« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月25日 (水)

Vol.176『傲慢にならないコツとは?』

世界第一等の人物になろうとする事は、その志たるや決して小さくはない。しかし、自分はそれではまだ小さいとする。現在、社会には人民の数は多いが、その数には限りがある。

よって、世間第一等の人物になろうとすることは、おそらくそう達成しがたい事ではなかろう。しかし、過去においてすでに死亡した人に至っては、その数は今の人の幾万倍もある。その中に聖人、賢人、英雄、豪傑は数えきれないほどいる。

自分は今日まで生きているから、やや人に優れているようだが、明日にも死んでしまえば、故人の仲間に入ってしまう。ここで、自分のなしたところを、古人のそれと比べれば、到底比べものにならない。まことに恥ずかしいことである。

だから、志ある者は、古今第一等の人物たらんことをもって、自ら期すべきである。

(『言志四録(一)言志録 佐藤一斎 著
講談社学術文庫 P.150より引用)

仕事がちょっと調子がよくなってくると、自信が出ます。それ自体は良いことですが、それがややもすると、自己拡大してしまう恐れがあります。つまり、「他人の仕事のレベルの低さが許せず、ぶっきらぼうに完璧を要求」したり、「自分を丁重に扱ってくれない人に対して攻撃」したりすることがあります。それを見て人は、「傲慢だなあ」と感じます。
それが続くと、やがて周りの人は離れていき、孤立し、仕事がうまくいかなくなります。
そうして、調子が悪くなってはじめて内省し、「周りの協力があってこそうまくいっていた」ことに気づき、態度を改めます。

わたし自身も、些細なレベルではありますが、そんなことが何度もありました。
そんな中、傲慢にならないコツは何か、を考えてみたところ、思い至ったことがあります。
それは、「憧れの存在を持つ」ということです。

傲慢になるかどうかは、「自分と何を比較するか」によって決まります。自分より未熟な人と比べれば、「相手になくて自分にあるもの」にフォーカスするので、傲慢になるのでしょう。しかし、「この人みたいな仕事をしたい、生き方をしたい」と思える憧れの存在がある人は、自分とその存在を比べるので、「成長の伸びしろ」にフォーカスがいき、精進するほうに意識が向かいます。その姿が結果的に周りからは「傲慢にならない」ように見えるのではないかと思うのです。

つまり、「傲慢にならない」ためには、「傲慢にならないためには」と考えるのではなく、「憧れの存在を意識する」ことによって、結果的に傲慢にならない、というのが正解ではないかと感じるのですがいかがでしょうか。

|

2013年12月10日 (火)

Vol.176『ゼロをプラスにする言葉とは?』

コンサルタントのやり方はいろいろありますが、大き分けると2種類に分類できます。
それは、マイナスをゼロにする「問題解決型」と、ゼロをプラスへ、あるいはプラスをもっとプラスに促す「ビジョン実現型」の2つです。これはクライアントの置かれている状況によって、どちらが必要とされるかは異なります。
たとえば、「赤字続きで資金繰りが切羽詰まっている」とか、「退職率が高くてスキルが会社に定着しない」というように、放置できない問題が顕在化しているクライアントに対しては、それを標準ラインに引き上げる「問題解決型」がフィットします。
一方で、すでに同業他社からもお手本にされて、成功企業と評価されているような会社は、さらに上のステージを目指すためのプランニングや、やりがいを感じる具体的な目標像を明確化する「ビジョン実現型」がフィットします。

で、最近わたしの周りに増えてきたのは、「ビジョン実現型」をやりたいというコンサルタントや士業です。ただ、彼らの多くは、これまで目の前のトラブルを鎮静化するような、マイナスをゼロにする仕事に数十年従事してきました。なので、ボキャブラリー的に、マイナスをゼロにする言葉はあっても、ゼロをプラスにする言葉を知らないケースが多いことに気がつきました。たとえば、「○○する」ということを、マイナスをゼロにする言葉で言うと、「○○しないといけない」となり、ゼロをプラスにする言葉で言うと、「○○やってみよう」となります。
このような使う言葉の違いが、「どちらのクライアントを引き寄せるか」を決め、仕事の中身を決めていたります。

今までは「問題解決型」でやってきたコンサルタントが「ビジョン実現型」にシフトしたい、と考えたとき、「思いはあっても見込み客からはそのように見られず、もどかしい」という悩みを潜在的に抱えている人は少なくないように感じます。
そんな方がこれから取り組むべきことは、何でしょうか?
わたしが思うに、それは「プラス言葉やプラスの言い回しを、モデルとなる人から吸収して自分の引き出しにためていくこと」です。

そして、それをいつでも口からついて出せるよう、反復することです。量稽古あるのみです。

|

2013年12月 4日 (水)

今月の本棚 【2013年11月】

1)修行論
  内田樹 著/光文社新書
http://tinyurl.com/m8x57ph

2)ゼロ
  堀江貴文 著/ダイヤモンド社
http://tinyurl.com/l4x35tm

3)論語と算盤
  渋沢栄一 著/角川ソフィア文庫
http://tinyurl.com/lh93aea

|

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »