« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月25日 (月)

Vol.167『悩みが悩みでなくなる方法。』

「わたしが言う“悟り”というのは、2つの“差”を取ること。一つは、自分が本来、楽しいと感じていることと不満との“差”を取って、“楽しさ”だけにする。

もう一つは、他人と自分の間にあるコミュニケーションギャップという“差”を取って、“対立”をなくすこと。

自分の中にある“差”と、自分と相手との“差”を両方取れば、悩みは悩みでなくなるし、迷いもなくなる。そして、自分のことが好きになれる。人を恨んだり、ねたんだり、うまくいかなかったことを誰かのせいにすることもなくなるわ。そもそも過去のことなんて気にならなくなるから、きっと、『あれ、そんなことあったっけ?』って思うようになるはずよ。

悟る技術って、要は・・・そう、只今の『今に生きる技術』なの。
コトバを使うことによって、過去に捉われず、“今、ここ”という瞬間を楽しく、幸せにいきることができるの。今日は、そのファーストステップよ」

(『悟る技術 橋本陽輔 著
ヒカルランド P.23より引用)

わたしがコンサルティングの現場でよく直面する、経営者のお困りごとトップ3の中に、「社長と社員の、立場の違いからくるコミュニケーション・ギャップ」があります。
これは、単なる人づきあいの上手下手、という次元の話ではなく、「雇う側VS雇われる側」「給料を払う側VSもらう側」という“立場の違い”故に生じるギャップが、社長と社員の双方のストレスとなり、ときにそれがトラブルにまでなることがあります。
そんな立場の違いからくるトラブルは、なぜ起こるのでしょうか?
それは、“情報量の差”からくるとわたしは考えています。
たとえば、ある高級な実印を販売している、社長たちに人気の印鑑屋さんでの実例です。
そこのオーナーが接客すると10万円の実印がバンバン売れるのに、パートスタッフが接客すると、1万円のものしか売れない。その理由は、スタッフの罪悪感にありました。つまり、
「こんなに高いものを売ってはお客さんに悪い、ウチが儲けすぎているのではないか!?」
という思いから、高額で良いものを提案することを躊躇していたのです。

それは、オーナーにはあってパートスタッフにはない、“ある情報の差”が原因でした。
それは、“その高級印鑑の収支構造の知識”です。そこでわたしはスタッフにレクチャーをしました。象牙の材料費の他に、人件費、店舗の家賃、広告宣伝費、研究開発費、初期投資の返済などを考慮すると、明らかに適正な価格であること。そして、そもそも10万円の印鑑を買ったお客さんはみんな喜び、紹介してくれている事実。その“オーナーとパートスタッフの情報の差”がなくなったとき、オーナーとスタッフの悩みは解消し、売上は急増しました。悩みを感じたら、「どんな差が生じているのか?」に気を向けると、解決の糸口が見えるかも知れません。

|

2013年3月10日 (日)

Vol.167『迷いから抜け出す方法とは?』

先日、有名コンビニチェーンの全店舗で販売される出版関連(監修依頼)で、ありがたいオファーをいただきました。が、熟慮の上、お断りさせていただきました。

正直、かなり悩みました。先方のオファーは、「お金に関する本を某コンビニ限定で販売する企画があり、その監修をお願いしたい」というもの。コンビニ限定販売の書籍とは言え、全国の店舗で販売されるので、広く認知されるチャンスかも知れません。
しかも、わたしがイチから書き上げるわけではなく、ライターがまとめたものを、監修者はチェックして手直しをするだけ。あとは、その監修者として表紙に名前が載り、広く売れるのなら、労力的な投資効果も悪くはないかもしれません。

それでもお断りした理由は2点でした。
一つは、納期や仕事の流れ上、和仁の既刊本をよく知る既存の読者の期待に応えられない恐れがあること。
もう一つは、わたしの専門分野の兼ね合いで、そこから離れたことに言及されていた場合、クオリティに責任が取れないこと。

これまで、「仕事を受ける基準」は明快でした。つまり、
(1)お互いのメリットとデメリットが明確である
(2)本業にプラスの影響がある
(3)ノウハウの進化につながる
の3点でした。

これと照らし合わせると、今回のオファーは「受けたほうがいいかな」という気持ちになりかけたのですが、心の中にざわつきを感じたのです。そこに耳を澄ませて気がついたこと、それは「仕事を受けない基準」が不明確だ、ということです。
そこで熟考し、冒頭の2つをクリアしないオファーは受けないことにしました。

明確な言葉、明確な判断基準は、迷いを払拭してくれることを実感した出来事でした。

|

2013年3月 2日 (土)

今月の本棚 【2013年2月】

1)悟る技術
  橋本陽輔 著/ヒカルランド
http://tinyurl.com/c6zhx9t

悟るとは「差取る」。自分との差、他人との差。

2)アップル驚異のエクスペリエンス
  カーマイン・ガロ 著/日経BP社
http://tinyurl.com/cfzr5jr

フィードバックループを育む。
フィードバックが成長を後押しする。

3)できる大人のモノの言い方大全
  話題の達人倶楽部 編/青春出版社
http://tinyurl.com/chuvq34

4)雑談力が上がる話し方
  齋藤孝 著/ダイヤモンド社
http://tinyurl.com/c6zdbvx

5)スティーブ・ジョブズの生き方
  カレン・ブルーメンタール 著/あすなろ書房
http://tinyurl.com/ckuyozz

6)心をつかむ!誰からも好かれる話し方
  谷厚志 著/学研
http://tinyurl.com/d57me9l

7)「怒るお客様」こそ、神様です!
  谷厚志 著/徳間書店
http://tinyurl.com/br7dvv3

|

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »