« Vol.168『成果を出す、影響力の発揮の仕方とは?』 | トップページ | 今月の本棚 【2013年4月】 »

2013年5月10日 (金)

Vol.169『自分の隠れた”新しいウリ”を見出した方法。』

ビジネス・パーソンの相談に乗っているときによくあるのが「自分がやっていることと、本当にやりたいことが、ちょっとズレているんです」というものです。

例えば、No.1コンサルタントスター養成塾の塾生に、エコアクションの取得支援をする環境マネジメント・コンサルタントがいました。彼は、今やっていることは「企業が環境資格を取得するサポート」なのですが、本当にやりたいことは「経営の本業ど真ん中に関わること」でした。そして本業に好影響を与えることで、利益に貢献し、納得の報酬(現在の2~3倍)を得ることを望んでいました。

こういうときに、多くの人は、全然畑違いのことに手を出そうとします。
例えば、付加価値を高めたい税理士が付け焼刃で学んだマーケティング・コンサルを顧問先に提供しようとするように。しかし、このようなケースはほとんどの場合、うまくいきません。なぜなら、「その人がマーケティングをサポートする正当性に欠ける」からです。
「マーケティングを教えてもらうなら、その道の専門家に教えてもらいたい」と考える社長が多数派だとしたら、それを覆すだけの理由が必要です。

さて、冒頭の環境マネジメント・コンサルタントの話に戻りますが、彼がやっている仕事の中身をよく聞いていくと、実はエコアクションを習得するプロセスで企業に副産物をもたらしていることがわかりました。
それは、プラン(P)→ドゥー(D)→チェック(C)→アクション(A)のマネジメントサイクルを定着させていたことでした。

そしてそれは、企業の無駄を省く上に、やるべきことがちゃんと実行されていき、利益体質をつくることにつながります。それ以降、彼は環境マネジメントの関心がある企業に対しては、それを切り口として打ち出しながらも、それ以外の会社には「PDCAマネジメントを定着支援して、社長のビジョン実現化を応援する」ことを持ち味として告知をし始め、新規顧客を開拓していくようになりました。

このとき彼が自分の隠れた”新しいウリ”を見出した方法は、「今やっていることのプロセスでもたらしている副産物は何か?」を考えたこと。「今やっていることの本質は何か?」と言ってもいいかもしれません。時には立ち止まって考えてみたい問いの1つです。

|

« Vol.168『成果を出す、影響力の発揮の仕方とは?』 | トップページ | 今月の本棚 【2013年4月】 »

今月のワニレポ(今月の気づき)」カテゴリの記事