« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月25日 (金)

Vol.157『マンネリな日常業務に新鮮さを取り込むには?』

真のインスピレーションを得るには、未知の中に意識を向けて、すでに知っていることや、決まりきった方式や、社会の常識やしきたりにとらわれずに、何が起こるか分からない、その未知の瞬間に身をゆだねることが必要です。その1つ1つの瞬間に人生が見せてくれるものを、新鮮な気持ちで受け取ることが大切です。実はこの本も、そんな「未知」が書いています。私を通してページの上にどんな文章が現れるのか、いっさい分からないのです。
<中略>知らないでいることには、勇気がいります。それは意識的な選択です。子どものような純粋さでいることと、この瞬間だけに意識を向けることは、同じことなのです。今この瞬間に集中するということは、意味を求めて過去を探ったり、何が起こりえるのかと将来を想像したりしないで、この瞬間だけに意識を向けるということです。そして次の瞬間が訪れたら、またその瞬間のみに意識を向けて、その次に訪れる瞬間にもまた新たに意識を向けることなのです。すると、人生は終わることなく連なった、新鮮な瞬間の連続となるのです。

(『心の自由を旅する旅 ブランドン・ベイズ 著
ハート出版 P.76より引用)

先日、83歳になられた堀貞一郎先生から、ある会合でのスピーチのやり方について興味深いお話を伺いました。元々、卓越した発想力と思考力をお持ちの方ですが、年齢と共に、スピーチの内容をちゃんと覚えていられるか、記憶力に不安が出てきたとのこと。
わたしは若干40歳にしてスピーチの途中で話が飛ぶことがある(!)ので、これは興味深いお話だと思い、「いったいどんな対策を考えているのか?」興味深く聞いていました。
すると、堀先生は意外な方法を紹介してくださいました。

「発想を切り替えたんです。どこまでやれるか自分に興味が湧いて、予め用意した話をするのではなく、壇上で思いついたことを、即興でしゃべることにしました」と。

通常、改まった場やおめでたい場では、主催者や参加者に失礼がないように、また楽しんでもらえるように、周到に準備するのが一般的です。堀先生も従来はそうされていたようです。
ところが、先日の会合では即興であいさつをし、それがまた、先にあいさつされた方の流れを絶妙に取り込んだ、すばらしいスピーチになったようで、参加者から続々とスピーチに対する感想のお便りが寄せられたそうです。
今までルーチンでやっているパターン化されたことの中に、即興性を少し取り入れてみると日常に新鮮さが取り込めます。わたしも先日、セミナーの冒頭に一部分をアドリブでやってみたら、我ながら面白いことが言えたことがありました。
一定の経験を重ねたからこそ、自分に対して、こまでやれるか興味を持ってみる。
そんな目線が、日常に新鮮さを吹き込んでくれそうです。

|

2012年5月10日 (木)

Vol.157『自問自答で、良いアイデアをゲットする方法。』

自分一人ではなかなかユニークで斬新なアイデアを見つけることが難しい」
「飲みの席で人と話していると、いくらでも良いアイデアが浮かぶんだけどな」
そんな体験、多くの人がしているのではないでしょうか。
わたし自身まさにそうだったのですが、では、それは何故なのでしょう?
もし一人でも、自問自答で良いアイデアをゲットできる方法があったら良いですよね?

最近、その方法に気がつきました。それは、あるトピックについて「質問“だけ”を考えて、それを書き出す」ということです。そこでは答えは一切考えない、のがミソです。
なぜなら、わたしたちが一人ではよいアイデアが見つかりにくい最大の理由は、「“質問”と同時に“答え”を考えようとするから」です。すると、どうなるでしょう?
そう、質問を思いついた時点では、よい答えは見つからないですよね。
すると、質問自体をボツにしてしまうのです。

なので、ひとまず質問だけを考えるのです。「この質問の答えが見つかったら、これは面白いぞ!」とワクワクする質問を考えてみる。そして時間差で、答えをゲットする。
たとえばわたしは先日、コンサルタント養成塾の生徒向けに、
「クライアントとの信頼関係をつくるには、“しゃべり方より聞き方が重要”である」話をしようと思い立ちました。このことは、感覚的には以前からわかっていたことです。でもその時点では、「なぜ、しゃべり方より聞き方が重要なのか?」の納得感のある理由まではわかりませんでした。すると、従来ならそのトピック自体を捨ててしまっていたのです。

しかしこの時は、「答えは後で見つければいいから、とりあえず質問を脳に放り込んでおこう」と気長に待つことにしました。すると、その答えは数日後のミーティングで降ってきました。今はiPhoneがメモ代わりなので、疑問や興味深いトピックが思いついたら、その場でメモします。そして、時間差でその答えが見つかったときにそれを書き加えます。

この「時間差作戦」だと、今のところ必ず答えをゲットできているので、徐々に質問の難易度を高めていっているところです。よろしければ、遊び感覚でお試しを!

|

2012年5月 9日 (水)

今月の本棚 【2012年4月】

1)幸せになるために捨てるもの84のリスト
  中野裕弓  著/日本文芸社
http://tinyurl.com/br9ujbr

手本より見本が大事。自分も相手もその方が断然自由がある。

2)自分の秘密
  北端康良  著/経済界
http://tinyurl.com/c5lsgg4

才能ある人物は、繰り返しという一貫性を持ち、そこにすべてのエネルギーを注ぎ込んだ人。

3)最強の法律学習ノート術
  木山泰嗣  著/弘文堂
http://tinyurl.com/cga3heu

ノートをつくったら、それを何度も読もう。

4)日本人が成功すんなら、アジアなんじゃねぇの? 
  豊永貴士 著/KKベストセラーズ
http://tinyurl.com/cr95wmr

5)日本人だからできるアジアビジネス成功術
  豊永貴士 著/KKベストセラーズ
http://tinyurl.com/c8bcvry

海外でビジネスをしたいが具体的に何ができるかわからないときに、アジアにアンテナを張るきっかけになる1冊。

|

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »