« Vol.170『調子が少し悪くなりかけたときの対処とは?』 | トップページ | 今月の本棚 【2013年6月】 »

2013年6月25日 (火)

Vol.170『情報の渦に巻き込まれず、自分の足で立つために。』

せっかく本を買っても、多くの人が「積読になる」と言います。なぜ積読になるのかを考えると、原因のひとつは、「その本に対するエネルギーが低い」からです。「本に対するエネルギーが低い」と、本を読む気がしなかったり、本に関心が持てなくなります。
「読みたい本」と「読まなくてもいい本」では、どちらが速く読めると思いますか?
「読みたい本」に決まっています。

<中略>

私は毎月、何十冊も本を購入していますが、1冊1冊、「この本から自分はどういう情報を得たいのか」「自分はこの本に関心があるか、ないか」を自問して、「読みたい!」「関心がある!」というエネルギーを持つことができる本だけを選んでいます。
したがって、私に積読はありません。本選びで大切なのは、今、「何に関して自分のセンサーが向いているか」を知ることだと言えそうです。

(『一瞬で人生が変わる!アウトプット速読法 小田全宏 著
日経BP社 P.52より引用)

本やセミナー、webも合わせると、わたしたちは今までにない情報の洪水の中にいます。
そんな中にいると、ときとして「周りの情報に提供され過ぎて、精神的に不安定になる」ことや、「周りがやっているなら、自分もやらなければ」と焦りから行動しようとして上手くいかない、なんてことがあったりします。

先日、知人がわたしのセミナー(やや高額な)に参加するかどうか、迷っている旨の相談がありました。「今のわたしにこのセミナーはふさわしいのか?参加して、果たして得られることがあるのか?」が不安とのこと。彼はいくつもの情報の渦中にあり、どれを取捨選別したらいいのか、不明確になったいたようです。セミナー主催者の立場としては、「参加したらいいよ」と背中を押してあげたいところです。しかし、セミナー講師の立場としては、「自分にとっての意義や価値が不明確なまま参加しては、彼は投資効果が得られない」と考え、1つ宿題を出しました。それは、次の質問に答えてみて、というものです。

(1)このセミナーにあなたが参加するメリットとデメリットを書き出す
(2)どんな目的・テーマをもって臨めば、投下するお金と時間に見当ったりリターンが得られるか?を3つ以上書き出す。

その3日後、彼はわたしの期待を超えた回答を送ってくれたので、「ここまで目的を明確にした上でなら、参加しても投資効果は高いから参加しては!?」とお誘いしました。
「今、何に関して自分のセンサーは向いているのか?」
それを自分で知っておくためにも、ときに文字で書き出してみることはとても有効です。

|

« Vol.170『調子が少し悪くなりかけたときの対処とは?』 | トップページ | 今月の本棚 【2013年6月】 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事