« Vol.222『面倒な仕事をやっておくことの意味とは?』 | トップページ

2017年11月10日 (金)

Vol.223『「面倒くさいこと」を先送りしないためには?』

仕事であれ、プライベートであれ、楽しくて時間を忘れるほど没頭できるものもあれば、
できることなら先送りしたくなる面倒くさいものもあったりします。
その「面倒くさいなあ」と感じたとき、みなさんはどうしますか?
これは言わば、「自分とどんな対話をして、どう動くか」という話です。

わたしにとっては、先送りしたくなることや面倒臭いなあ、と感じることとして、

・原稿の執筆(書籍だけじゃなく、日常のレポート作成)
・セミナーや新商品の発売時のセールスレターづくり
・一人で行うマラソンのトレーニング
・英語版のセミナー音声のリスニングや一人ロープレ
・家事(ほとんどやらないけど)や、日常の丁寧な動き(洗面所で水を飛ばさずに顔を洗うなど)

などがあります。念のために言っておきますが、これらが嫌いというわけではないんですよ。
ただ、取りかかるのが億劫に感じて、つい先送りしがちなんです。
ここで選択肢が「やるか、やらないか」の二択だけだと、面倒くささが勝って「やらない」となってしまう。そこで、この「面倒くさい」ことへの対処の選択肢を列挙することにしました。

【選択肢①】他人に任せる(外注化)
【選択肢②】他人にサポートしてもらい自分でやる(コンサルやコーチをつける)
【選択肢③】楽しくやれる工夫をする(改善・工夫)
【選択肢④】「今すぐ15分!」だけキッチンタイマーで計ってやる(脱★完璧主義)
【選択肢⑤】やらない

こう考えると、「【選択肢⑤】やらない」の前に、いろいろ手が打てることに気がつきます。
この中でもわたしがよく利用しがちなのは、【選択肢②】と【選択肢④】です。

選択肢の数の多さは力になります。面倒くさいことも、完了すればスッキリ感、達成感を味わえるものです。自分に合った選択肢をもっておけるといいのではないでしょうか。


追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

« Vol.222『面倒な仕事をやっておくことの意味とは?』 | トップページ

今月のワニレポ(今月の気づき)」カテゴリの記事