« Vol.187『見込み客に実績を尋ねられたら?』 | トップページ | Vol.188『相談内容を鵜呑みにしない!?』 »

2014年11月25日 (火)

Vol.187『新たな発見のチャンスを逃さない秘訣。』

間違っていると思うときには、とくに耳を傾けるべきだ。何でも自分が正しいと思っていたら、どうして神と語る必要があるのか。自分が知っているすべてをもとに進み、行動すればよろしい。しかし、人間は時が始まって以来、ずっとそうしてきたことを忘れるな。

その結果、世界がどうなったかを見てごらん。明らかに、あなたがたには何かが欠けている。理解していないことがある。あなたがたは、自分が理解したことだけを正しいと思っている。なぜなら、あなたがたにとって「正しい」というのは、自分が同意したことをさす言葉だから。したがって、自分が理解できないことは、はじめのうちは「間違っている」と感じる。前進するには、「わたしが『間違っている』と思ったすべてがほんとうは『正しい』としたら、どうだろう?」と自分に問うしかない。すぐれた科学者は、そのことをよく知っている。研究がうまくいかないとき、科学者はすべての前提を捨てて、一からやり直す。偉大な発見はすべて、「正しくない」ことを恐れない意志と能力によってなしとげられた。

(『神との対話 ニール・ドナルド・ウォルシュ 著
サンマーク文庫 P.26より引用)

新たな発見のチャンスを見逃さず、自分のビジネスや人生に取り込む秘訣があるとしたら、それは何でしょうか?その1つは、「前提を疑う」ことではないでしょうか。つまり、「理不尽な(と自分には思える)この人の発言が、実は間違っておらず、もし正しいのだとしたら、わたしはそこに何を見出す必要があるのか?」という問いを自分に投げかけられるか否か。最近のわたしの事例を1つご紹介します。

今年出版した新刊「年間報酬3000万円超えが10年続くコンサルタントの教科書」はコンサルタント向けとテーマなニッチな上に、2千円近くと書籍の中では高額な方であるにも関わらず、出版後2ヶ月で5刷・2.7万部とおかげ様で好評に売れています。
ところが本書は出版当初、Amazonのレビュー(読者の評価点)が両極端に振れていて、【最高点の5】をつける人が8人と【最低点の1】をつける人が3人いました。

正直なところ、渾身のエネルギーを込めて書いた作品の評価が最低点1というのは、著者としては少なからず心がざわめくものです。しかし、「最低点1が3人もいるということは、謙虚にその理由を考える必要があるのではないか?」と思い、最低点1の方のレビューをしっかりと読んでみました。すると、その行間に「最低点1をつけた人の理由」が浮かび上がってきました。それは、「【具体的なコンサルのやり方・手法・顧客との会話の中身】が書いてあると思って購入したら、それらについては書かれていないから」というものです。
この発見は、わたしの次の新刊の大いなるヒントとなりました。今はまだ詳しくお話しできませんが、この発見がどんな展開を見せるのか!?注目していただけたらうれしいです。


追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

« Vol.187『見込み客に実績を尋ねられたら?』 | トップページ | Vol.188『相談内容を鵜呑みにしない!?』 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事