« Vol.146『相手の核心に一瞬で踏み込む、たった1つの質問。』 | トップページ | Vol.147『土俵を選んだ瞬間、つきあう人の層は決まる!?』 »

2011年6月25日 (土)

Vol.146『エネルギーを奪う相手に巻き込まれない方法。』

尋問者も別の種類のドラマです。この方法でエネルギーを取る人は、何か誤りを見つけ出すという特定の目的をもって、質問をしては他人の世界に介入します。誤りを見つけると、尋問者は相手のその点を批判します。この戦略が成功すると、批判された人はそのドラマに引き込まれます。そして、尋問者のまわりにいると、自分のことが急に気になるようになったのに気がつきます。そして、尋問者の言動に注意を払い、何か間違ったことをして尋問者に見つからないように、気をつけるのです。この精神的な防御が、尋問者に望みどおりのエネルギーを与えてしまうのです。
こんな人のそばにいた時のことを、思い出して下さい。尋問者のドラマに巻き込まれてしまうと、あなたはその人に批判されないように、行動しがちではありませんか?彼はあなたに自分を失わせて、あなたのエネルギーを吸い取るのです。それはあなたが、相手がどう思うかによって、自分自身を判断しているからなのです」

(『聖なる予言ジェームズ・レッドフィールド
角川文庫 P.203より引用)

しばらく前に、講演活動をし始めたばかりの知人から、次の相談を受けたことがありました。
「講師(自分)が答えに困りそうなこと、たとえば話の矛盾点を突いた指摘を、講演の途中で"質問"という形で突いてくる人がたまにいます。そんなとき、動揺して頭が真っ白になるのですが、どうしたらいいでしょうか?」

わたしも以前はそのような体験をよくしました。そして気がついたことがあります。
それは、その相手(質問者)は、わたしに対してだけでなく、他所でも同じような言動をしている、ということです。つまり、その言動はその人のドラマ(パターン)なのです。

ここで大切なことは、まず、自分を見失わないこと。そのためには、上記の引用にあるように、相手のドラマをいち早く見抜くことです。そして、たとえば逆にこう問い返してみます。

「その質問をする意図は何ですか?」
すると、その人は無意識で自分のドラマから発している質問に向き合うことになります。
そしてベクトルが相手ではなく自分に向かうため、場の空気が逆転します。
ちなみに、「自分の中に十分に考え抜いた答えを隠し持っておいて、相手に質問することで優位に立とう」とする人がいますが、これも同様です。そんなときは、逆に
「ちなみに、あなた自身はどうお考えですか?」
と問い返すと、相手のドラマにつきあわずに済みます。もちろん、「あえて」つきあうこともできます。無意識を意識化することで、自由に選択できるとしたら、良いですよね。

|

« Vol.146『相手の核心に一瞬で踏み込む、たった1つの質問。』 | トップページ | Vol.147『土俵を選んだ瞬間、つきあう人の層は決まる!?』 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事