« Vol.220『モチベーションを維持するコツは?』 | トップページ | Vol.221『神は、◯◯に宿る!』 »

2017年8月25日 (金)

Vol.220『100歳生きるとしたら、どんな人生をつくるのか?』

人生70年なら一生涯は61万3000時間だが、人生100年なら一生涯は87年6000時間になる。この膨大な時間をどのように使うのか?その時間になにをするのか?

ウィークデイと週末の区分け、夏や冬の休暇、祝日や休日、そして3ステージの人生モデルなど、時間の組み立て方と順序は、基本的にその時代の社会の産物だ。長寿社会になれば、それが変わり、新しい時間の概念が生まれるだろう。

<中略>

よい人生を送りたければ、よく考えて計画を立て、金銭的要素と非金銭的要素、経済的要素と心理的要素、理想的要素と感情的要素のバランスを取ることが必要とされる。100年ライフでは、お金の問題に適切に対処することが不可欠だが、お金が最も重要な資源だと誤解してはならない。家族、友人関係、精神の健康、幸福などもきわめて重要な要素とされる。

(『LIFE SHIFT100年時代の人生戦略 リンダ・グラットン/アンドリュー・スコット 著
東洋経済新報社 P.22より引用)

平均寿命が年々長期化し、健康寿命を引き上げることに注目される中、いま現役バリバリの ビジネスパーソンは、何歳まで仕事をするのが一般的になるのでしょうか?

わたしも、今後何歳まで仕事をしたいのか、時々思いを巡らせます。そしてこれは医療の発展など外部環境の要素も大きいため、自分のリタイアの時期はまだ決めてはいません。

ただ、今の感覚として、仕事とプライベート(趣味や旅行など)の時間配分として想定していることをお伝えしますので、みなさんが生涯設計を考えるきっかけになれば幸いです。

45歳の今、仕事:プライベートの比率は9:1です。気力も体力も最も充実しているタイミングなので、この比率には自分的にも納得感があります。

これを10歳刻みで考えていくとこうなります。
仕事:プライベートの比率は、55歳で8:2、65歳で7:3、75歳で6:4、80歳で5:5という具合です。

要するに「生涯現役」を目指します。ただ、その仕事の「質」と「量」は歳を重ねるごとに、変えていきますけどね。

今、わたしの仕事には大きく2種類あります。1つは、個別コンサルやセミナー、講演、執筆などのコンサルティング。もう1つは、日本キャッシュフローコーチ協会の代表理事としてのコミュニティの舵取りです。後者はある年齢に達したときに引退し、後任に継承します。ただ、前者はプレイヤーとして世の中に価値を生み出し続けられる限り、生涯現役でいきます。その一方で、プライベートを楽しむためには、気力充実の55歳までに新たな趣味の候補を数多く体験しておきたい。そうやって種を巻いておけば、アンテナが立ち、余暇の時間が増えたときに、いつでも再開できるからです。今から100年人生をどう彩るか、イメージしておきたいと思います。

 


追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

« Vol.220『モチベーションを維持するコツは?』 | トップページ | Vol.221『神は、◯◯に宿る!』 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事