« Vol.240『質問に答えられない時に焦らず対応する方法』 | トップページ | Vol.241『弱みを強みに転換する発想。』 »

2019年5月10日 (金)

Vol.241『時間を生みだすには?忙しさに流されない秘訣』

3月はめずらしく、少しゆったりした1カ月を過ごしていました。
具体的には、訪問型の個別コンサルティングや日本キャッシュフローコーチ協会のwebミーティングなどはいつも通り行いましたが、14件の電話コンサルティングをクライアントの快諾をいただいて1カ月限定でお休みして、出張セミナーも入れないことにしました。

その理由は、「積極的に空白をつくる」ことで何が得られるか?を知りたかったからです。

わたしの性格上、空いている時間があれば、即効で埋めていきます。そして年々そのペースは高速化しています。なので、その時間の流れをいったん断ち切って、積極的に空白の時間をつくったら一体どうなるのか、を試してみたくなったのです。
その結果、どんなことがあったか、を今回のワニレポでお伝えしたいと思います。

まず、失ったものは「仕事を入れなかった分の売上が減った」こと。1カ月分の電話コンサルティングの報酬と、お断りした講演依頼の売上は、当然ながら減りました。
では、その見返りとして、どんなリターンがあったかというと、次の通りです。

1.久しぶりにセミナーをする側ではなく、受ける側にまわり、インプットができた。(コンテンツサイトの効果的な作り方について学び、コンサル依頼もした)
2.なかなかゆっくり話せずにいた友人・知人と食事をした。
3.家族と一緒に過ごす時間が増えた。(娘の部活の発表やスクールの見学もできたし、妻とショッピングや映画に行けた)
4.ランニングの月間走行距離が、昨年同月86kmに対して125kmと1.5倍に伸びた。
5.先々の講座やセミナーの資料づくりを前倒しで取りかかり、身軽になった。
6.創造意欲にまかせて、様々なセールスレターを大量に書けた。
7.事務局体制を再構築するための準備(マニュアルづくり、打合せ)にエネルギーを注げた。

こうやって振りかえってみての結論は、「積極的に空白をつくって正解だった」ということです。
なぜなら、失ったものは十分に晩回可能で得たものの方が大きく、人生をより豊かにしてくれるものだったからです。次は8月にも同様のことをトライしてみる予定です。

 

追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

« Vol.240『質問に答えられない時に焦らず対応する方法』 | トップページ | Vol.241『弱みを強みに転換する発想。』 »

今月のワニレポ(今月の気づき)」カテゴリの記事