« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月11日 (火)

Vol.141『習いはじめの落とし穴とは?』

(漆)授業では、所作を覚えたからといって、これ見よがしにひけらかすことは良くないということも教えていただきました。
(宗家)小笠原流の伝書には、「無躾は目に立たぬかは躾とて目に立つならばそれも無躾」という教え歌がございます。身につけたことをひけらかしてしまうふるまいは、作法を知らないことと同じほどに失礼であるという意味です。また、先代がたびたび門弟に伝えていたことがございます。お稽古のなかで「お焼香」の作法を学ぶことがあるのですが、あるとき、門弟の1人が先代に、「先月、お焼香のお稽古ができて良かったです。そのすぐ後に応用できる機会がありまして・・・」と申したため、先代はそれを厳しく注意いたしました。
悲しみの席で、自分が上手にできたことに満足するというのは、根底にある心が身についていない証拠である。個人や遺族に対する思いがあれば、悲しみのあまり手が震え、焼香台を倒してしまうことがあったとしても仕方がない。それは、作法からすれば過ちだが、それ以上に、そこに心が存在していることのほうが大事なのだ、と。このエピソードに象徴されますように、形だけでは不十分なのです。

(『女の子が幸せになる授業
漆紫穂子 著 小学館 P.22より引用)

新しいことを覚えたときや、手に入れたとき、つい舞い上がってそれを人に見せびらかせたくなることってありませんか?わたしも先日、新しいマックのノートパソコンを購入したとき、その薄さ(封筒に入るほど!)に感動し、数週間は、わざわざ人前で封筒から取り出して、それを話題にするという、子供みたいなことをしていました。
それも嫌みじゃない程度なら、微笑ましいアイスブレイクですみますが、新しい手法を覚えたコンサルタントが、それをこれ見よがしにクライアントに見せつけるのは、ちょっと考えものです。実は何を隠そう、わたしも以前、苦い思い出があります。

独立して間もない頃、新しいマーケティング手法を学んだわたしは、それを自信満々にクライアントに提案。その社長はひととおり話を聞くと、「それはウチには当てはまらないよね」とひと言。真っ赤になって、あわてて提案を引っ込めたのを今でも覚えています。
独立して間もなく、気負いもあったのでしょう。でもそのときのわたしのフォーカスは、「クライアントの課題解決」ではなく、「その新ノウハウを試すこと」にあったのだと思います。

そのとき、わたしは「知識や情報をツール(道具)にしている仕事だからこそ、それに振り回されないように、その目的に集中しておくことが大切なんだ!」と学びました。
それ以来、習いはじめのときほど、その目的を紙に書き出して忘れないようにしています。

|

Vol.141『継続する秘訣は?』

「ところで、和仁さんは“続ける”のが上手だけど、どうして続けられるの?」
という質問を友人から受けました。考えてみれば、これまで長く続いていることがいくつかあります。たとえば、このワニレポは独立当初から12年間。英語のコーチをつけてのレッスンも7年間。ビジネスコーチは9年間、同一人物にお世話になっています。
自分が主宰している交流会はサラリーマン時代から続けているので、15年間。
少林寺拳法にいたっては、大学時代から20年間、続いています。

「なぜ、飽きずにそんなに続けられるんですか?」
と尋ねられ、その理由を考えてみたところ、1つ思い当たることがありました。
もちろん「(続けられる根気のある)性格だから」というのも理由の1つだとは思いますが、それとは別に、わたしが大切にしていることが1つあります。それは、
それを続ける動機をいくつも複数、つくる」ということ。
たとえば、少林寺拳法を(頻度はかなり少ないながらも)長年続けているのは、

1)健康を保てるから(大学から続けているので、しばらく間が空いても体が覚えている)
2)コミュニケーションの学びになるから(仕事が順調で調子に乗っているときは、道場でも力づくで技をかけようとしていることに気づく)
3)ビジネス抜きで年齢幅のある交流が、気分転換になるから(一人コツコツ、より楽しい)
4)周りの尊敬の視線を受けられるから(「今でも続けているなんてスゴい」と言われる)
5)比喩として武道の話をセミナーで使う際、現役でやっていると説得力が増すから

というように、打算的なものも含めて、複数の動機をそこにつくっているからです。実は、これは新しいことを始める際にも、応用できます。

以前、英会話のコーチをつけたときには、①いずれ外国人に講演をする、②海外で本の出版や翻訳をする、③将来海外にビジネス拠点をおく、などの動機を見いだし、それに比べれば安い投資だと考えました。そう考えると、「続ける」とは、「新しく始める」を繰り返し続けた結果なのかもしれません。続けたいことの動機、いくつ考えつきますか?

|

今月の本棚 【2010年12月】

1)チェンジメーカー
  渡邊奈々 著/日経BP社

アショカ財団の考え方は、近い将来、日本にも
広まるだろう。

2)やりたいことがないヤツは社会起業家になれ
  山本繁 著/メディアファクトリー

ちゃんと利益をまわしながら世直しをする。
こういう感覚がこれから当たり前になるのだろう。

3)「社会を変える」を仕事にする
  駒崎弘樹 著/英治出版

学生のうちに読んでおきたい1冊。

4)テレビで売り上げ100倍にする私の方法
  野呂エイシロウ 著/講談社BIZ

何事も、応募が大事。宝くじを買うより、よっぽど
確率が高いものがあることに気づかされる。

5)わたしの人生に奇跡を起こしたマーフィー100の言葉
  井上裕之 著/きこ書房

俯瞰して、ふだんの習慣が望む結果につながっているかを
チェックしたいときに読みたい1冊。

|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »