« 今月の本棚 【2011年8月】 | トップページ | Vol.149『身近な人の成功を自分のエネルギーに利用するには?』 »

2011年9月12日 (月)

Vol.149『やりたいことを先送りせずにやれる方法。』

「時間ができたら、これをやりたい」と思っていながら、何ヶ月も先送りにしていることはありませんか?

たとえば、趣味や娯楽の本を読む、フェイスブック活用の研究をする、連休の旅行のプランを立てる、あの人にひと言電話しておきたいと思って先送りしていた件、など。

数ヶ月前、やることが膨大にありすぎて、少し心が窮屈になっていたある日のことです。

わたしもそんな「やりたいことの先送り」がたくさんあることに気づき、1つの小さな挑戦をしました。それは、「平日の午前中にオフィスに直行せずカフェに寄り道して、前から読みたかった娯楽の本を読む」こと。つまり、やるべきことは午後からやる、と決めて、午前中は自分の心を喜ばせることにしました。

そして午後からその日に予定してあった業務に取り組んだのですが、正直びっくりしました。

その日丸1日かかる予定だった業務を、午後からの半日ですべてやりきれたからです。

それができたのは、期限が迫っているので、余計なこと(ネットサーフィンや不要なメールやチラシをダラダラ読むなど)をせず、火事場のバカ力を発揮して全力でやったからだと思います。

ふつうは「やるべきことをやり残すのが怖い」ので、「やるべきこと」を先にやります。

でもこれだと、「やりたいこと」は永遠にやれない。

「やるべきこと」がその日のうちにやり終えられるのは、今日中にやらなければならない「理由」があるからです。しかし「やりたいこと」はその理由がありません。ということは、一生それをやる日は来ないということになる。

それ以来、わたしは時々それまでの順番を逆転させて、「先にやりたいことをやり、その後にやるべきことをやる」を試していますが、今のところ問題が起きたことはありません。

「やるべきことはなんとか帳尻をあわせられる」と信じて、まずは月1日、できれば週1日くらい、そんな順番の逆転にトライしてみてはどうでしょうか。

人生に刺激のスパイスが添えられると思いますよ。

|

« 今月の本棚 【2011年8月】 | トップページ | Vol.149『身近な人の成功を自分のエネルギーに利用するには?』 »

今月のワニレポ(今月の気づき)」カテゴリの記事