« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月25日 (水)

Vol.173『正論を言って「なるほど」と言わせる秘訣とは?』

実は、当たり前のことを当たり前に話すのは難しいことです。当たり前のことや原理原則は、当たり前がゆえに、「何をいまさらそんなこといっているんだ。そんなことはとっくにわかっているなどと、反感を買ったり、拒絶されたりするからです。

ところが、当たり前のことを、自分の体験談やエピソードに落とし込んで話すと、相手の反応が大きく違ってくる。「実際に体験をしてきた人がいうことなら、納得できる、腑に落ちる」となるのです。

人もお金もついてくるリーダーは、伝えたいことを体験談やストーリーとして話します。 対して、人とお金に見放されるリーダーは、本で得た知識や人に聞いた話をそのまま伝えます。伝えたいことは同じですが、相手への伝わり方には天と地ほどの差があります。

伝わることによって、相手との間に「共感」が生まれ、共感は「ついていきたい」という気持ちにつながっていきます。

(『「人」も「お金」もついてくるリーダーの哲学 井上裕之 著
すばる舎 P.130より引用)

コンサルタントの仕事は、当たり前のことや原理原則、すなわち「正論」を伝えて、クライアントに行動してもらい、成果を出させることです。ところが正論であるほどに、人は「わかった気になる」ため、なかなか「やってみよう」としてくれません。
そこでわたしが工夫しはじめたことは2つです。1つは本書のように、
「ストーリーに乗せて伝える」ということ。そしてもう1つは、
「それをやることの、ちょっと違った角度からの意味を伝える」ということです。
たとえば、「先送りをせず今すぐやる」ようアドバイスするとします。
確かにそうするのは、納期遅延や慌てて雑な仕事をすることも防げて良いのですが、それをそのまま言っても、あまりピンときませんね。では、次のような表現ならどうでしょうか。

「先日ね、大きな企画を任されて1週間で提出しろって言われたんだ。今までならギリギリまで寝かせて納期の2日前ぐらいに一気に集中してやっていたんだけど、今回は思うところがあって、依頼された日に30分だけ手をつけてみた。それで実感したのは、着手した時点から脳は動き出すってこと。30分で切り上げたとしても、そのあと人と会ったり本屋にいくと、その企画のことが頭にあるから、必要な情報がたくさん集まってきたんだよ。
つまり、取りかかりが早い程、納期までに多くの良質な情報を集めておけるから、よい仕事ができて、評価が高まるって気がついたんだ。だから、仕事ってのは、依頼されたら短時間でいいから、即時に手をつけたほうがいいよ」

いかがでしょうか?少しでもやってみる気になったならうれしいです。

|

2013年9月10日 (火)

Vol.173『先送りを防ぐには?』

面倒くさいことは、つい先送りしてしまうことがあります。

例えば自宅でなら、寝室の豆球の取り替え。ある日突然、豆球が切れることがあります。
薄明かりがつかない寝室というのは、なかなか不便なのですが、なければないで、なんとかなります。同じような例で、風呂場で使っていたCDラジカセが壊れてCDが聴けなくなったときも、修理に出さずにラジオで我慢したりすることがあります。
こういう先送りの理由はすべて、対処するのが「面倒くさい」からです。

これが「仕事で使っているパソコンが壊れた」とか「ネットがつながらずメールが使えない」となると、話は違ってきます。どうしても解決しなければならないことなら、面倒くさいなどと言っていられないので一気に行動に移しますからね。

このように、今すぐ何とかしなきゃいけない程ではないけど、そのままでは不便なときに、対処を先送りしないコツを見つけました。
それば、「それをやるのに何分かかるか、を時間見積もりする」です。

たとえば、冒頭の寝室の豆球の取り替えは、脚立を二階から持ってきたり、電球を買ってくるのがわずらわしいと感じていました。しかし、買い物のついでに妻が電球を買ってきてくれたので、それを取り付けること自体は、たったの5分。それまで何日も不便を感じていたことが、いざ行動に移したら、たったの5分。次からは、「5分でやれる」という時間見積もりがわかっているので、「このまま放っておいて不便なままか、今すぐ5分だけ動いて便利になるか、どちらがいいか?」という選択肢になるわけです。

この発想で身の回りを見ると、「今から5分、パソコンや携帯で、毎日使う言い回しを単語登録しておく」「読まずに積んであった定期配送物を開封して3分だけざっと目を通し、保管棚へ移す」「15分で靴を磨く」「デスク周りを3分だけホコリとりをする」「今から15分、書類棚にたまった不要な資料を処分用の段ボールに移す」など、やれることはいろいろあります。そしてその先には、必ず今より快適な環境が待っているのです。

|

2013年9月 2日 (月)

今月の本棚 【2013年8月】

1)あなたの会社をお救いします
  洲山 著・幻冬舎
http://tinyurl.com/mtlouqg

修羅場をくぐりぬけた経験者ならではの
再生のスキームがここにある。

2)事業再生家
  洲山 著・出版文化社
http://tinyurl.com/m3ar2pf

わたしが接したことのない、未知な世界を垣間見た。

3)ハイリスク金融商品に騙されるな!
  島義夫/洲山 著・PHP研究所
http://tinyurl.com/mkmwrhs

4)たった5秒のあいさつでお客様をザクザク集める法
  渡瀬謙 著/同文館出版
http://tinyurl.com/ohwcrk4

せっかくの自己紹介のチャンスを無駄にするも
出会いのチャンスにするも、最初の準備次第!

5)「あの時やっておけばよかった」と、いつまでお前は言うんだ?
  武藤良英 荒川祐二 著/講談社
http://tinyurl.com/o9wf5xj

思い通りにいかずに葛藤し、もがいている人の心情を
ここまで具体的に緻密に描写する表現力に感動。

6)「学び」を「仕組み」に変える新・家元制度
  前田出 著/アチーブメント出版
http://tinyurl.com/q9saeyg

|

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »