« Vol.156『価値を上げること以上に大切なこと。』 | トップページ | 今月の本棚 【2012年4月】 »

2012年4月25日 (水)

Vol.156『自分は何をビジネスとしているのか?』

本当に画期的な製品やサービスを創りたいなら、「自分は何をビジネスとしているのか?」と自問すべきだ。この答えは、見た目と大きく異なる場合がある。<中略>

スターバックスのビジネスは、コーヒーを売ることではなく、夢を売ることだ。職場でも家庭でもない「第3の場所」が欲しいと望む顧客に夢を売ることだ。品位と敬意をもって働く人を遇する職場が欲しいと望む従業員に夢を売ることだ。スターバックスはコーヒーをビジネスとしているのではなく、だからこそ、成功した。クレイニアムも、ゲームをビジネスとしていない。彼らのビジネスは自信を売ることだ。
アップルはコンピューターをビジネスとしていない。彼らのビジネスは個人に創造性を発揮してもらうことだ。製品と夢を区別できなければ、世界を変えるほどの製品やサービスを生み出すことはできない。

(『スティーブ・ジョブズ驚異のイノベーション カーマイン・ガロ 著
日経BPマーケティング P.223より引用)

わたしが13年前に経営コンサル業で独立した際、「何をビジネスとするか?」を深く考え続けました。コンサルなので一般的には「経営者が抱える問題解決の手助けをする」「経営者の意思決定のサポートをする」ということになるのでしょうが、それでは当たり前過ぎて、言っているわたしがピンと来ません。間違ってはいないが、核心を突いていない感覚でした。

たとえば営業のときに、わたしのコンサルに興味を持ってくださっている見込み客が心の底から求めていることは、そこではないと。では、何か!? そこを考え続けた結果、浮かんだ言葉が「社外にいるナンバー2」あるいは「社外幹部」というコンセプトでした。

その当時、わたしが対象にしていた社員10人以下の会社では、アイデア豊かな社長の考えをさらに広げたり深めたり、今すぐできるはじめの一歩に具体化してくれる優秀な幹部を求めていました。しかし常勤で雇うだけの経済的余裕はなく、また常勤で雇う必要もありませんでした。そこで、わたしが「社外幹部」として月に1回、最重要テーマについて濃密なディスカッションを行い、それ以外もメールや電話で常につながっている関係をつくれたら、成長意欲の高い前向きな社長のビジネスが加速すると発想したのです。その世界観を伝え始めた瞬間、そこに共感してくださった方たちに支持され、今に至っています。

「コンサルは問題解決を提供するもの」という固定概念を外し、「関係性を提供する」と定義したことで、ビジョナリーパートナーとしての今のわたしのビジネスが生まれました。 あなたは何をビジネスとしていますか?

|

« Vol.156『価値を上げること以上に大切なこと。』 | トップページ | 今月の本棚 【2012年4月】 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事