« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月25日 (金)

Vol.183『逆境を乗り越える意欲の高め方とは?』

プロレスには「テーマ」が大事だ。何のテーマもなく、漠然と試合をしていても、お客さんには何も伝わらない。僕はシリーズが始まる前に、いつも自分の「シリーズを通した今回のテーマ」を考える。そして、1試合1試合に意味を見つける。

「なぜいま、この相手と戦わなくてはいけないのか?」という「戦いのテーマ」をしっかりと考え、それを見ている人にわかりやすく伝えることが大事だ。

個々の選手が抱えるテーマと、戦いの背景を見る人にうまく伝えられたら、見ている人は思い入れを持って「この試合はどうなるんだろう?」と試合に没頭できる。プロレスはシチュエーションなのだ。2012年から始まった僕とオカダ・カズチカの試合がいい例だ。僕には「新日本を盛り上げて、IWGP ヘビー級王座の価値を高めてきた。エースの座は渡さない」という維持とプライドがあり、オカダには「新しい時代を築く」という野望がある。年齢も体格も使う技も違う僕らは、リング上でただ睨み合うだけで盛り上がった。

<中略>

選手の側が「戦いのテーマ」を考え抜くことなしには伝わる試合は生まれない。

(『棚橋弘至はなぜ新日本プロレスを変えることができたのか 棚橋弘至 著
飛鳥新社 P.198より引用)

本書でこのプロレスラーが語っていることは、ビジネスにおいてもそのまま当てはまります。
つまり、「目の前の仕事をがんばろう」「逆境を乗り越えよう」と自分を鼓舞するときに、もっとも大切なことの1つは、「自分がそれをやる意味、テーマは何なのか?」の答えを用意することです。

たとえば、わたしがサラリーマン時代に嫌いな新規開拓営業の部署に配属されたとき、はじめは全くやる気が起こらず、テンションは下がりっぱなしでした。
そんなとき、先輩がかけてくれた一言がわたしにテーマを与えてくれました。
「和仁は将来、コンサルで独立するんだろう?だったら、どのみち自分で新規開拓する力は必要なんだから、今のうちに営業力を鍛えておいた方がいいんじゃないか?」

そこでわたしは「今なら給料をもらいながら、独立したときに備えて営業力をつけることができる」という意味を見出し、「営業力強化の修行期間だ」というテーマを自分に与えることで、地道なドブ板営業(!)をやり抜くことができました。

また、独立してから思うようにいかないことや逆境と感じることがあっても、
「これはあとで、セミナーで顧客の共感が得られる“逆境ネタ”として使える」と意味づけし、「おいしい逆境ネタの仕込み」とテーマを与えると、心がふっと軽くなります。しかもそうやってポジティブなテーマ設定をする人の周りには自然と協力者も集まることに気がつきました。
意味づけをし、テーマを決める。仕事を楽しむコツです。


追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

2014年7月10日 (木)

Vol.183『「頼まれ上手」が組織を変える!』

「もっと社員同士がお互いに相談しあったり、協力し合えば、残業も減るし、仕事はスピードアップするし、今の1.3倍はパフォーマンスが上がるはずなんだが」

こんな悩みを抱えている会社は少なくありません。では実際はどうかというと、
● 自分の仕事が忙しくても、
  人に頼むことはしない(できない)。
● その結果、特定の人だけが忙しく、
  その一方でヒマな人が手持ち無沙汰になっている。
● もっと他人に任せたほうが良いとはわかっていても、
  「頼んでイヤそうな顔をされたくない」ので、
  仕事の抱え込み癖は一向に直らない。
という状況。こんなとき、どうすれば解決に向かうのでしょうか?

これを解決するカギの1つは、「頼まれ上手」を育てることです。
この言葉、聞き慣れないかも知れませんね。「頼まれ上手」とは、依頼者の意図を正しく汲み取りつつ、自分が対応できる最大限の工夫をしながら、期待以上の仕事をすることです。たとえば、ちょっと無理難題な依頼をされたとき、やみくもに「わかりました」と引き受けてしまうのは、ただの、相手にとって「都合のいい人」です。これは一時的にはよくても、長い目で見ると依存関係を生んだり、精神的にストレスを蓄積する恐れがあります。かといって、頼まれても断ってばかりの人は、やがて「頼まれもしない人」となり、社内において存在価値を失い、居場所がなくなります。ちなみにそれは、会社対顧客の関係においても同じで、「頼まれもしない会社」は倒産するのと同じことですね。

一方で、「頼まれ上手」な人は、たとえば「すみません、その日時はすでに予定が入っているのですが、別の日のこの時間帯でしたら対応できますが、いかがでしょうか?」というように、自分にできる範囲を明らかにしながら、最大限の代替案を用意しようと努めます。
このやり方だと、相手と自分の優先順位を総合的に考えて「主体的に提案」しているので、自分を犠牲にせずに済みます。また、「頼まれて拒否」することがなくなり、相手に拒絶感を感じさせません。それどころか、なんとか代替案を考えてくれたことに好感すら与えることも。

そんな「頼まれ上手」を増やせたら、組織の生産性は格段にアップするのではないでしょうか。


追伸、
このワニレポは月2回、メールでも無料でお届けしています。
読み逃しのないよう、こちらから登録できます。
⇒ http://wani-mc.com/mm.html

|

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »