« Vol.163『持たない者の強さとは?』 | トップページ | 今月の本棚 【2012年11月】 »

2012年11月25日 (日)

Vol.163『1つのことに集中する環境づくり。』

時間の細切れ化が進むと、どういう問題があるのか?今後ますます仕事の負担が重くなり、時間に追われるようになると、どのような影響が生じるのか?

あまりに多忙な日々を送るようになると、1つのものごとに集中して取り組むことが難しくなり、じっくり観察して学習する能力がそこなわれる。また、仕事の世界に気まぐれや遊びの要素が入り込む余地も奪われてしまう。

時間に追われるようになると、真っ先に失われるのは、ものごとに集中して取り組む時間だ。2025年のジルは、日々のスケジュールがあまりに慌ただしく、なんらかの技能に磨きをかけて専門分野をつくる時間や機会を確保できず、専門技能の習得に必要な集中力を保つことも難しい。

(『ワーク・シフト リンダ・グラットン 著
プレジデント社 P.78より引用)

独立当初の14年前、「オフィスでデスクワークしているとき、メールを頻繁にチェックする」「気まぐれにメルマガを読み流し、いつの間にかネットサーフィンしている」というように気が散った行動をなんとかしようと試行錯誤したことを思い出します。

そして今はiPhoneやiPadのようにあの頃以上に便利なツールも増え、ネット環境も整備。また情報ソースも莫大に増えたこともあって、「気が散る」にはこれ以上ない環境に!
より一層、1つのことをじっくり集中して思考することが簡単じゃなくなってきました。

一方で、わたしはこの10年でセミナーや講演、本の出版など人前で表現する機会は格段に増えました。そのため、セミナーのコンテンツをつくる、執筆する等、じっくり深堀りして思考する、まとまった時間は年々必要になってきています。

その矛盾、どう解決したらよいのでしょうか? がんばって集中してみる? パソコンの電源を落とす? 場当たり的な工夫をしてみたものの、も解決には至りませんでした。そこでわたしがとった手は、「1つに集中できる“環境”を1カ月の中に計画的につくる」です。例えば、
1.新幹線での名古屋—東京間の1時間半で、レポートの執筆。
2.夕食後の1時間半、近くのカフェでコーヒーを飲みながら
  セミナーコンテンツづくり。
3.パートナーとの定例ミーティングで、ホテルのラウンジで
  最重要テーマについて半日かけて意見交換。

90分を単位として1つのことじっくり考え抜くと、かなり深堀りして思考できます。
それも、すべての資料が揃った職場でやるのではなく、持ち運んだもの以外何も無い環境でやるからこそ、1つに集中できる。 集中するには環境の力がますます大切になってきました。

|

« Vol.163『持たない者の強さとは?』 | トップページ | 今月の本棚 【2012年11月】 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事