« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月25日 (木)

Vol.171『相手に伝えるために、”話す内容”以前に必要なこと。』

人は言葉以上に、からだから発せられる情報を無意識にキャッチしています。
話をする中で、その人を支えている生命エネルギーを見ているわけです。

例えば、就職や何かの採用試験でしたら面接官は、仕事のプレッシャーがかかった時に押し潰されない強さがあるか、あるいはどれだけ踏ん張りの利く人間なのか、そういったものを判断しようとしている。
それが端的に分かるのが、声の勢いであり、息のスピードです。息が強いということは、活力がある証拠だと受け止められます。

からだ全体から発せられるエネルギーというのは、呼吸力によって支えられている。
逆に言えば、エネルギーの排気量は呼吸の強さで量られるのです。かといってむやみに大きな声で、熱く自分の考え方を語ればいいというものでもないでしょう。

(『呼吸入門 齋藤孝 著
日経BP社 P.33より引用)

経営コンサルティング会社を起業して15年目になり、同業者であるコンサルタントやセミナー講師を育成する機会が増えてきました。その中で、「内容はいいことを言っているのに、声が聞き取りにくくて損をしているなあ」と感じる人を時々見かけます。
具体的には、しゃべり方が、
①早口過ぎる、②語尾が小さくゴニョゴニョした感じに尻すぼみになる、③滑舌が悪い、のいずれかにより、一度で正確に聞き取れないのです。

これは実は、思った以上に深刻な問題なんです。
聞き手も、初めのうちは「えっ?すみません、もう一度」と促せますが、何度も「えっ?」とは言いにくい。しかし、そのまま聞き流すと、話の脈絡がわからなくなる。
その結果、聞き手はストレスを抱えてイライラしてくる。
よほど自分にとって大事な話ならそれでも聞き直しますが、そうでなければ「まあ、よくわからないけど、いいや」となり、話がスルーされてしまいます。
さらには、(この人に頼るのはよそう)となり、それが営業段階であったならば、見込み客を失うことにもつながります。そしてそれは、本当はその人のサービスを必要としていた相手にとっても不幸なことです。

そんなこともあり、わたしはそういう人たちには「しゃべりを録音して後で聞いてみること」と同時に、滑舌に改善の余地がある人には「1語1語をパッ!パッ!パッ!と息を発するようにしゃべる」ことを提案しています。
せっかくいいことをしゃべっているのに、それが伝わっていないことほど、お互いにとって不幸なことはありません。心当たりのある方、一度トライしてみてくださいね。

|

2013年7月10日 (水)

Vol.171『人が動かない本当の理由。』

コンサルティングにおいてクライアント(顧客)が成果を出すには、クライアントに成果につながる行動を起こしてもらう必要がありますね。
つまり、動いてもらう必要があります。これは、上司と部下の関係においても同様です。
ところが、「やると約束しても、クライアントが動いてくれないんです」と嘆くコンサルタントは少なくありません。そこから先を掘り下げることなく、ただ相手のせいにしている人もいますが、それでは何も進展がありません。そこで、「クライアントが動かない理由」を突き詰めると、ちゃんと理由があることに気がつきます。つまり、それを1つ1つ解決していけば、確実に行動を促し、成果につながるということです。その理由とは、次の5つです。

1・何のためにそれをやるのかが不鮮明で、意義が見出せていない
  → 意味づけとメリット・デメリットの明確化に課題がある。

2・いきなりゴールを目指してしまうため、冷静に考えると自分にやれる感じがしない
  小さなはじめの一歩を決めるのが苦手。
  → 細分化に課題がある。

3・日常業務に忙殺されて、やると決めたことの優先順位を下げてしまう。
  → タイムマネジメントに課題がある。

4・それをやるには、別の誰かの協力が必要だが、それを依頼するのが億劫
  または、依頼しにくい事情がある。
  → コミュニケーションに課題がある。

そのいずれでもないとしたら、大前提に課題があることもあります。それが5つめの理由。

5・そもそもクライアントがこちら(コンサル)を信頼していない。ぶっちゃけ嫌い。
  → クライアントとの関係性の構築に課題がある。

原因を相手にゆだねているうちは、進展がありません。「自分にできることは何か?」と問い続けた先に進展のアイデアが湧きます。もし、あなたが人が動いてくれないことにストレスを感じているのなら、上の5つのどれかに心当たりはありませんか?

|

2013年7月 8日 (月)

今月の本棚 【2013年6月】

1)世界へはみ出す
  金城拓真 著/ディスカヴァー・トゥエンティワン
http://tinyurl.com/mvboqn7

驚異的な発展をしている人は、必ず人と人のご縁をつないでチャンスにつないでいる。自力でなんとかしようとする人と、人との交流の中でチャンスを見出す人の差がよくわかる痛快の良書。

2)和田裕美の性格がよくなるメールの書き方
  和田裕美 著・光文社
http://tinyurl.com/ldhx7f7

メールの書き口で、たしかに相手に与える感情がまるで違う。これほど大切なことをテキトーに扱っている人が多いことが不思議。対人でのコミュニケーションを突き詰めた人は、メールでのコミュニケーションも分け隔てなくやれている。

3)覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 
  池田貴将 編訳/サンクチュアリ出版
http://tinyurl.com/k4j8cnq

|

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »