« Vol.283『もっとわがままにノーと言う。』 | トップページ | Vol.284『“紹介する理由”を複数化する発想。』 »

2022年12月10日 (土)

Vol.284『創造的なプランを作る会議のやり方』

1人では思いつくことのない創造的なアイディアを形にする、そんな会議ができたら良いと思いませんか?今日はそのヒントをご紹介します。

私が毎年恒例にしている清里高原での合宿セミナーでのことです。参加者の課題に対して公開コンサルを一通り行った後、通常なら2巡目に入るのを今回はやめて、それぞれの課題の対策案を具体化するセルフワークに切り替えました。
従来なら「せっかくわたしがいるのだから、少しでも多くのコンサルセッションをやった方が参加者への貢献になる」と考えるのですが、今回は参加者の課題の進み具合が従来以上に早くてスムーズだったので、あえて空白を設けた方がクオリティタイムになると判断したのです。

この3日間の合宿では、2日目の夕方までそれぞれの課題を共有し対策を考えるコンサルセッションをして、その後に約80分間をフリータイムとし、各自が具体的なアクションプランを作ったり、協力者への依頼の仕方をトークを練り上げたり、アプローチ先のリストアップをするなどセルフワークを実施。夕食時に、その感想を聞いたところ、次のような声が聞けました。

  • 事前のコンサルセッションの刺激を取り入れたおかげで、その後のセルフワークは自分の領域の外に出て、広い枠組みで発想できた。
  • みんながそれぞれに重要事項に向き合う姿が目に入るので、自分も緊急度の高い目先のことに引っ張られずに、重要事項に専念できた。
  • ふだんと環境が違うので、意識が目先ではなく先に行き、中長期スパンで考えられた。
  • 意識の高い人たちに囲まれて、仲間の相談内容から気づけることが刺激となり、ひらめきやすくなった。
  • やった先の未来をクリアに想像できているので、行動がグングン進む感じがある。

つまり、非日常空間で、意識の高い仲間に囲まれながら、課題解決の議論をギュッとやった後に一人でその落とし込みをする作業はとても高い価値をもたらしたようです。3日目の終了時には全員がスッキリした表情で先の見通しをつけて会場を後にした姿が印象的でした。
仲間との対話で“知の積み石効果”を味わった後の、1人静かなセルフワーク。
そのバランスが1人では到達し得ないレベルのアイデアをもたらすことを体感しました。

 

追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

« Vol.283『もっとわがままにノーと言う。』 | トップページ | Vol.284『“紹介する理由”を複数化する発想。』 »

今月のワニレポ(今月の気づき)」カテゴリの記事