« Vol.267『コンサルティングは、思考整理が9割。』 | トップページ | Vol.268『不安解消法は、道の先を事前に知っておくこと。』 »

2021年8月10日 (火)

Vol.268『ビジョンを公言した方が得する理由。』

わたしは社会人になった時、はじめに掲げたビジョンは「20代のうちにコンサルタントで独立する」でした。最近では「キャッシュフローコーチという”新たな職業の創造””日本発★新職業の輸出”」を公言しています。先日キャッシュフローコーチの仲間から「ビジョンを公言するのって、怖くないですか?」と質問されました。その時考察したことを紹介します。
まず、ビジョンを公言するメリットは何か?大きなところで3つあります。

1)周りが心の準備ができ、いざ行動に移す段階で反対されずに背中を押してもらえる。
この効果は大きいです。わたしは学生時代から当時結婚前の妻に「将来社長になる」と公言していたおかげで、結婚して1年後の27歳で独立することを応援してもらえました。

2)有言実行の人だ、と周りが信頼・尊敬してくれる。
この効果は、特に人に影響を与える立場のリーダー層には大きな価値です。人が動いてくれます。

3)公言することでアンテナが立ち、必要な情報が勝手に集まり始める。
これは脳のメカニズム上、とても効果的。この力を活用しないなんて、もったいない!

これらのメリットに対して、デメリットは何でしょうか?1番大きいのは「達成しなかったら、嘘つき呼ばわりされるのでは?」との不安でしょう。でも、大丈夫。ほとんどの人は、みなさんがビジョンを達成しなくても、何も言いません。なぜなら、彼らはあなたが公言したビジョンを覚えていないからです!実際のところ、ほとんどの人は自分のことで精一杯で、他人が言ったことなんて、いちいち覚えていないのです。だから、批判されることは、滅多にありません。
ただ、稀に覚えている人がいるケースもあります。わたしも以前、書籍やメルマガなどで発信していたことを、まだ実現できていなかった時に、ある人からそれを指摘されたことがありました。
その時は、「ナニクソ、今に見てろ!必ず実現してやる」とその悔しさをエネルギーに転換しました。結果、数年遅れるもそのビジョンもクリア。人生の中で数年のズレなんて些細な誤差だと思い、結果的にビジョン実現の後押しをしてくれたことに対して、今ではその人に感謝しています。
つまり、ビジョンを公言するのは、結局のところ得しかないことがわかります。わたしはこれからもビジョンを公言していくことを、仲間の質問をきだかけに、改めて確認しました。

 

追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

« Vol.267『コンサルティングは、思考整理が9割。』 | トップページ | Vol.268『不安解消法は、道の先を事前に知っておくこと。』 »

今月のワニレポ(今月の気づき)」カテゴリの記事