« Vol.132『全部を、ザックリとまな板の上に乗せてみる。』 | トップページ | 今月の本棚 【2010年4月】 »

2010年4月 6日 (火)

Vol.132『目のつけどころをよくする方法。』

あらゆる場面において「普通のこと」しかいえない人、つまり、「目のつけどころがイマイチ」という人は、いまある自分の立場でしかモノをいっていないことが多い。ということは、会社だったら社員としての立場だけでなく、経営者という立場になったらどうだろうか、購入する側に立ったらどうだろうか、はたまた、人の親という立場だったらどう見えるか、そう考えるといい。
「会社としては儲かりそうだからいいと思いますよ」という意見が、親としての立場に立てば、「でも、それって、子どもが口に入れたら危ないですよね」と変わってくるように、わりと簡単に違う意見が出てくるようになるものだ。視点とは、つまり切り口のことである。たくさんの視点のなかで、どれをチョイスするかというのが、目のつけどころのよしあしに直結する。だから、目のつけどころがよくなるためには、まずは視点を増やさなくてはならない。目のつけどころがいいというのは、その場にいるみんなが思いつかなかった立場に立つ、ということ。

『目のつけどころ』 山田真哉 著
サンマーク出版 P.28より引用

「みんなが思いつかなかった立場に立つ」とは、言葉にすると簡単そうですが、実際にやるにはかなりの想像力が必要になります。たとえばお客さんの立場に立つとは、お客さんがどういう環境で日々生活し、日頃何を気に留め、悩んでいるかを、お客さんの目を通して景色が見えることだからです。それを、経験なしに理屈だけで考えるのは、限界があります。

ということは、目のつけどころをよくしたければ、「興味をもったことは、できるだけ経験する」のが一番よいということでしょう。たとえば、わたしは最近まで携帯電話は電話機能以外、ほとんど使っていませんでした(だって電話ですから)。そのため、iPhoneのような高性能アイテムは「自分には縁遠いもの」という決めつけをしていたのです。
そうなると、「iPhoneによって仕事の仕方がいかに改善されるか」を友人がいくら熱く語っても、「あぁ、いいですね」と理解はできても、共感ができませんでした。

しかし、そんなわたしも周りの人たちがあんなに絶賛する理由はなにか、という好奇心から、先日ついにiPhoneに替えました。すると、その日から携帯の位置づけがまったく変わり、積極的に活用し始めています。大の携帯オンチ(?)のわたしが、です。そして彼らの言っていた意味が腑に落ち、臨場感を持って共感できました。「iPhoneのような商品が広がることで、ビジネスでどのような可能性が開けるか」といった議論にも、ようやく当事者意識を持って加われそうです。今までやったことがないことをやってみるのは、おっくうさがあります。しかしその先には、「それをやっている人の目を通して景色が見える」ご褒美も待っています。それが、目のつけどころがよくなるはじめの一歩にもなりそうです。

|

« Vol.132『全部を、ザックリとまな板の上に乗せてみる。』 | トップページ | 今月の本棚 【2010年4月】 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事