今も昔も多くの企業にとって重要テーマだと思います。

ところが多くの場合、「生産性を上げるために、どうすればいいのか?」「そもそも、生産性とは何か?」が不明確なまま語られている気がします。それだと、例えば「生産性を上げる=効率を上げる」と解釈する人もいますが、これは間違いです。

なぜなら、「生産性=成果(アウトプット)÷投入(インプット)」であり、「効率を上げる」は、生産性を上げる数あるアプローチの1つでしかないからです。

つまり、この数式でいうと、「効率を上げる」とは「投入する時間や人手、お金を最小化する」ことであり、分母を減らすことです。

もちろんそれも大切なことですが、今多くの企業に求められているのは、分子を増やすこと、つまり「成果(付加価値)を増やすこと」ではないでしょうか?

ここを担う企業が増えてこそ、世の中は発展し、経済は潤います。

では、付加価値を生むために、どのように発想し、考えれば良いのでしょうか?
今回は、付加価値を生むために、わたしが大切だと考えている3つの着眼点を紹介します。

1.顧客の今と未来のお困りごとトップ3にフォーカスする
→自社の技術や経験ありきの「自社起点」ではなく、「顧客起点」で発想する。

2.「顧客はみんな、価格の安さを最重要視している」という思い込みを脱却する
→「お金は価値の交換ツール」である。値下げに頼らず、自分が欲しいお金に見合う価値を提供しようと発想する。

3.組織のコミュニケーション上の摩擦係数をゼロ化する
→誤解や人間関係のストレス等で情報が適切に伝わらず、得られるはずの成果を取り損ねる機会損失は多い。それをゼロにできれば付加価値は高まる。

この3つを徹底的に考え抜いた先に、付加価値を生み、生産性を上げられると感じています。あなたは何ができそうですか?

 

追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

2019年6月10日 (月)

Vol.242『やりがいのある仕事の作り方とは?』

先日クライアントとのディスカッションで、「お金が目的にならない、能動的な動きを促進するには?」のお題で盛り上がりました。これがわかったら、社員がイキイキと仕事に熱中するわけで、当然ながら成果にもつながり、「結果として」相応の報酬も手にすることができるでしょう。この「お金が目的にならない、能動的な動き」とは、報酬をもらえる等の「外発的動機」ではなく、心の内側から湧き出る「内発的動機」は何か?って問いでもあります。

よって、内発的動機を見つける視点としては、「たとえ無報酬でも、やりたいことは何か?」
「それどころか、たとえ禁止されても、やりたいことは何か?」を考えることがヒントになります。あなたのそれは、何ですか?

例えば和仁の場合、2つあります。
1つは、プロレスを見ること。もう1つは、人の相談に乗ることです。
この2つ、一見全く別物に見えますよね? ところが、この2つのコンビネーションがわたしの内発的動機の中核にあり、これを突き詰めたところに、今のわたしの仕事のスタイルがあります。

つまり、わたしがやっていることは、

  • 人の相談に乗るコンサルティングをやり、
  • 「人の相談に乗る方法」を伝授する養成塾をやり、
  • 塾を修了した人にも継続的に相談に乗れる協会を運営し、
  • その協会運営に「プロレスに学ぶビジネス理論」を取り入れ、
  • 協会メンバーのアウトプットの場であるMVPコンテストを、プロレスの聖地、後楽園ホールで開催する

ということで、これらは「お金にならなくてもやりたいくらい好き」なことです。
だからこそイキイキと仕事に熱中するわけで、相当な時間とエネルギーを注ぐので当然ながら成果にもつながり、「結果として」相応の報酬も手にすることができています。

今日は、自分の内発的動機は何か、について考えてみてはいかがでしょうか?

そのカギは、「それをやったところで、たとえ無報酬でもやりたいことは何か?」
「それどころか、たとえ禁止されても、やりたいことは何か?」この2つの問いに答えてみること。そして、それを今やっている仕事と結びつけてみることです。

 

追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

2019年5月10日 (金)

Vol.241『時間を生みだすには?忙しさに流されない秘訣』

3月はめずらしく、少しゆったりした1カ月を過ごしていました。
具体的には、訪問型の個別コンサルティングや日本キャッシュフローコーチ協会のwebミーティングなどはいつも通り行いましたが、14件の電話コンサルティングをクライアントの快諾をいただいて1カ月限定でお休みして、出張セミナーも入れないことにしました。

その理由は、「積極的に空白をつくる」ことで何が得られるか?を知りたかったからです。

わたしの性格上、空いている時間があれば、即効で埋めていきます。そして年々そのペースは高速化しています。なので、その時間の流れをいったん断ち切って、積極的に空白の時間をつくったら一体どうなるのか、を試してみたくなったのです。
その結果、どんなことがあったか、を今回のワニレポでお伝えしたいと思います。

まず、失ったものは「仕事を入れなかった分の売上が減った」こと。1カ月分の電話コンサルティングの報酬と、お断りした講演依頼の売上は、当然ながら減りました。
では、その見返りとして、どんなリターンがあったかというと、次の通りです。

1.久しぶりにセミナーをする側ではなく、受ける側にまわり、インプットができた。(コンテンツサイトの効果的な作り方について学び、コンサル依頼もした)
2.なかなかゆっくり話せずにいた友人・知人と食事をした。
3.家族と一緒に過ごす時間が増えた。(娘の部活の発表やスクールの見学もできたし、妻とショッピングや映画に行けた)
4.ランニングの月間走行距離が、昨年同月86kmに対して125kmと1.5倍に伸びた。
5.先々の講座やセミナーの資料づくりを前倒しで取りかかり、身軽になった。
6.創造意欲にまかせて、様々なセールスレターを大量に書けた。
7.事務局体制を再構築するための準備(マニュアルづくり、打合せ)にエネルギーを注げた。

こうやって振りかえってみての結論は、「積極的に空白をつくって正解だった」ということです。
なぜなら、失ったものは十分に晩回可能で得たものの方が大きく、人生をより豊かにしてくれるものだったからです。次は8月にも同様のことをトライしてみる予定です。

 

追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

2019年4月10日 (水)

Vol.240『ブルーオーシャンでビジネスをする秘訣とは?』

マーケティングの議論でよく言われることに「ライバルがひしめくレッドオーシャンではなく、ライバルのいないブルーオーシャンでビジネスをすべき」みたいな話があります。

言葉で言うと簡単に聞こえますが、問題はそれをどうやってやるか、だと思います。

コンサルタント業の中でも同様の議論はあって、たとえば「税理士は供給過多で価格の相場観が低いので、納得の報酬が得られない」とか「webマーケティングは、便利なツールが誕生して素人が簡単にやれるので、価格が下落している」みたいな話をよく耳にします。

その一方で、その業界の中でも高付加価値かつ高額報酬でやっている人は一定数、存在します。

わたしはコンサルタントとして独立してから20年以上経ちますが、ライバルを意識したり、価格の相場観などで悩むことがほとんどありませんでした。ただ、これは、27歳で独立した当時の未熟な頃からずっとそうなので、実力とは関係ないと思います。

なぜ価格競争に巻き込まれずに、ライバルを意識せずにマイペースでやれているのか?

その答えは、日頃わたしが口にしている、ある一点にある、と今だからこそはっきりと言えます。

それは、「顧客のお困りごとトップ3起点で発想し、アプローチしてきたから」です。

たとえば、はじめから「財務コンサルタント」とか「キャッシュフロー経営の専門家」として自分の専門性を全面に打ち出してクライアントを獲得しようと営業していたら、どうだったでしょうか?きっと、それは社長たちにとって優先順位の低いテーマなので、聞く耳をもってもらえなかったことでしょう。ところが、「会社のお金の流れが不鮮明な“ドンブリ経営”なので、先が見えない不安でストレスだ」というお困りごと起点で、それをいかに解決するかという話をしたら、すぐに聞く耳をもってもらえました。なぜなら、そのトピックが彼らにとって「自分事」だからです。そして、コンサルを実行した後に「実は御社がわたしと一緒にやっていることは“キャッシュフロー経営”と言うんですよ」と後付けで伝えると、その言葉の意味を実践を通して理解している社長たちが、周りに喧伝してくださったのです。

同じカテゴリーに属する人はたくさんいても、そのお困りごとにフォーカスしている人はほとんどいない。だから、比較対象がいないので、価格競争になりません。

そして、お困りごと起点なら、業界や規模の垣根を超えて共感されるので、市場は一気に広がる。まさにブルーオーシャンとなるのです。

 

追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

2019年3月10日 (日)

Vol.239『将来の漠然とした不安を解消するには?』

周りからはすでに成功者と見られている人でも、本人の心の中は不安や危機感で焦っているケースは少なくないようです。
その業界では業績的にも質的にも一定の評価を受けて、講演を依頼されることもある社長がいました。 その人からのコンサルティングの相談で、次のように質問をされました。

「この業界で成功している人や会社の共通点は何でしょうか?」

彼は、「今の時代に必要な要素は何か」「自分がやっていることは時代の流れにマッチしているのか」を知りたかったようです。
普通はそこでその答えや考え方をお伝えしてもよいのでしょうが、わたしは「彼が必要としていることの本質は、そこじゃないな」と思ったんです。というのも、それって中核を放置したまま、問題の表層にアプローチしてしまう気がしたからです。
そこで、わたしはその質問に答えるのではなく、次の質問をしました。

「Aさんの本当に望む理想の状態は、どんな感じですか?」

すると、本人はそれまで自覚していませんでしたが、「それが見出せずにいることへの漠然とした不安」があり、だからこそ「周りで活躍している人の噂を聞くたびに、自分にない要素を感じて焦っていた」ことに気づいたとのこと。

そうなると彼に必要な問いは、
「この業界で成功している人や会社の共通点は何でしょうか?」
ではなく、その前に、
「わたしが幸せと感じる働き方とは?」
であり、すなわち自分の理想を言語化することが先だと思い、それを伝えたところ、とても納得していただきました。

将来の漠然とした不安は誰でも感じることがあると思いますが、そこで思い出したいのは、「他人と比べる前に、まず、自分の理想を言語化してみよう」です。


追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

2019年2月10日 (日)

Vol.238『欲しい答えを引き出す相談の仕方とは?』

成果が早く出る人の共通点の1つは、「教わり上手」です。
そして、教わり上手な人は、「相談(質問の仕方)」が一味違います。
普通の人は、「どうしたら、売上が増えるでしょうか?」みたいな、漠然とした、大きな(抽象的な)質問をしがちです。 が、これ、ほとんど意味がありません。
なぜなら、質問が大き過ぎて、相手は何を答えていいかがわからないからです。

それこそ、売上を増やす具体策なんで、無数にありますからね。もしわたしがこの質問をされたら、「売上を増やしたければ、客数を増やすか、客単価を増やすか、リピートを増やすか、あるいはそのすべてをやるといいよ」って答えるでしょう。でも、これ、ほとんど意味がありませんよね。答えが大き過ぎて、行動しにくいです。
そう、漠然とした質問には、漠然とした答えが返ってくるのです。

では、教わり上手な人は、なんて相談するのか?それは、
「◯◯を◯◯するには、というテーマで相談があります。これについて、わたしはこのようにしようと考えていますが、他により良い方法はあるでしょうか?」

とやります。まず、冒頭に相談ごとのタイトル・テーマを明快に伝え、主旨を知らせる。
その上で自分なりに考えた答えを伝えて、その改善点や見落としている点を教えてもらうのです。

そして、さらに素晴らしいやり方があります。それは、まず実践してみること。
実践すれば、臨場感が増して、学びの効果が高まっているので、単に頭の中で考えたことを相談するより10倍成長します。そこで、次のように相談します。
「◯◯を◯◯するには、というテーマで相談があります。これについて、わたしは◯◯をしたら、結果は◯◯でした。次はこのようにしようと考えていますが、他により良い方法はありますか?」

これなら、相手は「この人は何を実践したのか?」「どこにつまずいているのか?」「何を見落としているのか?」が一発でわかり、的確なアドバイスを送れます。
明快な質問には、明快な答えが返ってくる。
相談の仕方ひとつで、成長スピードは変わります。意識して、実践していきましょう。


追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

2019年1月10日 (木)

Vol.237『人が物事を先送りする3大条件』

「やらなきゃいけないことを先送りする癖を直すには、どうしたら良いでしょうか?」
コンサルティングの仕事をしていると、この類の相談をよく受けます。

わたしも、先送りしたくなることはいろいろあります。「次の会議までに準備しておく資料つくり」や「締め切りが迫っている執筆」「セミナーのテキスト作成」など。ただ、これらは、さほど問題ではありません。いつかは必ず着手します。なぜなら期限が決まっているからです。

本当に問題なのは、期限が決まっていない仕事。これが、先送りされがちです。
例えば、「いつかやろうと思っている新サービスの企画書づくり」「来年度のプランづくり」「営業のアポ取り」など。なぜこれらは先送りされ続けるのか?
それは「人が物事を先送りする3大条件」がすべて当てはまっているからでした。

●人が物事を先送りする3大条件
  1.いつやってもよいこと
  2.強制力がないこと
  3.面倒くさいこと

この3つの要素を含むことほど、人は先送りしがちです。
ならば、その要素を減らせば、先送りを防げそうです。
これは、自分のことだけでなく、部下や仲間、顧客の先送り対策としても効果的な方法です。

1.「いつやってもよい」の対処方法 →期限を決め、スケジュール化する。
例)「次回面談の1週間前までに、結果報告のメールをください」と伝える。

2.「強制力がない」の対処方法 →確認と催促をすることを伝える
例)「もし、◯日までにメール(報告)をいただけなかったら、私からメールしますね」

3.「面倒くさい」の対処方法 →今すぐ15分だけやる。
例)タイマーで15分をセットして、ざっと大まかな案だけでも作ってしまう(短時間でも着手したことで脳のアンテナが稼働開始。また、もう15分続けたくなったら、やればいい)

これはいずれも、わたしが、コンサルの現場で実践していることです。
シンプルかつパワフルなので、試してみてくださいね。


追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

2018年12月20日 (木)

Vol.236『逃げグセを克服する方法』

最初はやる気十分だったのに、途中でモチベーションが下がり、最後までやり切らないうちにリタイアする。そんな経験はありませんか? たとえば、次のように。

「年初に立てた営業目標が、半年経った時点で大幅未達。残り半年で挽回はもう無理・・・」
「受験勉強で、日が迫り合格の見込みが薄いとわかると、早々に手を抜き始める」
「気合十分で参加した連続講座、途中でついていけなくなり、3分の2を残してフェードアウト」
「マラソンでサブ4(4時間切り)を目指してトレーニングしてきたけど、思ったように数字が上がらず、このままならサブ4は無理だから、レースを諦める」

先日ある経営者から、このテーマの相談を受けました。本人としては「それをやり切りたい」だけじゃなく、「そもそもこの逃げグセを克服したい」と言うことが悩みの核心でした。

わたしはこの逃げグセを克服することを、フルマラソンを通して学びました。
サブ4を目指して初めてホノルルマラソンに出場した時のこと。順調に走り始めていた中、20kmを超えたところでガクッとペースが落ち、足裏が激痛。歩くのがやっとの状態になりました。そして30kmに到達した時点で、「サブ4は絶望的」に。コーチによると、ここで一気に気力が抜けて、完走すらできなくなるランナーも少なくないそうです。

そこで予め提案されていたことは「段階的にゴールを複数用意して、状況にあわせてシフトチェンジすること」です。つまり、「サブ4が無理なら、サブ5でもすばらしい」「サブ5が無理なら、フルマラソン完走でもすばらしい」というように。ややもすると、ゼロか100かみたいな極論に走りがちなわたしとしては、段階的なゴールを用意しておくというのは、とても勇気となりました。 そしてもう1つは、「目的を複数化して、やり切る動機を強める」こと。その時のわたしは「①挑戦している姿をクライアントや塾生、家族たちに示す機会だ」「②これは次回リベンジするためのドラマのスタートだ」「③どれくらい準備すれば、どのくらいの記録を出せるかを知る実験だから、ゴールすることに意味がある」「④タイムはどうであれ、完走すれば“ホノルルマラソン完走”の称号が手に入り、セルフイメージが上がる」など、様々な目的を思い浮かべながら、ゴールに向かい、やり切ることができました。 自分なりの逃げグセ克服法、持っておきたいものです。


追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

より以前の記事一覧