« Vol.198『やり方の「型」のメリットとデメリット。』 | トップページ | Vol.199『金持ちと普通の人の差とは?』 »

2015年10月25日 (日)

Vol.198『わたしが見てみたい光景とは?』

新日本プロレスが「奇跡のV字復活」をなしとげ、さらに高いステージを目指そうとしているいま、僕は「プロレスがもっと身近な存在になるための象徴的な存在」でありたいと思っている。最近プロレスが好きになったという女性ファンから、書店で僕の本をレジにもっていくと、定員さんから「マニアックな人だな」という顔をされた、という話を聞いた。

僕は「次に目指すべきはここだな」と感じる。「プロレスファン=マニアックな人」というイメージを変えて、プロレスをもっと「身近にあるもの」にしなければダメなのだ。

昔の猪木・馬場時代、プロレス中継の翌日は、プロレスが学校や職場でみんなの話題になっていたように。そのためには、これまでプロレスラーが足を踏み入れなかったエリアにも、どんどん進出していかなくてはいけない。

「知る人ぞ知る存在」から「誰もが知る存在」となってプロレスのイメージを変えたい。ファンの誰もが気がねすることなく「プロレスが好き」と言えるような環境をつくる-。それが僕のこれからの仕事だ。

(『全力で生きる技術 棚橋弘至 著
飛鳥新社 P.98より引用)

コンサルティングやセミナーで、参加者にビジョンを描いてもらうことがあります。
わたしにとってビジョンの定義とは、「理想に到達したときに目の前に繰り広げられている景色や情景」のことです。わたしは27歳で独立した初めの1カ月はこれを紙に書きながら徹底的にイメージしました。そして、そのほとんどはやがて形になっていきました。

このビジョンというのは、時が経つにつれ、経験を重ねるにつれて、だんだん質が変わっていくように思います。独立当初は、「年収●●円を得ている」「月額30万円のコンサルのクライアントが●社いて、おつきあいしながら日々成長している」「本を出版してセミナーでサイン待ちの行列ができている」みたいな、「個人の欲求を満たす内容」が中心でした。

そして1つの山を超えると、次の山を目指したくなります。するとそれは、「まだ見たことがない光景をみたい」「そこに自分がどう関われるのか、を試してみたい」というような、より「公な色合いを帯びた内容」になってきました。

わたしは今、コンサルタントや士業向けに、「社長の社外CFOとして数字を使って本業の発展に貢献する【キャッシュフローコーチ(R)】」の育成と普及に注力しています。

これはわたしが17年間のコンサル経験を通して体系化したメソッドで、これまで120人以上に伝授し、またそのレベルアップと普及の器として、社団法人をつくりました。

これから残りのビジネス人生を通して、全国、さらに国を超えて優秀なコーチを輩出します。
キャッシュフローコーチが社長と社員のかけ橋となり、ビジョン実現化をサポートする姿が、「会社に顧問税理士がついているレベルで当たり前」になる光景を目指して。


追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

« Vol.198『やり方の「型」のメリットとデメリット。』 | トップページ | Vol.199『金持ちと普通の人の差とは?』 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事