« Vol.190『フルマラソン出場で得た学びとは?』 | トップページ | Vol.191『“まだ実績がない段階”で大切な発想とは?』 »

2015年2月25日 (水)

Vol.190『発想の枠を超えたワクワク感に到達する秘訣。』

人生のすべては、自分の表現であるべきだ。事実、人生とはそういうものだ。
いきあたりばったりの表現にしておくか、自分が選択する表現にするか、それはあなたが決めればいい。

自分が選んで生きる人生、それは意識的な行動からできあがる人生だ。いきあたりばったりの人生、それは無意識の反応だけの人生だ。反応するというのは、前に経験した行動を繰り返すことだ。入ってきたデータをチェックし、前にも同じような体験がなかったかと記憶を調べてみて、以前と同じ行動をとるということだ。これは理性のはたらきであって、魂のはたらきではない。

魂だったら、新たな時のなかでほんとうの自分を体験するにはどうしたらいいかと「記憶」のなかを探るだろう。それが、よく言われる「魂の探求」という経験だが、魂の探求は「理性の外」でしなければならない。

(『神との対話2 二ール・ドナルド・ウォルシュ 著
サンマーク文庫 P.45より引用)

コンサルタントとして独立起業してから10年くらいは「望むビジョンを設定して、そこに到達するシナリオを逆算で設計するやり方」を実践してきました。

ただ、ある頃からそれが物足りなく感じるようになってきました。それは、当たり前ですが、「到達する地点が見えてしまっているから」です。おそらく、逆算思考が鍛えられたからこそ、だと思います。それはまるで、「結論を先に知って映画を見る」ようなもので、ワクワク感が小さくなりました。

ちょうどその頃から、意識し始めた新たな習慣がありました。
それは、「面白いっ!と好奇心が刺激されたら、ノリよく乗ってみる」ことです。

たとえば、わたしの昨年の例で言えば、スリランカやロンドンでの講演依頼や、ホノルル・フルマラソン出場、キャッシュフローコーチの協会設立などがそれです。

ふつうなら、理性的な損得勘定が働き、金銭的・時間的な都合を計算してYESかNOを決めるところです。そこを立ち止まり、「面白いっ!」と感じた感覚を優先して、YESを前提として、「どんな条件が整えば、それが実現できるか?」を理性的に考える。

「この人からのお誘いがなかったら、この機会をスルーしたら、おそらく一生やらずに過ごすだろう」と思えることこそ、やってみる。そこに、自分の発想を超えたワクワク感に到達する機会が眠っているのではないでしょうか。


追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

« Vol.190『フルマラソン出場で得た学びとは?』 | トップページ | Vol.191『“まだ実績がない段階”で大切な発想とは?』 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事