« Vol.192『業種業態を問わずコンサルする秘訣とは?』 | トップページ | Vol.193『わずらわしい雑用を先送りしないコツとは?』 »

2015年4月25日 (土)

Vol.192『どんなに頑張っても成果が出ない理由。』

「かけ算」 
人生は足し算じゃない  人生はかけ算で結果がでる  
どんなにがんばってもいい結果がでないのは  
たったひとつマイナスがあるから  たったひとつゼロがあるから  
そのマイナスをプラスにしないと  そのゼロをプラスにしないと  
どんなにほかの数字がよくたって こたえはプラスにはならない  
がんばっているのに結果がでないときは  
マイナスがないか ゼロがないか もういちど見直してみる  
そこを直せば かけ算のぶんだけ こたえはどんどんふくらんでいくのだから

(『大きなやかんは沸くのに時間がかかるから 野崎美夫 著
講談社 P.124より引用)

「どうも、行き詰まってきた」と感じるとき、人は自分を客観視するチャンスを得ます。
「今までの自分のパターンでは、欲しい結果が得られない」ことに気づいたとき、人は「行き詰まった」と感じる。そして、同じ線路の上をグルグル回るだけでは、堂々巡りから抜け出せないことを悟り、今までにないことに目を向けるチャンスを得る。
それは具体的には、「上手くいっている自分以外の人と、上手くいっていない自分の違いを見つける」という行為です。

かつてわたしは、コンサルタントとしてはそれなりの実績と経験を重ねていましたが、著者やセミナー講師としては、今ひとつ突き抜けられていないもどかしさを感じていました。
1対1のコンサルでは、クライアントのお困りごとに合わせて個別対応すれば価値提供できる自信がありました。ところが、1対多のセミナーや本の出版においては、最初はコンサルの経験の蓄積でアウトプットできたのですが、途中からネタが尽きた感じになってしまったのです。つまり、「相手が求めているから出す」のではなく、「自分の想像で無理矢理作る」完全なプロダクトアウト、独りよがりな企画ばかりに。当然、集客はうまくいきません。

そんなとき、継続的にセミナー講師として活躍している人と自分を比べたとき、初めて気がつきました。「セミナーなどの1対多の商品は、商品づくりの前にコンセプトとセールスレターづくりが先でなければならない」と。これは、自分のパターンを客観視したことで気づいたこと。そして、その欠けていたことを突き止めた瞬間から、セミナーや出版の行き詰まりは一掃され、もともとの良さが掛け算となって成果につながり始めました。
頑張りの割に成果が出ないとき、もしかすると、たった1つのマイナスが足を引っ張っているだけなのかも知れません。


追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

« Vol.192『業種業態を問わずコンサルする秘訣とは?』 | トップページ | Vol.193『わずらわしい雑用を先送りしないコツとは?』 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事