« Vol.131『時間とお金、どちらを優先するか?』 | トップページ | 今月の本棚 【2010年3月】 »

2010年3月 2日 (火)

Vol.131『“人の要求に応えるストレス”をなくす方法』

相手の要求をまともに受け止め過ぎて、疲弊したことはありませんか?
「せっかく頼りにしてくれたんだから、期待に応えなければ」
「でも本当は忙しいから断りたいんだけど、断るとカドが立つし…」
そんな葛藤をした経験、一度や二度はあるのではないでしょうか。もちろん憧れの人や尊敬する人からの依頼で、まったくストレスなく協力したい場合もありますから、それは別の話です。しかし以前、こんな経営者がいました。
彼は複数の会に所属し、「期待に応えなければ」という義務感から周りの要求を言われるままに何でも承諾して、どんどん自分の大切な時間を削り、大切な家族との会話がなくなり、社員と接する時間もなくなり、挙句は会社も家族も崩壊してしまった・・。わたしはその話を聞いたとき、いったい誰のための人生なのかと思わずにいられませんでした。

わたしが大学時代から続けている少林寺拳法では「相手の攻撃をそのまま受け止めず、自分が安定した体勢をつくった上で小さな力で投げ飛ばす」のですが、まさにここに、人の要求に応えるストレスをなくす秘訣があると気づきました。

つまり、相手の要求を全面的に正面から受け止めるのではなく、「どういう条件なら無理なく、気持ちよく応えられるか?」を自分に問いかけてから返事をするのです。
するとたとえば、「新しいプロジェクトの責任者を(あなたに)やってほしいんだけど、お願いできる?」という依頼者に対する応え方が、次のように違ってきます。

(正直なあなた) 「忙しいのでお断りします」 ※ちょっとカドが立つかも。
(人のいいあなた)「はい、わかりました…」  ※ますます時間がなくなっていく
(要領いいあなた)「その分野は専門外なので責任者としてはご期待に
            応えられないと思うのですが、その中の▲▲の部分に
           ついてはお力になれそうなので、補助者としてなら
           関われそうですが、いかがですか?」
要領よく、自分が無理なくできることを伝えているので、それを良しとするか否かは依頼者側に任せてしまえます。つまり、こちらがYES、NOの結論を出す必要がないのでストレスがないのです。自分はどうしたいのか。ちゃんと内なる本音に耳を傾けたいものです。

|

« Vol.131『時間とお金、どちらを優先するか?』 | トップページ | 今月の本棚 【2010年3月】 »

今月のワニレポ(今月の気づき)」カテゴリの記事