« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月25日 (金)

Vol.174『照れず褒めるには?』

(前略)そこに表彰が活用できる。表彰は公式な制度としての承認である。組織やそれを代表する人、もしくは集団のはっきりとした意思表明である。そのため、受賞者本人はそれを誇れるし、ほかの人はそれを受け入れざるをえない。すなわち表彰にはそれだけの権威があるわけである。

もっとも、第Ⅲ部で述べるように表彰にはタイプがあり、そのタイプによって権威の大きさは異なる。また、選考基準や選考のプロセスなどによっても権威は左右される。そして表彰の効果にも自ずと差が出てくる。

いずれにしても、ほめることが嫉妬や人間関係の摩擦といった副作用を生みやすいわが国では、表彰という制度化された承認がとくに必要と考えられる。

また、ほめる文化が希薄なわが国では、言葉としてほめるときには照れたりわざとらしくなたりするので、管理職や上司といえどもほえるのが苦手な人が多い。その点でも表彰のように制度化したほうがやりやすい。

(『会社を変える最強のモチベーション戦略 表彰制度 太田肇 日本表彰研究所 著
東洋経済新報社 P.34より引用)

わたしのクライアントで、月に1回、エクセレント・パーソンを全社員から選出する、という表彰をしている先があります。その会社では当初、社長も褒めるのが苦手で、社員同士も部門をまたぐとあまり気に掛けないところがあったんです。せっかく1フロアに全部署の社員がいて見渡せる環境なのに、遠慮から尋ねればわかることすら声をかけないため、やり直しやミスが多発。
そこで、「もっとお互いのことに関心を持とう」「仲間に感謝する機会を持とう」ということで、毎月1回の全体ミーティングで、1人ずつその月のエクセレント・パーソンを1人選び、その理由をみんなの前で発表する、という簡単な表彰を始めました。

「今月のエクセレント・パーソンは伊藤さんです。理由は、営業の見込み客リストをつくるためにいつも遅くまで頑張って、1000件ものアプローチ先をつくってくれたからです」
という具合に1人1~2分の発表で、15人程度の会社ですから、月1回20分ほど。
そして最初にそれをやった日には、社長がその効果に驚いた表情で言ってくれました。
「これはいいですね!場の空気がやわらかくなって、感謝の気持ちが自然とわいてくる。口下手で、褒めるのが苦手なわたしでも、自然と社員のいいところを探す”きっかけ”ができましたよ」

そう、まさに”きっかけ”。褒めることすら勇気がいります。勇気がいることを継続的にやる最大のコツは、「やらざるを得ない”きっかけ”をつくる」ことです。
そんな最高の”きっかけ”を与えてくれる制度を、いくつもつくれたらいいですね。

|

2013年10月10日 (木)

Vol.174『成果の大小を決めるものとは?』

コンサルティングの仕事を通して人の成果に関わっていると、「成果の大小を決めるものは、何なのか?」という問いを常に自分に投げかけることになります。
これはいったい、何なのでしょうね?

たとえば「努力が必要」という人がいます。これは確かにそうでしょう。
ただ、成果を求めている人なら、誰でも努力はしていますよね。それでも成果に違いが出るとしたら、単に「努力こそが最大の決め手」とは言いにくい気がします。
すると気がつくのは、努力には、成果につながる努力と、つながらない努力の2種類があるってことです。

例えば東大に受かるために、「我流でテキトーに選んだ、“万人向けで一般的な参考書”とやり方」で、寝る時間も惜しんでただガムシャラに勉強する学生と、
「東大合格者が選んだ、“東大の過去問はじめ東大合格に照準を絞った参考書”とやり方」
で、ペース配分を計算して勉強する学生Bさん。
一年後、どちらが東大合格を達成しやすいだろうか?

同じく、ビジネスで成功するために、
 「我流でテキトーに思いついた、限られたやり方」で熱心に試行錯誤する人と、
「すでに成果が実証済みで体系立てられたノウハウとやり方」を徹底的にマネして、徐々に自己流に進化させていく人。一年後、どちらが望む結果を手にしやすいだろうか?

つまり、その努力の先に欲しい成果が直結しているのか?という問いが大切なんですね。

もちろん、「人生経験として無駄なことは何もないから、今は無駄に見えても後でちゃんとつながることがある」のも事実なので、前者のやり方を全面的に否定する気はありません。
ただ、期限が決まっているチャレンジで成果を出したいのであれば、目的地から外れた線路の上を猛ダッシュするよりも、目的地に向かう線路の上を猛ダッシュする、そんな努力をわたしはしたいですし、スタートの前にその見極めを怠らないようにしています。

|

2013年10月 7日 (月)

今月の本棚 【2013年9月】

1)最強「出世」マニュアル
  浅野泰生 著/マイナビ新書
http://tinyurl.com/o998atv

社員に、「あなたが人事評価によって一喜一憂しているのと同様に、評価する側にも理屈では説明できない感情が存在する。だから、出世したいなら、相手を知ることが最も重要。」ということを、この本が社員に伝えてくれる。部下教育に悩む社長や管理職にお勧め。

2)ロスジェネの逆襲
  池井戸潤 著・ダイヤモンド社
http://tinyurl.com/p3crbes

一気に引きこむストーリー展開、前ふりと落ちの絶妙さで、今回も引きこまれて読破。

3)初対面の相手の心を一瞬で開く方法
  生田サリー 著/中経出版
http://tinyurl.com/ova92ok

いいスピートは着地点(エンディング)が定まっている。これは、セミナーや講演でも同じく大切なのに、見落とされているポイント。

4)あなたの会社をお救いします
  洲山 著・幻冬舎
http://tinyurl.com/mtlouqg

追い込まれたときに、「何ができるか」を知っているか、知らないか。その違いが人生を変える。

|

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »