« Vol.213『バランス感覚はどうやって養われるのか?』 | トップページ | Vol.214『問題解決か?課題発見か?』 »

2017年1月25日 (水)

Vol.213『コミュニティへの愛着心を育む方法とは?』

メンバーシップ・エコノミー組織は忠誠心に依存している。そしてメンバーシップ組織は、オファーに忠誠心を組みこむことができる独自のビジネスモデル特性を構築している。

CrossFitとSalesforce.comのような組織は、組織と会員の絆、会員同士の絆、それ以上の絆を深める方法を大量に考案してモデルに組みこんでいる。そして、簡単な契約・会員登録、体験の個人化、他者の関与を実践している。

(『シリコンバレー発会員制ビジネス起業術 ロビー・ケルマン・バクスター 著
ダイレクト出版 P.140より引用)

日本キャッシュフローコーチ協会というコミュニティをスタートして、2年近くが経ちました。メンバーはそもそも人と群れることを好まず一匹狼で独立するようなコンサルタントや士業です。なので、「果たして一体感のあるコミュニティになっていくのだろうか?」という不安は正直、ありました。しかし、気がつけば会員限定のfacebookグループでは自発的に成功事例をシェアしたり、コンサルや営業で直面した悩みを投稿して、それに対して複数人の会員がコメントしたりしています。MVPコンテストなどの公式イベントには会員の過半数が出席し、各地で少人数で集まり学び合う地域勉強会も発足し、自発的に主体的に活動してくれています。そして、協会の発展のために積極的に役割を担い、まるで自分の会社の仕事であるかのように、当事者意識で動いてくれています。

130人でやってきたこの協会が、12月には新会員が加わり、230人になり、今後も年間100人超のペースで増員していく予定です。そうやって人数が増えるときに、わたしが大切にしたいのが、「コミュニティへの愛着心をいかに育むか?」です。

そのカギは本書にあるように、協会に関わる会員の接着点を複数化し、その接着力を強めることだと考えています。つまり、「協会と会員」の関係、「会員と会員」の関係、「協会内プロジェクト・メンバー同士」の関係、「見込み客と会員」の関係、「クライアントと会員」の関係、そして「和仁と会員」の関係というように、そこに関わる理由が複数あり、それが本人にとって優先順位の上にあれば、自然と愛着心が芽生えるんじゃないか、と思うんです。

そしてそれが持続的に発展するためには、「協会から指示されて受け身でやる」のではなく、「自ら手を上げてやる」という、自立性と主体性の発揮がカギです。そういう状況になるために、一体どんな条件が整っていればよいのか?それが、これからのわたしの当面の重要テーマになりそうです。そこが具体化したら、またワニレポでお伝えしたいと思います。


追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

« Vol.213『バランス感覚はどうやって養われるのか?』 | トップページ | Vol.214『問題解決か?課題発見か?』 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事