« 今月の本棚 【2010年10月】 | トップページ | Vol.139『本能を目覚めさせる。』 »

2010年11月 2日 (火)

Vol.139『自分のボトルネックを突き止める。』

人並以上に努力をしているのに、なぜかもう一歩、期待した成果が出ないと感じることはありませんか?「何か1点、そこを解消したらすべてが順調に流れ出すのに・・・」という停滞点、つまりボトルネックは誰にでもあるものです。

わたしは経営者やビジネスパーソンの相談に乗る中で、人が持つボトルネックには、およそ7つあるとわかってきました。その中でも、とくに影響力が大きいのが、「人(お客さん、社員、取引先)に批判される恐怖」だと思います。

わたし自身、かつて「人に批判される恐怖」を強く感じていたときがありました。
「自分には人にこんなことを言う資格があるのか?」「それを指摘する以上、逆に自分のダメな点も指摘されるのではないか?」などの葛藤がありました。しかしコンサルタントという職業は、言いにくいこともきちんと指摘し提言しなければならない場面が必ずあります。
そして、それを克服したと思った頃、今度は次の葛藤に直面しました。
自分のコンサルティング報酬の単価アップを既存のクライアントに了解いただくことです。
独立当初と、数年が経ち相応の経験を経てきたその時とでは、提供できる価値が同じとは思えなかったので、値上げを決断したのです。しかし、これは勇気がいります。
「だったら、もう契約解除しよう」「和仁さん、最近いい気になってるんじゃないの」
など、やはり批判される恐怖が頭をよぎります。しかし、これも避けては通れないと確信していたので、断行しました。

このような恐怖は時として、行動にブレーキをかけたりします。
しかし、そのブレーキをかけたままで時間が過ぎていったとき、10年後の自分は、今の自分に何と声をかけるのだろう?
そう考えたとき、わたしはゾッとしました。時間を浪費した先にある自分の姿が、カッコ悪く思えたからです。人の批判に気が向いているときは、自分がやりたいことがボヤけていることが多い。気が散っているから、「周りにどう思われるか?」ばかり気になるのです。
それは、「自分がどうしたいか?」を真剣に考えるための警告なのかも知れません。
そう考えると、ボトルネックとも上手くつきあっていけるような気がします。

|

« 今月の本棚 【2010年10月】 | トップページ | Vol.139『本能を目覚めさせる。』 »

今月のワニレポ(今月の気づき)」カテゴリの記事