« Vol.126 『「自分で考えろ」と言う前に、すべきこと。』 | トップページ | 今月の本棚 【2009年10月】 »

2009年10月 1日 (木)

Vol.126 『ひらめきが生まれる場に、身を置いてみる。』

先日、3年ぶりにある日本画家の知人と会い、近況を語り合う機会がありました。彼は40代の若さにして明治神宮をはじめ様々な神社に絵画を奉納しているほどの方です。 
最近、ロシアやニューヨークでも個展が開かれたとのことで、そこでのビジネスの可能性を熱く語ってくれました。
「和仁さん、ニューヨークはやっぱりすごい。いずれそこに身を置いて仕事ができるよう、環境を整えようと思っている。まずは先日の個展開催のときに現地に会社も設立して・・・」

芸術分野の方が、ビジネス的にいかにキャリアを築き、ダイナミズムのある生活を満喫するかを語っている姿はなかなか新鮮で、刺激的でした。
その3日後。彼の言わんとしたことが腑に落ちる一言を耳にしました。それは、以前バリで行われた講演でカレン・キングストンが話していたのを、一緒に聞いた知人から聞かされた一言です。(わたしはすっかり忘れていた、というか、英語だったので多分聞き逃していた)

「東京やニューヨークなどの人が多い場所にいくと、アイデアやひらめきが得られやすくなる。なぜなら、人がたくさん集まる場所には、『思いついたのに実行されないままのアイデアがたくさん漂っていて、それを実行してくれる次のオーナーを探している』からだ」

これ、一見荒唐無稽に聞こえるかも知れませんが、わたしは感覚的にすごくよくわかる思いがしました。
実際、わたしは企画を練るときや本の執筆はなるべく事務所から出て、ホテルのラウンジやカフェなど人が多いところに足を運ぶ習慣があります。それは、「なんとなくそのほうが快適だから」ぐらいに思っていましたが、今振り返れば、たしかにひらめきが得やすいのです。 
同じ理由で、わたしは名古屋在住ですが、週1回ペースで東京に足を運びます。
もちろん予定があるからですが、ほんのちょっとした案件が1つあるだけでも、躊躇せず足を運びます。
それは、東京の場に身を置くことで、のどかな田舎では得られない刺激を浴びたいからなのかも知れません。
そう考えると、「インスピレーションをキャッチしに行く」つもりで、あえて人の集まる場所に足を運ぶのもありだと、改めて思えました。
あなたは日頃、ひらめきが生まれる場に、身を置いていますか?

|

« Vol.126 『「自分で考えろ」と言う前に、すべきこと。』 | トップページ | 今月の本棚 【2009年10月】 »

今月のワニレポ(今月の気づき)」カテゴリの記事