« Vol.177『人に気持ちよく賛同されるアプローチとは?』 | トップページ | Vol.178『快適な“刺激とやすらぎのバランス”とは?』 »

2014年1月25日 (土)

Vol.177『相手が動くための、伝えるベストタイミングとは?』

「子どものやる気のスイッチはいつ入る?」というテーマで保護者の方々にお話しする機会があります。そういうとき、親御さんの参考のため、私の経験談だけではなく、生徒にアンケートに協力してもらい、結果をお伝えしています。前述した中3生に行ったアンケート結果を、少し詳しく紹介してみましょう(カッコ内は、親御さんに向けた私からのメッセージです)。まずは「やる気をくじく」対「やる気になった」親の言動についての質問から見ていきましょう。

●やる気をくじく親の言動は?
■「早くしなさい!」と急かされたとき
■(やろうとしていたときに)「やれ!」と言われたとき(子供の「間」をよく見てあげてください。たいていの場合、子どもの時間は大人の時間よりもゆっくり流れています)

(『伸びる子の育て方 漆紫穂子 著
ダイヤモンド社 P.92より引用)

この本の前述のくだりを読んだとき、わたしも子どもに対して「やってしまっている!」と気づかされました。
親としては、いままで「言ってもすぐに行動しなかった」ことの蓄積があるので、すぐに言いたくなります。しかも、少なからず「何度言ってもやらない」ことへの怒りも含んでいるため、口調も強くなります。つまり、イライラモードで伝えてしまいます。
すると、それが伝播して相手のリアクションもイライラモードが増幅して返ってくることも。

結果だけを見れば、それでは改善の兆しが見えないどころか、むしろ関係は悪化するばかり。
ただ、それがわかっていても、繰り返してしまいます。これに近いことは、仕事の場面でも起こります。たとえば上司が部下に「何度言ったらわかるんだ!」的な口調で言う場面がそれです。わたしも社会人1年目の頃は、上司に毎日のように怒鳴られていた立場なので、言われる人の気持ちがわかります。(なんだよ、今からやろうと思っていたのに。あと、ほんの少し待っていてくれればいいのに)なんて思っていました。それが立場が変わると、つい自分も同じことをやってしまうのですね。

ただ、「言わないでいよう、言わないでいよう」というブレーキをかける努力は、実際の場面ではなかなかやりにくいものです。ならば、違う努力に矛先を向けたらどうでしょうか。
例えば、「どのタイミングで言うと、ちゃんと伝わり、相手が動いてくれるだろうか?」と。

本書を読んでいて気がついたことは、「何をいうか?」「どのように言うか?」という工夫も大切ですが、「いつ言うか?」を見落としていることが多いっていうことです。
これは子育てでもそうですし、コンサルティングや養成塾など大人が相手でもまったく同じこと。相手が動くための、伝えるベストタイミングはいつか、意識したいものです。

|

« Vol.177『人に気持ちよく賛同されるアプローチとは?』 | トップページ | Vol.178『快適な“刺激とやすらぎのバランス”とは?』 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事