« Vol.284『“紹介する理由”を複数化する発想。』 | トップページ | Vol.285『滝壺に落ちるのなら、ベターな落ち方を考える。』 »

2023年1月10日 (火)

Vol.285『なぜか忙しくしてしまう本当の理由。』

成長意欲が高く向上心もあり、周りから見ればどんどん飛躍しているように見える人が、それでも不安に襲われながら忙しくしている。
わたしの周りには向上心の高いコンサルタントや経営者が多いため、そんなケースをよく見ます。
本人としては、目の前に新たな挑戦がないと不安なようです。

わたしも独立当初の頃、早く経験を積み実力をつけたいと思い日々焦っていました。
そしてオーバーワークになり、夏休みや冬休みなどのまとまった休みがあると風邪で数日寝込むことが度々ありました。そして日常に復帰すると、再び休みなく予定を詰め込んでしまう毎日。
周りから見れば、なぜそこまで詰め込もうとするのか、不思議でしょう。
時間見積もりも甘く、どう考えても1時間以上かかる仕事を30分と予定し、睡眠時間を削りながら見積もりオーバーの業務を、気合と根性でこなす日々。

今思えば、その奥底にあるのは「すきま時間ができることへの恐怖」でした。
すきま時間が生まれると「本当にこのままで良いのか?」「成長が止まっているのではないか?」などの不安やマイナスな言葉を自分に無意識に投げかけてしまうからです。

忙しくしていれば、そのような言葉が入り込む隙がありません。そのことに気づいた時からわたしはアファメーションノートを書き始めました。
小さなノートの見開き2ページに1つの肯定的でパワーをもたらすメッセージを大量に書き、それを枕元に置いておくのです。そして寝る前と起きた後にパラパラっと目を通す。
そんな習慣を3年ほど続けました。

やがてそのノートに書かれた肯定的でパワーをもたらす言葉が無意識に頭に乗り浮かぶようになり、すきま時間への恐怖はいつの間にか和らぐようになりました。

大宇宙は真空地帯を嫌うので、すきま時間が生まれると埋めにかかります。その時に「そのすきまを何で埋めるか」が重要です。我々にできる工夫として、せっかくなら自分のビジョンを後押しする肯定的な言葉で埋めたいものです。
それが心の健康を保つことを改めて感じています。

 

追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

« Vol.284『“紹介する理由”を複数化する発想。』 | トップページ | Vol.285『滝壺に落ちるのなら、ベターな落ち方を考える。』 »

今月のワニレポ(今月の気づき)」カテゴリの記事