« Vol.221『神は、◯◯に宿る!』 | トップページ | Vol.222『「ああ言えばこういう」人への対応法とは?』 »

2017年9月25日 (月)

Vol.221『知識を得ること以外の、本を読む価値とは?』

人々の能力をはぐくむことを大切に考えるなら、日々の仕事のなかで成長を目指す活動に、メンバー全員がどっぷり浸かれるような組織文化を設計しよう。

そして、組織から切り離された特別なプログラムを実施するのではなく、組織そのものを能力開発の場にしよう。また、個人の発達を組織の大目標と位置づけよう。つまり、組織文化がほかのビジネス上の目標(収益性や品質など)を後押ししているかだけでなく、文化が人々の成長を-メンバーがみずからの限界と死角を克服し、複雑さを増す仕事に対する習熟度を高めることを-後押しできているかを問い、それを目指そう。

<中略>

さらに、安心感をもてる環境をつくり、人々が自分の弱さを見せることを許し、それを促そう。それにより同僚同士が弱点の克服を支援し合うようにすることが目的だ。そしてもう1つ、メンバーのエネルギーすべてが組織のミッションの達成に注がれるようにしよう。

(『なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか
ロバート・キーガン&リサ・ラスコウ・レイヒー 著 中土井僚 監訳
英治出版 P.20より引用)

本書は、わたしが日本キャッシュフローコーチ協会で取り組んでいることを裏付けされている気がして、1ページ読むたびに赤ペンのメモを書き込むため、なかなか読み進めることができない良書です。たとえば、上記のくだりについて、2つ、次のようにひも付きました。

1)人々の能力をはぐくむことを大切に考えるなら、日々の仕事のなかで成長を目指す活動に、メンバー全員がどっぷり浸かれるような組織文化を設計しよう。

⇒「安心安全ポジティブな場づくり」「自立性と主体性」「アウトプットが先・インプットが後」「1アクション3ゴール」など独自の共通言語を実践し、組織文化になりつつある。

2)組織から切り離された特別なプログラムを実施するのではなく、組織そのものを能力開発の場にしよう。

⇒協会の中に様々なプロジェクトがあり、その役割を果たすことを通して、「上手な仲間への依頼の仕方」「人が動きたくなるレター作成力」「アクションプランの作成と進捗管理スキル」「クイックレスポンス力」が高まり、それがそのまま本業にも活かされる。

本を読むことの価値は、単に知識を学ぶことだけではありません。今すでに自分がやっていることの正当性を裏付けるネタを得たり、考えを体系化する着眼点を得て、仲間に伝えやすくすることにもあります。

本書をさらに読み進めて、仲間にわたしの思いや狙いを伝える一助にしたいと思います。


追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

« Vol.221『神は、◯◯に宿る!』 | トップページ | Vol.222『「ああ言えばこういう」人への対応法とは?』 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事