« Vol.130 『お客さんの反応が見える仕事の仕方をする。』 | トップページ | 今月の本棚 【2010年2月】 »

2010年2月 3日 (水)

Vol.130 『真のボトルネックを探せ!』

しかししばらく話を聞いていくと、本当の理由は別にありました。
それは、「初対面の人に自社の魅力をうまく話せる自信がない」ということ。
親しい人には熱く突っ込んだ会話ができる彼でも、初対面の人には緊張してしまい、ざっくばらんに話しが出てこないというのです。

つまり、彼が新規開拓に踏み切るのを妨げていた真のボトルネックは、「初対面の人に興味を持って聞いてもらえる話を準備していないこと」と「それが伝わる話し方の練習をしていないこと」でした。

そこで、彼は「相手にとって自社が提供できるメリットは何か?」「それを可能にする自社の特長は何か?」「その特長の背景にある哲学や信念、こだわり、エピソードは何か?」の3点を紙に書き出し、その順番で5~15分程度で話せるように準備をしました。はじめは手こずっていたようですが、それをやり出したところ、新しい出会いへの躊躇がなくなり、自然体で縁をつなげられるようになったようです。

新規開拓営業を妨げていたボトルネックは、「人見知りな性格」だと思いきや、実は「相手に興味を持ってもらえる話ができない」ことが真のボトルネックだったわけです。
性格を変えるのは難しくても、相手が興味を持つ話をすることは、準備さえすれば可能です。
このように、思い込みで足踏みしてしまうことは、よく目にします。
もし今、行動を躊躇していることがあるとしたら、真のボトルネックはなにか、じっくり考えてみると、思わぬ解決の道がひらけてくるかも知れませんね。

|

« Vol.130 『お客さんの反応が見える仕事の仕方をする。』 | トップページ | 今月の本棚 【2010年2月】 »

今月のワニレポ(今月の気づき)」カテゴリの記事