« Vol.137『職人気質の経営者が陥る落とし穴。』 | トップページ | 今月の本棚 【2010年9月】 »

2010年9月 2日 (木)

Vol.137『自分では思いつかない選択肢に乗ってみる。』

よくよく振り返ってみると、じつは僕にも、「たくさんのチャンス」が降りてきていました。「先輩からパーティーに誘われたり」とか、「勉強のしかたを教えてもらったり」とか、「友だちだから海外旅行に誘われたり」とか・・・、いくらでも自分を変えるチャンスはあったはずです。それなのに、自らチャンスを見落としていた。というより、はなから
「それがチャンスだ!」と気づいていなかった。「自分には関係ないな」とか、「自分とは会わないよ」とか、「自分の考え方とは違うし・・・」という理由で、そのチャンスをつかみにいっていなかったのです。「いまの自分らしいもの、いまの自分に向いているもの、いまの自分に合っているものだけを選んでいたら・・・?いつまでたっても、いまと同じ自分のまま!?自分を大きく変えることはできないのではないか・・・!?」<中略
そう仮説を立てた僕は、「じゃあ、いままでチョイスしなかった選択肢や、やったことのないものを積極的に受け入れてみようというルール」をつくってみたんです。

(『バカでも年収1000万円伊藤喜之 著
ダイヤモンド出版 P.40より引用)

自分の枠を広げるには、「自分には思いつかない選択肢を出してくれる人の声」はとても役に立ちます。今月、わたしが新しい本を出版するにあたり、出版社でキャンペーンのアイデアを話し合っていたときのことです。「どんな特典を用意するか」という話の中で、ただでさえ時間に余裕がない状況の中、わたしはなるべく手間のかからない方法を考えていました。そんな中、出版プロデューサーが、「和仁さんが『社長が社員の年収を100万円アップさせた理由』を何人かの社長にインタビューした音声がいいんじゃない?」と言い放ちました。
それは、編集担当者がつくった帯のコピー『あと年収100万円以上アップさせる経済学』から来た発想でしょう。

それを聞いた瞬間、わたしの次のように思いました。
(たしかに、それは面白そうだ。聞きたい人もたくさんいるだろう。だけど、誰にインタビューを依頼する?しかも出版まで日がない中で、どうやって調整する?編集までやっている時間はないぞ?それに・・・)
しかし、同時にこうも考えました。(自分では思いつかない選択肢に乗るからこそ、予想を超えた結果が期待できるんじゃないか!?)と。そして、それを決断。
翌日には親しい社長7人に電話でお願いをし、全員から快諾をいただくことができました。
対面でインタビューする余裕がないため、電話で行い、決断から2週間後には7人の音声ファイルが完成。興味深いキャンペーン特典が仕上がりました。協力してくださったみなさんには、本当に感謝です!反応的に「それは無理」と突き返さなくて良かった、と思いました。
自分では思いつかない選択肢、注意して見逃さないようにしたいものです。

|

« Vol.137『職人気質の経営者が陥る落とし穴。』 | トップページ | 今月の本棚 【2010年9月】 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事