« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月25日 (水)

Vol.153『自分独自の基準をつくる。』

このように大手にとって向かい風の世の中を、規模の小さい会社は、逆手に取ることができるのだ。例えば、送付する資料の中で、次のように説明したらどうだろう。

「私たちの欠点は、正直なところ、小さな会社だということです。
 これは、今まで規模を追わない、無借金の堅実経営をしてきた結果です。
 でも小さいからこそ、お客様一人ひとりに、ご期待以上のサービスを提供することができます」

大手企業がそろいもそろって、首まで借金漬けになっている状況の下、堅実無借金ということは、大きな差別化だ。
きちんと説明することにより、規模が小さいほうがむしろ有利に立てるのである。

(『新版 小予算で優良顧客をつかむ方法 神田昌典 著
ダイヤモンド社 P.96より引用)

周りの基準で生きていると、そこに自分をあわせようとして、ときに息苦しく感じることがあります。先日、ある歯科医院の院長から次の相談を受けました。

「和仁さんから見て、わたしがどんなことをしたら面白いと思いますか?」

彼は、規模的には業界の中では特別に大きいほうではないのですが、その取り組みがとてもユニークでした。診療で痛みがないのは当然として、スタッフの接客や待合室の空間づくり、診療時以外の定期的なイベントを通して、子どもが歯医者に行くのが楽しくなるような工夫を無数にしているのです。そのため、お母さんが歯医者に行くというと、子どもが「ボクも行きたい!」と訴えるケースも多いそうです。

彼がそこまで子どもの診療に情熱を注ぐ理由を聞いていくと、
「未来の日本をつくる子どもたちを健康面からサポートすることで、未来の発展に私自身が関わっている実感があるから」
とのこと。そんな価値観を持つ院長なので、わたしは次のようにお話ししました。

「一度来院した子どもは100%定期メンテナンスに通い続ける歯科を目指しては?」と。その瞬間、目がパッと輝きました。人は測定できる基準があると、さらに改善する欲求が高まります。売上や医院の規模を大きくすることに情熱を持てずに悶々としていたところに、新しい基準が生まれた瞬間でした。
あなたが一番関心あるテーマを追求したときに、どんなユニークな基準で測定できますか?

|

2012年1月10日 (火)

Vol.153『「何度言っても変わらない!」真の理由は?』

社員にとってメリットがある指示をしているのに、ちっとも変わらないことがあります。
たとえば、「残業せずに早く帰りなさい」という指示。ダラダラ長くやるより、段取りよく集中してやることで、会社としては必要以上の残業代を軽減できます。
一方、社員にとっても、早く帰ってゆっくり休んだり、遊びにいったり、家族との時間を過ごせるなど、メリットがある指示のはず。それなのに、なぜか行動に移されない。
そんなケースは多くの会社でみられます。 そこで、ある会社で現場の社員たちに実際のところをヒアリングしてみたところ、次のような本音が隠れていました。

1)「早く終わると面倒なことが待っている
   (他のことをやらされる)のではないか?」
2)「本当に早く帰ると、『自分だけ先に帰って冷たいヤツ』と
   陰口を言われるのではないか?」
3)「もし早く仕上げると、次から会社の要求基準が引き上がって、
   ますます大変になるのではないか?」

いずれも、言われてみれば納得の疑問です。しかしながら、それを上司や社長にストレートに言える人はいませんでした。いずれもネガティブな疑問なので、自分の評価が下がることを恐れるからです。このときは、第三者の私が「何を言っても否定しない、説得しない」という安心領域をつくった上でヒアリングしたから出てきた本音でした。
その会社では、専務が翌日全体ミーティングを開き、「早く帰ることを会社が推奨する意図と、気兼ねは不要である理由」「早く帰れる人は努力している証であり陰口は論外」「早く仕上がって、仮に会社の要求基準が上がるときは、休みやボーナスが増えるなど社員への還元も伴うこと」の確認をしました。さらに、その日から18時に5分間の夕礼を行い、残りの作業量を全員で共有したところ、それまでより1時間以上、残業が減りはじめました。

「何度言っても変わらない」とき、その本当の理由がどこにあるか、を知っておくことは、効果のある対策を打つ上でとても大切なことだと再認識しました。

|

2012年1月 5日 (木)

今月の本棚 【2011年12月】

1)40代男塾
  インタビュアー高橋恭一 著/ビジネス社
http://tinyurl.com/7zokqav

人生80年の中で、40代はど真ん中世代。
気力体力もあって、経験値が蓄積された今だからこそ好奇心旺盛にどんどんチャレンジしたい。

2)新版小予算で優良顧客をつかむ方法
  神田昌典 著/ダイヤモンド社
http://tinyurl.com/82to423

お客さん目線の言葉で語ることの大切さを思い出させてくれる。 

3)社長はなぜ、あなたのことを幹部にしないのか?
  小山昇 著/日経BP社
http://tinyurl.com/7rwroc7

社長は幹部社員に何を期待しているのか、を言語化してくれている。

4)頭の雑音を掃除する「メモ化」
  今村暁 著/廣済堂出版
http://tinyurl.com/7x94uac

怒りは不満の感情は、自分になにかを気づかせてくれる天からのメッセージ。そのメッセージに気づいたら、安心して捨てよう。

|

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »