« Vol.215『やらかしました・・・が!』 | トップページ | Vol.216『自分に合う、チャレンジの方向性は?』 »

2017年3月25日 (土)

Vol.215『自分に合う幸せ感を感じるコツとは?』

私の言うことをよく聞いてほしい。幸福の反対は何だろうか?悲しみ?違う。

愛と憎しみが同じコインの表と裏であるように、幸せと悲しみも同じなのだ。

幸せのあまり泣いてしまうのは、このことを設定している。

愛の反対は無関心、そして、幸せの反対は、これしかない、「退屈」だ。

わくわくすることは、幸せの実質的な同義語であり、まさにあなたが追い求めるべきものだ。興奮こそ万能薬である。人はよく自らの「情熱」や「喜び」に従えと言うが、私なら、同じような意味でも「刺激」に注目するようすすめる。さて、問題は振り出しに戻る。あなたが問わなければならないのは、「自分は何を望んでいるのか?」や「目標は何か?」でなくて、「自分をわくわくさせてくれるのは何だろうか?」である。

(『「週4時間」だけ働く ティモシー・フェリス 著
青志社 P.87より引用)

どんな質問を投げかけるか、によって、得られる答えが決まります。ならば、「自分が望む答え(=望む結果)」が得られるような質問を用意したいものです。

和仁の場合、幸せ感を感じるのは、「刺激を感じているとき」だけではなく、かと言って「やすらぎを感じているとき」だけでもありませんでした。つまり、わたしが幸せ感を感じるのは、「刺激とやすらぎのバランスがちょうどいいとき」だと、ある時、気がつきました。

それ以来、「ちょっと余裕がないな」と感じたり、逆に「なんかつまらないな」と感じた時には、「今、刺激とやすらぎのバランスは何対何だろう?」と問いかけています。
すると、余裕がなくてギスギスしていると感じた時は、刺激:やすらぎ=8:2か9:1でした。逆に、退屈感があったりつまらないなと感じた時は、刺激:やすらぎ=6:4か5:5でした。

もちろん、大きな仕事をやり遂げた後などは、思いっきりやすらぎに舵を切って、3:7でやすらぎ優先の時もあります。リゾート地でノンビリするみたいな時がそれです。
ただそれも、1週間もすると飽きてきて、再び刺激を欲しくなりました。

こうやって観察していくうちに、わたしが幸せ感を感じるバランスは、「刺激:やすらぎ=7:3」だと気がつきました。
この理想のバランスが数値化できていると、「いま自分に必要なのは、刺激なのか?
やすらぎなのか?」が判断しやすくなり、それを自分に与えやすくなります。
あなたのバランスはいかがでしょうか?


追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

« Vol.215『やらかしました・・・が!』 | トップページ | Vol.216『自分に合う、チャレンジの方向性は?』 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事