« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月 5日 (火)

Vol.138『プロのアタマを借りるのも、才能。』

上司からアドバイスをもらったり、本を読んで学んだりした情報を、だれもが「自分なりにアレンジして習得しよう」としてしまいます。人の良いところを「そのままコピーしたり、真似しちゃうと、カッコ悪い」と思うのでしょうね。でも、ちょっと待って。僕は、大いに「完璧コピペ(完全に真似すること)」すべきだと思うのですね。だって、自分よりも実績や結果を残しているプロのアドバイスをですよ・・・、「プロより劣っている自分が勝手にアレンジしちゃったら、失敗する確率のほうが高くなる」と思いませんか?
<中略>まずは「完璧コピペ」。そして実績ができてから、自分なりのアレンジを加えていけばいい。「私はまだまだ未熟だ」、「僕はまだまだバカリーマンだ」、「私はまだまだこれからだ」と思っている人は、「自分なりのアレンジ」なんて、まだまだ100万光年早いっちゅ~の!自分の型をつくる前に、まずは「プロが実績を出している型」を覚えるために、「完璧コピペ」をすべきなんです。

(『バカでも年収1000万円伊藤喜之 著
ダイヤモンド出版 P.150より引用)

先日、本書著者の伊藤さんと数人で行動していたときのこと。彼が「本の内容を徹底しているな~」と印象深い出来事がありました。その日、12件の書店営業を終えた私たちは、「せっかく大阪に来たので、夕食はおいしいたこ焼きを食べよう!」という話になりました。
皆、すぐさま携帯を取り出し、路上で店探しに入りました。ネットでお店を探す人。誰かに電話をかける人。そしてハナから自分で探す気はなく、ただ待っているだけのわたし。。。

数分後、伊藤さんが電話を切るや「店、見つかりました。絶対、はずさないと思います」と一番手でお店を探し出しました。ちなみに、彼には大阪に詳しい知人はいません。
さて、彼はどうやっておいしいたこ焼き屋を探したと思いますか?

実は彼は、その日泊まる予定のホテルのコンシェルジュに電話をしていたのです。
「ホテルの近くで、最高においしいたこ焼き屋を教えてください」とリクエストを出し、お店に連絡を入れさせ、席の予約までしておいてもらっていたのです。そして10分後、わたしたちはお店に到着。人気店らしく予約済みの1テーブル以外は既に満席。わたしたちは予約のおかげで、スムーズにおいしいたこ焼きにありつけたのです。今はレストランの口コミサイトが充実しているので、ネットで探すのが一般的。でもそれだと情報収集はできたとしても、最終的にどの店を選ぶのかは、「大阪に詳しくない自分のアタマ」で決めることになります。それなら、情報収集だけでなく、選択そのものをプロに任せたほうが、最高の結果が期待できるのは当然と言えば当然。「どれにするかを考える」のではなく「誰のアタマを借りるかを考える」。その思考パターンがわたしには衝撃的でした。

|

Vol.138『お願いごとをして嫌な顔をされないために。』

人にお願いごとをするのは、誰でも多かれ少なかれ、抵抗感があるものです。
「断られたらどうしよう」「負担をかけて申し訳ないな」「そもそも、こんなお願いをできる関係だろうか?」など、様々な思いが脳裏をよぎるからです。
そんなときに、お願いをする側として考えておきたいことが2つあります。
それは、「どうすれば協力者の負担を最小限にできるか?」そして「それによって、多少なりとも協力者にもメリットを提供できるとしたら、なにか?」の2つです。

先日、わたしは新刊のキャンペーン用プレゼントとして、「社員の年収を100万円アップした社長のインタビュー音声を7人分用意する」という緊急課題に直面しました。
出版まで期間が2週間しかなく、すでにコンサルやセミナーの予定がぎっしり埋まっている中で、「誰に相談をするか?」、また「どうやって日程調整をし、インタビューを完了するか?」を考えるのと同時に、上の2つの質問を考えました。

まず、「協力者の負担を最小限にする」ために、①余計な時間をとらせないよう、対面ではなく電話で行う、②簡単な打ち合わせも込みで、インタビューを20分で完了させる、③前もって趣旨と4つの質問を箇条書きにしてメールで伝え、考えを整理しておいてもらう、という方針を決め、その段取りをおこないました。

次に、「それによって多少なりとも協力者にメリットを提供する」ために、①その音声ファイルを(他の6人の社長の音声ファイルとあわせて)協力者の会社の社員に聞かせる教育ツールとしても使えるよう、データで提供する、②全国の本の読者に広く聞かれることで、多少なりとも宣伝になる(といいな!)、の2つを考えました。

結果的に協力のお願いをした7人はみなさん快諾してくださり、無事キャンペーンを成功に終えることができました。(本当にありがとうございます!)
断られる恐怖が先にくると、前進できません。そんなときは、「お願いをする側なりに、どんな配慮ができるか?」を考えることで、勇気を出してお願いができたりします。
改めて、先日協力いただいたみなさん、この場を借りてお礼を申し上げます。

|

今月の本棚 【2010年9月】

1)一週間熟睡法
 さかもとはるゆき 著/中経出版

「寝る」と「眠る」は違った。
ボディスキャニングは毎日の習慣にしたい。

2)趣味力でがっちり儲ける個人輸入
 掘英郎 著/コスモトゥーワン

3)弁護士が書いた究極の法律力
 木山泰嗣 著/法学書

4)バカでも年収1000万円
 伊藤喜之 著/ダイヤモンド社

今月3日間ご一緒したが、公私ともにこの本のノウハウを
実践している姿はすごい。

5)ゼロ金利に慣れてしまった人のためのオフショア投資入門
 渡辺雅子 著/光文社

6)「知の衰退」からいかに脱出するか?
 大前研一 著/光文社

7)1日10分であらゆる問題がスッキリする「ひとり会議」の教科書
 山崎拓巳 著/サンクチュアリ出版

肉体的な疲れには休息を。精神的な疲れには新しい世界を。

8)世界一わかりやすいコスト削減の授業
 若井吉樹 著/サンマーク出版

9)世界一わかりやすい在庫削減の授業
 若井吉樹 著/サンマーク出版

コンサル会社でも在庫はある。ノウハウをパッケージ化した商材は
いずれ陳腐化する。それに前もって備えてあるか?

|

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »