« Vol.218『達成できる目標の立て方とは?』 | トップページ | Vol.219『結果的に良好な人間関係が育まれるコツ。』 »

2017年6月28日 (水)

Vol.218『忙しさに流されず、最重要事項にフォーカスするには?』

99歳の誕生日が近づいた頃、筆者はマービンの次男のディックから電話をもらった。
今度の誕生日にはごく親しい人だけを招いて静かに過ごすことを父が望んでいるという。
2日後、今度は秘書から、21人だけをお招きするのでぜひにとご案内をいただいた。マービン自身が企画したという、それはほんとうに親しい人だけのパーティだった。

<中略>

99歳になってもマービンは自分のことはちゃんと自分でできたし、自分のしたいやり方で誕生日を祝っていた。そしてそれが、最後の誕生日になったのである。マービンの長い人生を語るには、トーマス・エジソンの次の言葉がふさわしいように思われる。

「私はアイデアに困ることはなかったが、時間が足りないのが悩みだった。人間はたった100歳ぐらいまでしか生きられないのだから」

(『マッキンゼーをつくった男 マービン・バウワー エリザベス・ハース・イーダスハイム 著
ダイヤモンド社 P.16より引用)

日常の仕事が多すぎて、その仕事に溺れそうになることはありますか?
わたしは20代から30代前半までは、そんな感覚に襲われることがよくありました。

そして、45歳になった今、時間のマネジメントはそれなりのコツを習得したつもりではありますが、それでも、過ぎ去る時間の速さに驚かされます。ついうっかりすると、あっという間に1年が経ち、40代が終わってしまう気がしました。

「歳を重ねるほどに、どんどん1年が短くなる」とはよく聞きますが、多くの人が実感していることなのではないでしょうか。ただわたしは、時間のスピードがアップすること自体が問題だとは思いません。本当の問題は「自分にとっての“最重要事項”を知らずに時間を過ごすこと」そして「“最重要事項”を知っていながら、それをうっかり忘れてやらないままに時間を過ごすこと」なんじゃないかと思います。

そんな問題意識を感じたときに有効なのが、「これからやろうとしていることに近い人物や分野は違えども共通点がある人物の自伝や人生ストーリーの本を読む」ことです。

普段の仕事場から離れて、カフェや公園、移動の新幹線や機内など、日常の職場から離れて、それに触れる。そして、そこに自分を投影して想像してみる。「自分だったら、どんな人生ストーリーをこれから描いていけるだろうか」と。本に沿って読み進めていけば、「こうなりたい」とか「これは自分とは違う」とか感じることがあります。それが自分の望みであり、最重要事項の一要素なのでしょう。自分の理想を、ゼロから自力で言語化するのは難しいかもしれません。でも、他人のストーリーにあれこれ意見するのは簡単。壁打ちの壁の役割を本が果たしてくれるからです。この週末、そんな本を探してみるのもいいかも知れません。


追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

« Vol.218『達成できる目標の立て方とは?』 | トップページ | Vol.219『結果的に良好な人間関係が育まれるコツ。』 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事