« Vol.217『業績が良い会社の目標設定の考え方とは?』 | トップページ | Vol.218『達成できる目標の立て方とは?』 »

2017年5月25日 (木)

Vol.217『熟考する時間を保つコツとは?』

30代、40代以降の大人たちにとっても、この社会環境の変化にどっぷりつかり、スマホの画面とフェイスブックなどに時間を費やす毎日になってしまったのですから、そこで発信することの利点を否定するものでは決してありませんが(かくいうわたしもツイッター、フェイスブック、インスタグラムを日常的に使っていますし、LINEで学生との連絡は行っており、大変便利です)、かつてはあったゆったりと画面を見ないで自分の頭で冷静に考える時間が、驚くほど失われていることに気づくべきときでしょう(おそらくあなたもそのように思う瞬間が、日常のどこかにあると思います)

<中略>

目まぐるしい情報の吸収をするばかりで、ささいなことへの反応ばかりしてしまいやすい毎日のなかでは、じっくりと考えて、冷静に事実を調べて、さまざまな意見を客観的にとらえたうえで、最後に自分の結論を導く。こうした「思考プロセス」をたどれる技術をぜひとも得たいものです。そして、こうした力を手にすることが、これからの時代をたくましく生きるために必要だといえるでしょう。

(『熟考する力 木山泰嗣 著
大和書房 P.004より引用)

スマホやタブレットが外出時に必須のツールとなった今、それらの端末の画面を眺める時間が驚異的に増えているのは、わたしだけではないでしょう。

そしてスマホでfacebookやメールを見たり書き込んだりしているときは、その場で浮かんだ答えを書いているわけで、熟考しているとは言い難かったりします。

つまり、スマホの画面を見ている間は1つのテーマについて熟考していないわけで、気がつけば熟考する時間が生活から抜け落ちているのではないか、と感じました。

そこで、そんな状況を脱却して、熟考する時間を保ちたい、という人のために、わたしが最近、意識して取り組んでいるコツをご紹介します。

それは、「最近の気がかりなことリスト」を、スマホのメモに箇条書きで書き出しておく、というものです。

たとえばわたしなら、「年末のMVPコンテストを700人満員御礼にするには?」「それを“大人の学園祭”として、実行委員と共に、結果と同時にプロセスも楽しむには?」「すべての養成塾が最高最善なメンバーで満員御礼になるには?」「社長のお困りごと目線の情報発信をするサイトをどんなコンセプトとメニュー、執筆体制で制作するか?」などが記載されています。これを、カフェや新幹線の移動中など熟考できる時間があるときに見て、思いついたことを書き加えていきます。その蓄積で隙間時間を熟考するを確保できています。忙しくてまとまった時間が確保できない人には、お勧めです。


追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

« Vol.217『業績が良い会社の目標設定の考え方とは?』 | トップページ | Vol.218『達成できる目標の立て方とは?』 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事