« Vol.211『判断基準に迷ったら?』 | トップページ | Vol.212『偉大な選手になるには?』 »

2016年12月10日 (土)

Vol.212『“安心安全ポジティブな場”がもたらすものは?』

わたしがよく口にするキーワードの1つに、”安心安全ポジティブな場”づくりがあります。これは、セミナーやコンサルで成果を出す上で、わたしが最重要視していることです。

その手段として、自分が発する言葉(例:肯定的な声掛け)や表情(例:笑顔)、態度(例:リアクション)、行動(例:拍手)に意識を向けて、意図的に安心安全ポジティブな場にしていきます。このセットアップをきちんとすることで、そのセミナーやコンサルが講師にとってもクライアントにとっても楽しいものとなり、想定を超えた成果にもつながります。

ところで、この行為がもたらす本質は、いったい何だと思いますか?
それは、突き詰めると次の4つの不安を取り除く行為だとわたしは考えています。

1つめは、「批判される不安」です。多くの人は批判されることを恐れて自分の意見を封じ込めようとします。しかし、絶対に受け止めてもらえる、と感じていたら、躊躇なく発言できます。それによって、会話が積み上がっていき、1時間後には思いもよらないアイデアにたどり着くことがあります。

2つめは、「恥をかく不安」です。的外れなことを言って、空気を悪くしないだろうかという不安はやはり発言を踏みとどまらせます。

3つめは、「仲間外れにされる不安」です。一時的な批判や恥をかく程度ならまだしも、それが原因となってコミュニティからのけものにされたり、自分の居場所がなくなる恐れがあるとしたら、余計なことは言うまい、と感じるでしょう。

4つめは、「辞めさせられる不安」です。最悪の場合、そのコミュニティから除名されたり、会社ならクビを言い渡されるとしたら、ますます心を閉ざして貝になってしまいますね。

この4つの不安が解消し、マイナスがゼロに向かえば、人は自然とプラスに向かうものだとわたしは考えています。ちょうど、車のサイドブレーキを下ろせば、アクセルは元々踏んでいるので、自然と前に進む姿のように。そして、この4つの不安が取り除かれた結果、その場に生まれるものは、いったい何か? それは、「聞く姿勢」です。
相手が聞く姿勢をつくってくれていたら、こんなにしゃべりやすいことはない。

そう、安心安全ポジティブな場づくりとは、セミナーやコンサルにおいては、お互いに聞く姿勢を整えることとイコールなのです。これを意識してトライしてみてはいかがでしょうか。


追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

« Vol.211『判断基準に迷ったら?』 | トップページ | Vol.212『偉大な選手になるには?』 »

今月のワニレポ(今月の気づき)」カテゴリの記事