« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月25日 (日)

Vol.149『身近な人の成功を自分のエネルギーに利用するには?』

こんな話があります。あるホテルの新人研修で、「500脚の椅子を5分で並べ替えてください」という課題がだされました。1チームが5人だったと記憶しますが、みな会場に並べられた椅子の多さを見て圧倒されるのか、すべてセットするのに15分ほどかかります。

そして、「これ以上は、無理です」と口々にいうわけです。

ところが、「よそのチームは3分半でやったぞ」というと、「よし、やってやろうじゃないか」と全員の心構えが変わりました。その結果、すべてのチームが5分以内に椅子を並べ替えることに成功し、一番のチームは3分でやり終えたのです。なぜこのようなことが起こるのか。

それは、人間が限界を決めているからです。

たいていの人は、自分の中の気持ちの変化が大きく行動を変えるということを知りません。

知っているという人も、たいていは頭で理解しているだけで、実践によって知ったという人はごく少数です。そのため、ほとんどの人は、圧倒されるほどの仕事が目の前に並ぶと、すぐに「無理だ」と思ってしまいます。

誰もが自分自身の視野の限界を、世界の限界だと思い込んでいる。

(『30代でやるべきこと、やってはいけないこと井上裕之
フォレスト出版 P.105より引用)

身近な人、スタート時点が自分とさほど変わらない(と思っている)人が、成功していくと、どんな感情が湧いてくるでしょうか? 社会人になりたての頃、わたしは「同期入社の友人がどんどん成果を出していくのに引き換え、自分はこの程度で情けない・・・」と落ち込むことが度々でした。このような発想をする人は、少なくないように思います。でもこれを続けていると、劣等感を深めて、本来の力を発揮できず、どんどん萎縮していきます。

わたしはそこに気づき、あるときから次のように発想を転換しました。

「あの人でもできるなら、わたしにもできるという証拠じゃないか?」と。

テレビに出てくるようなスーパースターでもなく、その道数十年の大ベテランでもなく、スタート地点が自分と同じ人にできたことなら、大抵のことはやりようがあるはず。

ただ唯一の問題は、その「やり方」を今は知らないだけ。

しかし多くの場合、そこでやり方だけを尋ねても、あまり参考になりません。それをやる前の自分には過剰に大変そうに聞こえて、やる気にならないからです。やり方を尋ねる前に聞いておきたいこと、それは「それをやろうと思った、その人なりの動機」です。

たとえば、「英語で1時間のプレゼンをやる」のは大変そうに聞こえますが、その結果、海外の顧客開拓の道が開け、売上が倍増するチャンスがあったら、心は前向きになるかも知れません。

「これを今やれるようにしておくと、次にこんなことができるから」というような動機も含めて聞き出し共感できたときに「やってみよう!」というエネルギーになるようです。

|

2011年9月12日 (月)

Vol.149『やりたいことを先送りせずにやれる方法。』

「時間ができたら、これをやりたい」と思っていながら、何ヶ月も先送りにしていることはありませんか?

たとえば、趣味や娯楽の本を読む、フェイスブック活用の研究をする、連休の旅行のプランを立てる、あの人にひと言電話しておきたいと思って先送りしていた件、など。

数ヶ月前、やることが膨大にありすぎて、少し心が窮屈になっていたある日のことです。

わたしもそんな「やりたいことの先送り」がたくさんあることに気づき、1つの小さな挑戦をしました。それは、「平日の午前中にオフィスに直行せずカフェに寄り道して、前から読みたかった娯楽の本を読む」こと。つまり、やるべきことは午後からやる、と決めて、午前中は自分の心を喜ばせることにしました。

そして午後からその日に予定してあった業務に取り組んだのですが、正直びっくりしました。

その日丸1日かかる予定だった業務を、午後からの半日ですべてやりきれたからです。

それができたのは、期限が迫っているので、余計なこと(ネットサーフィンや不要なメールやチラシをダラダラ読むなど)をせず、火事場のバカ力を発揮して全力でやったからだと思います。

ふつうは「やるべきことをやり残すのが怖い」ので、「やるべきこと」を先にやります。

でもこれだと、「やりたいこと」は永遠にやれない。

「やるべきこと」がその日のうちにやり終えられるのは、今日中にやらなければならない「理由」があるからです。しかし「やりたいこと」はその理由がありません。ということは、一生それをやる日は来ないということになる。

それ以来、わたしは時々それまでの順番を逆転させて、「先にやりたいことをやり、その後にやるべきことをやる」を試していますが、今のところ問題が起きたことはありません。

「やるべきことはなんとか帳尻をあわせられる」と信じて、まずは月1日、できれば週1日くらい、そんな順番の逆転にトライしてみてはどうでしょうか。

人生に刺激のスパイスが添えられると思いますよ。

|

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »