« Vol.269『仕事が早い人は着手が早い!“今スグ15分”の威力』 | トップページ | Vol.270『人の話を興味深く聞く秘訣は、その人生ドラマに触れること。』 »

2021年10月10日 (日)

Vol.270『月間走行距離150kmを続ける理由とは?』

2020年10月から、月間走行距離を連続で150km超えを続けています。このワニレポを書いているのは9月中旬なので、今月で12ヶ月目となり、ちょうど1周年。

家族や知人から「よく続くよね〜」「なぜ、そんなにこだわるの?」とよく尋ねられます。

そこで今日は、その理由や意味をお話ししたいと思います。

元々のランニングを始めた目的は「体型と健康を良好に維持するため」でした。40代になり、体重が増えやすくなり、それがお腹に出るのが気になっていました。また、年に1度は風邪をひき、高熱で寝込むのも長期休暇の恒例で、運動不足であることは明らかでした。

そんな中、ランニングコーチと出会い、「正しいフォームで無理せず走れるようになって、体型と健康を維持でき、しかも気分転換にもなる」と知り、パーソナルレッスンを開始。数ヶ月経ち、正しいフォームや走力がつくと、「何か目指す目標があった方が、やりがいがあっていいな」と思い始めます。そんな中、「生涯で一度はホノルルマラソンに出てみたい」との漠然とした思いからエントリーすることに。それも、「素人ランナーがサブ4(4時間切りで完走)達成したらスゴイらしい」と知り、それを目標に設定しました。1年目の挑戦は4時間59分。1時間もの目標オーバー。次こそは、と翌年も挑戦するも目標は未達。それを6年続けて、直近の2019年は4時間39分。じわじわとタイムを縮めてはいるが、サブ4の道は遠い。

プロのコーチの指導で、フォームや筋力、心肺機能はカバーしているが、明らかに足りないものがありました。それが「月間走行距離」。サブ4を達成しているランナーの話を聞くと、月平均200km以上は走っているらしい。それに対して、当時のわたしは月平均100km前後。圧倒的に足りない!月間走行距離を伸ばすのがなぜ大変かと言うと、シンプルに「走る時間を捻出しなきゃいけない」から。身体が疲れること以上に、時間の捻出が難しい。そう思っていました。

しかし、ここを克服しないと、いつまで経っても目標はクリアできそうにない。

そして、一方でこう考えました。「もし月間150kmが習慣化すれば、“サブ4の目標達成が近づく”上に、“1日30分の有酸素運動を毎日続けている状態”になり、当初の目的である“体型と健康を良好に維持する”ことは十分に果たせる。副産物として、心身のバランスも整うし、周りのランニング仲間からも賞賛され、セルフイメージも上がる。やろう!」と。

理由や意味が腹落ちすれば、あとは継続する仕組みが必要。壁掛けにカレンダーに走行距離を記録して見える化し、意識化させることに成功した結果、12ヶ月続けることができました。

継続の秘訣は「それをやる理由や意味の明確化と、仕組みづくり」が大切だと実感しました。

 

追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

« Vol.269『仕事が早い人は着手が早い!“今スグ15分”の威力』 | トップページ | Vol.270『人の話を興味深く聞く秘訣は、その人生ドラマに触れること。』 »

今月のワニレポ(今月の気づき)」カテゴリの記事