« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月 2日 (火)

Vol.139『本能を目覚めさせる。』

どうして年をとると能力が低下するという通説が世間にあるのか。私は次のように考える。
年とともにお金がたまる。不動産もできて家族の数も増えて、世間的な名声もできて、地位が安定する。地位が安定するということは、自分を檻の中に入れているわけだから、
ジャングルの中にいる猛獣と違ってカンが鈍る。カンが鈍るということは判断力がなくなることである。つまり中高年は年齢の故に能力が落ちるのではない。年齢の上にあぐらをかくから、生活が安定するから、性能が低下すると思うのである。私は死ぬ瞬間まで能力を低下させない方針であるから、それで十年に1度ずつ商売を変えるわけである。
面白がって変えるのではない。十年に1度ずつ職業を変えると、一年から一年半失業する。専門を変えると収入はゼロになる。月給をもらいながらやるのと、収入がゼロになってからやる勉強とでは桁が違う。六ヶ月ぐらいの食いぶちは稼いでおくのであるが、一年半となるとあとの1年は必死になって、何かで食べていかなければならない。餌をどうやって見付けるかとなると、すごい本能が働いてくる。世の中はどちらに動くか、こんどは何をやろうかという時に、すごいカンが働いてくるのである。

(『新逆転の発想糸川英夫 著
PHP文庫 P.167より引用)

安全領域にずっと浸っていると、ラクだけど鍛えられることはありません。「火事場のバカ力」という言葉があるように、人は窮地に追い込まれると、本気モードにスイッチオンして、本能が目覚め、眠っていた力が発揮される。そのきっかけはピンチだったりします。
お金に限らず、時間の使い方でも同じことが言えます。

たとえば私は、セミナーの企画や本の執筆など、仕事をするときはかなり前倒しで計画を立て準備する習慣があります。それは、後になってバタバタと慌てることを避けたいからです。一見、「常に前もって計画的に準備してスバラシイですね」と良い評価が与えられそうですが、最近このやり方に疑問を感じ始めました。なぜなら、かえって効率が悪いように思えてきたからです。
切羽詰まっていない段階では、アイデアに無理矢理っぽさが出て、使えないことが多い。
また、心の中で「まだ先だから、まあこの程度でいいか」という油断があるので、かえって余計な時間をかけてしまう。つまり、本気モードになりにくいのです。

しかし、締め切りが近づいて、「さすがにそろそろ手をつけなくては」と思い始めたときには、お尻に火がついて本気モードになっているので、脳が活性化して、気持ちも前のめりになっています。また、若手時代と違って、今は最悪でもなんとか帳尻をあわせるだけの実力も備わっているので、多少はピンチな状況を作り出したほうが良いのです。ピンチを自らデザインする。スリリングですが、日常に緊張感を取り戻したい方はお試しください。

|

Vol.139『自分のボトルネックを突き止める。』

人並以上に努力をしているのに、なぜかもう一歩、期待した成果が出ないと感じることはありませんか?「何か1点、そこを解消したらすべてが順調に流れ出すのに・・・」という停滞点、つまりボトルネックは誰にでもあるものです。

わたしは経営者やビジネスパーソンの相談に乗る中で、人が持つボトルネックには、およそ7つあるとわかってきました。その中でも、とくに影響力が大きいのが、「人(お客さん、社員、取引先)に批判される恐怖」だと思います。

わたし自身、かつて「人に批判される恐怖」を強く感じていたときがありました。
「自分には人にこんなことを言う資格があるのか?」「それを指摘する以上、逆に自分のダメな点も指摘されるのではないか?」などの葛藤がありました。しかしコンサルタントという職業は、言いにくいこともきちんと指摘し提言しなければならない場面が必ずあります。
そして、それを克服したと思った頃、今度は次の葛藤に直面しました。
自分のコンサルティング報酬の単価アップを既存のクライアントに了解いただくことです。
独立当初と、数年が経ち相応の経験を経てきたその時とでは、提供できる価値が同じとは思えなかったので、値上げを決断したのです。しかし、これは勇気がいります。
「だったら、もう契約解除しよう」「和仁さん、最近いい気になってるんじゃないの」
など、やはり批判される恐怖が頭をよぎります。しかし、これも避けては通れないと確信していたので、断行しました。

このような恐怖は時として、行動にブレーキをかけたりします。
しかし、そのブレーキをかけたままで時間が過ぎていったとき、10年後の自分は、今の自分に何と声をかけるのだろう?
そう考えたとき、わたしはゾッとしました。時間を浪費した先にある自分の姿が、カッコ悪く思えたからです。人の批判に気が向いているときは、自分がやりたいことがボヤけていることが多い。気が散っているから、「周りにどう思われるか?」ばかり気になるのです。
それは、「自分がどうしたいか?」を真剣に考えるための警告なのかも知れません。
そう考えると、ボトルネックとも上手くつきあっていけるような気がします。

|

今月の本棚 【2010年10月】

1)ビジネスマンの父より息子への30通の手紙
  キングスレイ・ウォード 著/新潮文庫

「もっと大きくなれるのに、なんと小さな俗物であることよ」

2)新逆転の発想 上巻
  糸川英夫 著/PHP文庫

部品づくりから回路づくりにシフトする。

3)新逆転の発想 下巻
  糸川英夫 著/PHP文庫

失業は最良の教育である。

4)そこまで言うか!
  ホリエモン・勝間和代・ひろゆき 著/青志社

5)日本経済の真実
  辛坊治郎・辛坊正記 著/幻冬舎

6)波動の法則
  安達育朗 著/ナチュラルスピリット

決心すると、受信と発信の装置が増える。その結果、実現に向かう。
ならば、決心の数が多いほうが充実した人生になるのだろう。

7)人生は1勝9敗でいい!
  浅野哲 著/フォレスト出版

最悪と最善は紙一重。人生の決断は、一度場を外して
冷静に考えるべし。

8)お金の神様
  中原圭介 著/講談社

安全保障にも経済の問題が含まれていることを理解する必要がある。

9)声を出して覚える般若心経
  大栗道榮 著/中経出版

10)空海!感動の人生学
   大栗道榮 著/中経出版

11)人生で一番大切なのに誰も教えてくれなかった信頼関係の作り方
   朝倉千恵子 著/フォレスト出版

12)あなたの経験には意味がある
   礒一明 著/ビジネス社

13)億万長者の秘密をきみに教えよう!
   ロジャー・ハミルトン 著/中経出版

14)神社が教えてくれた人生の一番大切なこと
   和田裕美 著/マガジンハウス

|

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »