« Vol.212『“安心安全ポジティブな場”がもたらすものは?』 | トップページ | Vol.213『バランス感覚はどうやって養われるのか?』 »

2016年12月25日 (日)

Vol.212『偉大な選手になるには?』

「オリンピック選手の研究を始めたときは、驚きましたよ。毎朝4時に起きて水泳の練習に行くなんて、信じられない。よほど非凡な人間にしかそんなことはできないはずだと思ったんです。でもそうじゃなかった。周りの誰もが4時起きして練習に行くような環境にいたら、自分だって自然とそうなる。それが当たり前になるんです。習慣になるんですよ」

ダンは、一段階も二段階も格下のチームから選抜されて入ってきた新しい選手たちを何人も観察してきた。新入りの選手たちは、あっというまにチームの規範を守り、基準を満たすようになった。

「たとえば私自身は、あまり自分に厳しいほうじゃない。しかし周りのみんなが論文を書いたり講演を行ったり、いつも猛烈に仕事をしているから、こちらも自然とそうなる。やはり、人は周りのやり方に合わせるようにできているんです」

(『やり抜く力 アンジェラ・ダックワース 著
ダイヤモンド社 P.333より引用)

自分の身をどこに置くか。その意思決定1つで、人は一瞬で別人のように変わる。
そんなケースを数多く見てきました。

わたしが主催する養成塾やコミュニティには、多くのコンサルタントや起業家が足を運んでくれます。彼らの参加動機は、最初は「納得の報酬や売上を得られるようになりたい」「契約が長く続くスタイルを身に付けたい」「顧客の意思決定に関われるようになりたい」などだったりするのですが、途中からその質が変容していくことを感じます。

それは、目先のメリットや利益を超えて、「この環境に身を置くことで、自分一人では到底たどり着けないところに行ける」という実感なのではないでしょうか。

わたしが代表を務める日本キャッシュフローコーチ協会でもまさにそれを実感するシーンを数多く目の当たりにします。たとえば、年末に開催した“キャッシュフローコーチのNo.1を決める、大人の学園祭“MVPコンテストの実行委員長を務めた草間さんは、最初は「こんなすごい人たちに囲まれて、自分がリーダーを務められるのだろうか?」と不安だったそうです。実際、それまでは養成塾などでも自分を表に出すことはなく、どちらかというと一歩引いたところに止まりがちだったと言います。

ところがその仲間の支援を得ながら積極的に段取りをし、影響力を発揮したことで、仲間の信頼をギュッとつかみ、そのプロジェクトを大成功に終えることができました。そして今、協会メンバーの草間さんに対する信頼は絶大なものがあります。そして、さらには他のコミュニティでも積極的に仲間と交流し、自分を表に出し始めました。その変貌ぶりをもたらしたのは、たったの半年です。

朱に交われば赤くなる。自分がどこに身を置くか、その判断のもたらす力を過小評価しないで、十分に注意を向けたいものです。


追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

« Vol.212『“安心安全ポジティブな場”がもたらすものは?』 | トップページ | Vol.213『バランス感覚はどうやって養われるのか?』 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事