« Vol.206『順番1つで気分が壊れる理由。』 | トップページ | Vol.207『英語でセミナーをやって見えた景色とは?』 »

2016年6月25日 (土)

Vol.206『周りの人がワクワクするビジョン構築の着眼点とは?』

メンバーが個別の判断を下す際のよりどころ - すなわちビジョンを伝えるのは、ほかの誰でもなくリーダーの仕事です。したがって、リーダーには次の2つの能力が求められます。

①メンバーが共感して自ら動きたくなる、魅力的なビジョンをつくる力
②ビジョンをメンバーにしっかりと伝えて浸透させる力

ビジョンとは「リーダーが実現したいこと」だと言い換えてもいいでしょう。しかし、「実現したいこと」であれば何でもいいかというと、そういうわけではありません。やはり「何を実現したいのか」によって、人が動きたくなるかどうかは大きく変わってきます。

(『最高のリーダーは何もしない 藤沢久美 著
ダイヤモンド社 P.42より引用)

わたしは元々、1年、3年、10年後のビジョンを考えることは独立した同時から続けていました。セルフイメージが「ビジョナリーパートナー」というくらいなので、それはもう、当たり前にやっています。ただ、昨年「一般社団法人日本キャッシュフローコーチ協会」を立ち上げて以来、ビジョン構築において、ある点を強く意識し始めました。その結果、協会の仲間たちが自らワクワクしながら動いてくれていて、その勢いがわたしの背中を押してくれる相乗効果になっています。

ビジョン構築において、わたしが意識していること。それは、1アクション3ゴール的に、「①自分にとって」「②相手にとって」「③世の中にとって」の3つの角度でそのビジョンを実現することの意義を言語化し、語ることです。

たとえば、協会の10年後のビジョンは「新たな職業の創造」です。10年後には、税理士や社労士、弁護士などと並んで、キャッシュフローコーチが新たな職業として認知されています。そう確信しているのには、理由があります。他の資格は取得するまでが大変な上に、取っても食べていけない人が多いのに対して、キャッシュフローコーチは、相手の本業をサポートしながら納得の報酬が得られる仕組みがあるからです。
つまり、「やりがいのある仕事で、納得の報酬を得る」ことができる。 

この、当たり前のようなことが、当たり前に実現していない現実を変えていきます。
それで、先の3つのうち「②相手にとって」の意義を伝えるのが重要なのは当たり前として、「③世の中にとって」が実はとても重要なんです。なぜなら、人は誰しも「大いなることに関わりたい」という欲求があるから。それは、「自分ってすばらしいんだ」と自覚したいからかも知れません。それが非現実的な話ではなく、今の延長線上にイメージできたとき、挑戦する価値があると感じて、ワクワクし、動き始めるのです。


追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

« Vol.206『順番1つで気分が壊れる理由。』 | トップページ | Vol.207『英語でセミナーをやって見えた景色とは?』 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事