« Vol.127 『自分ゴキゲン化プロジェクト?』 | トップページ | 今月の本棚 【2009年11月】 »

2009年11月 2日 (月)

Vol.127 『誰に向かって書いているの?』

最近、メールやwebでセールスレターを書く機会が増えました。それは、新教材を買っていただいたり、セミナーに参加していただいたり、本を読んでいただくためです。

セールスレターは、わたしがお勧めする商品を購入していただくために書くわけですから、読んで、内容に興味を持ち、買うという「行動」を起こしてもらわなくてはなりません。
したがって、「あぁ、いい話きいたなぁ」で終わっては意味がありません。

そんな中、先日パートナーの丹羽に指摘されて、とんでもない大きな勘違いをしていたことに気づかされました。実はわたしは自分では、それなりに文章力があると思っていました。
メルマガや本の読者から「わかりやすくて、おもしろかった」という感想メールをいただいたりもしました。しかし、それはある重要な前提条件があってのことでした。

それは、「わたしの文章を積極的に読もうとしてくれる人にとっては」の話なんです。

ところが、今わたしがトライしているセールスレターというのは、読み手はそんなスタンスではありません。その他たくさんある本やメルマガ、毎日何十通と届くメールの中の1つでしかなく、その中で「読まれ、信頼され、注文していただく」必要があったのです。

わたしのミスの1つは、そんなレターの中に、小難しいお金の計算のロジックが入っていたり、前後の流れに無理があったり、文量が多すぎたり。「正しいことを伝えよう、唸らせることを書こう」という“我”が先行して、読み手の心理を無視していたのです。

よっぽど読み手をぐいぐい引きつけるパワーがある切り口の場合を除き、クソ真面目でダラダラ長い文章を読み通すほど、ゆとりのある人はいません。
そのことは、これまでにも何度も思い知らされたことでしたが、慣性の法則が働くからでしょうか。いつの間にか、元に戻りかけていたようです。
面談やセミナーと違って、書きながら読み手の表情や態度を見ることはできません。
だからこそ、「今、誰に向かって書いているの?」と問いかけなくては、と思いました。

|

« Vol.127 『自分ゴキゲン化プロジェクト?』 | トップページ | 今月の本棚 【2009年11月】 »

今月のワニレポ(今月の気づき)」カテゴリの記事