« Vol.243『生産性を上げる3つの視点とは?』 | トップページ | Vol.244『恐怖心から解放されて、納得の行動をするには?』 »

2019年7月25日 (木)

Vol.243『コミュニティをさらに発展させるために』

コミュニティ設計の目標は、コミュニティ自身の中にある方向性や特性、エネルギーを引き出すことにある。われわれがこのために設けた原則は、実践コミュニティ設計の核心にあるジレンマを浮きぼりにする。定義上、自然発生的で自発的で自律的なものであるはずの「人間の作った機関」を設計する、とはどういうことなのか。このような特性を持った機関に、自らの能力を発現させ、「生命」を持たせるように導くにはどうすればいいのだろうか。

われわれは経験から次の7原則を引き出した。

1、進化を前提とした設計を行う
2、内部と外部それぞれの視点を取り入れる
3、さまざまなレベルの参加を奨励する
4、公と私それぞれのコミュニティ空間を作る
5、価値に焦点を当てる
6、親近感と刺激とを組み合わせる
7、コミュニティのリズムを生み出す

 

(『コミュニティ・オブ・プラクティス
エティエンヌ・ウェンガーほか 著
翔泳社 93頁より引用)

わたしが代表理事を務める、「日本キャッシュフローコーチ協会」というコンサルタント・士業のコミュニティは今年で5年目、会員は450人を超え、半年後には今年の塾生が加わって500人を超える規模になりました。メンバーの「自立性と主体性の発揮」や「安心安全ポジティブな場づくり」などの共通言語で支えられながら、ここまで健康的に発展してきました。そして、今後1000人を超える規模になることを見据え、さらに魅力的な場になるため、本書で紹介された7原則をヒントにキーワードを考えてみました。みなさんも、この機会にご自身の会社やコミュニティ発展の指針を書き出してみてはいかがでしょうか。

1、進化を前提とした設計を行う→「新たな職業の創造」「日本発★新職業の輸出」というビジョン実現を後押しする要素を増やし、阻害する要素を減らす。

2、内部と外部それぞれの視点を取り入れる→場づくり力、営業力、マーケティング力、ライティング力など、外からコミュニティを支援する「推進サポーター」の存在を確保する。

3、さまざまなレベルの参加を奨励する→「時々facebookグループをチェックする」から「プロジェクトリーダーとして仲間を率いる」まで、9段階の関わり方を良しとする。

4、公と私それぞれのコミュニティ空間を作る→協会主導の公式行事と会員主導の非公式行事、そして仕事だけでなくバーベキューやプロレス観戦など遊びの企画も推奨する。

5、価値に焦点を当てる→「アウトプットが先」「自分サイズのアウトプット」「比べるのは他人ではなく過去の自分」など健康的な成長を促す価値観を常に言語化し、共有する。

6、親近感と刺激とを組み合わせる→共通性と多様性が同居する新メンバーの存在。

7、コミュニティのリズムを生み出す→年間行事と並行して旬な企画が自然発生する。
以上をイメージしながら、我々のコミュニティは「新たな職業の創造」に向かいます。

 

追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

« Vol.243『生産性を上げる3つの視点とは?』 | トップページ | Vol.244『恐怖心から解放されて、納得の行動をするには?』 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事