« 今月の本棚 【2013年4月】 | トップページ | 今月の本棚 【2013年5月】 »

2013年5月25日 (土)

Vol.169『ビジョン実現のために経営者をやる。』

曲が書けて、アレンジができて、歌えて、プロデュースができて、そのうえで金の計算ができて、ビジネスのビジョンがあって、責任をちゃんととってというアーティストがいままでいなかったのなら、オレがそのいちばん最初の人間になればいい。オレはそう思った。音楽を書きながら経営者になるアーティストがいないんならオレがなってやるよ。

音楽をやるヤツは経営者になっちゃいけないなんて誰が決めた?
そんなのは都合がいい連中がつくった幻想にしかすぎない。
たしかにイメージは大事だ。だって音楽はイメージなんだから。ミュージシャンというのは、イメージの商売なんだから。だけど、本人自ら出ていくべきところは出て行くべきだ。
経営者として、会わなきゃ行けない人には会わなきゃいけない。
そういうことが音楽家としての矢沢を守ってくれることになるんだから。

(『アー・ユー・ハッピー? 矢沢永吉 著
日経BP社 P.135より引用)

わたしが経営コンサルティングの仕事を通して、歯科業界と関わり始めた13年前のこと。
「彼らは本来、経営者である前に“歯科医師”なのに、お金の心配から人の問題まであれこれ抱え込んで・・・。開業するとかえって大変な思いをする人は多いんじゃないか?」
経営に行き詰まって悩んでいる院長を見るにつけて、そんな思いを抱いていました。
というのは、特に根拠もなくただ漠然と「いずれは独立しなければならないもの」という思い込みで、経営の勉強も開業準備もないままに、開業する人も少なくなかったからです。

そんな中にももちろん、「理想の医療を実現したい」などのこだわりがあって開業される方もたくさんいました。ただ、残念なことに、歯科治療の専門家である歯科医師が、開業して経営を軌道に乗せるための勉強をする場がありませんでした。
当時、歯科医師免許を取ったドクターの8割以上が開業されるのに、歯科大学で医院経営を教えるわけでもなく、勤務医時代に院長が教える義務もありません。そのため結局は開業してから失敗を重ねながら試行錯誤で学んでいくしかない状況だったのです。 
そんな現実を目の当たりにし、「志あるドクターがお金の悩みから解放され、理想の医療を実現できるために」サポートできることがあると確信したときのことを今でも思い出せます。
そして、大企業が崩壊して個人事業主が再び増えようとしている今日、すべての業界のあらゆる人が自分のビジョン実現のために経営者になる時代がやってきたことを実感します。

そして、お金と人のマネジメントのやり方を学ぶ場や、サポートする存在がこれからの10年さらに必要となってくる予感のもと、同志を育て増やす取り組みを加速させる決意をしました。ビジョンとお金を両立させて、社長と社員が夢を語り合える“安心・安全・ポジティブな社会”の実現に向けて、さらにアクセルを踏んでいくことをここに宣言します。

|

« 今月の本棚 【2013年4月】 | トップページ | 今月の本棚 【2013年5月】 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事