« Vol.134『経営効率の追求は、お坊さんの修行にも通ずる。』 | トップページ | 今月の本棚 【2010年6月】 »

2010年6月 1日 (火)

Vol.134『人間は“非合理的な生き物”である前提で。』

歴史が、人間の欲望によって動くことを知ったわたしは、心理学に強い関心を抱くようになりました。心理学の本を大量に読み、そこから「人間はいかに非合理的な行動をする生き物であるか」ということを感じたものです。
合理的な判断ができれば、王朝や帝国が衰退するはずがありません。欲に目がくらんだり、おごり高ぶったりすることで、目の前に起きている現実を冷静に判断できなくなり、自滅の道へ歩を進めてしまうことが多いのです。
数千年に及ぶ有史以来の歴史の中で、そうした過ちが何度も繰り返されてきたのです。

『経済予測脳で人生が変わる!』 中原圭介 著 
ダイヤモンド社   P.80より引用

先日、ビジネスパーソンのキャリア・アップに関する本の仮原稿を数人に渡して感想を求めたときの話です。彼らから出てきた言葉は、共通していました。
「言っていることは正しいけど、重いよね」。
原稿を改めて読み返すと、たしかに正論がとうとうと書きつづられていました。
(う~ん、たしかにこれでは途中で読み疲れて、最後まで読んでもらえないなあ・・・)

わたしはコンサルタントという職業柄、「合理的な考え方」をするクセがあります。
それは経営相談の際に、複数の選択肢の中から、「長期的な目線で」「その周辺に及ぼす影響を予測して」ベストな結論を出そうと熟考を重ねるからです。
この「合理的な考え方」は、問題解決を必要とする場面では大切だし、役に立ちます。
ところが、本の執筆やセールスレターの文章作成においてはそうとも言えず、いつも頭を悩ませてしまいます。

それは、「読み手が共感を持って話の続きを読もう」という状態に導くのをすっ飛ばして、「こういうときは、こうするといい」と合理性ばかりを強調してしまうからです。
わたしは伝えたいことが強ければ強いほど、このようなことにおちいりがちです。
頭が熱くなって、「人は非合理的な面を持ちあわせている」という前提を見落としてしまっているのです。
「正しいことを言っているのに、なぜか理解してもらえない」「共感してもらえない」と悩んでいる人の話を聞くと、同じような状況になっているようです。

「合理性=正論」「非合理性=感情論」で、そもそも人間は非合理的な行動をする生き物だ、
という前提に立つことを忘れないようにしたいものです。

|

« Vol.134『経営効率の追求は、お坊さんの修行にも通ずる。』 | トップページ | 今月の本棚 【2010年6月】 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事