« Vol.124『コスト、品質、納期。どれが一番重要?』 | トップページ | 今月の本棚 【2009年8月】 »

2009年7月29日 (水)

Vol.124『仮の寿命から逆算して、今を生きる』

人生があと五年で終わるとしたら何をやりたいか?メンターの1人に、あるとき、この質問をいきなり投げかけられました。それまで、「あなたの人生があと一か月だったとしたら?」というのは、聞いたことがありました。でも、その質問だと「ハワイに行く」「バッグを買う」「世界一周する」など、享楽的なことしか思いつかないでしょう。そういうことは、単なる退屈な生活の反動で、本当にやりたいことではありません。

でも、「あと五年で終わるとしたら・・・」という質問だと、真剣に残りの人生を考えることになるでしょう。あと五年という時間は、短いようで長い時間です。本当にやりたかったことを1つずつ整理して、思いが残らないように、やっていくのではないでしょうか。

(『ピンチをチャンスに変える51の質問』 本田健 著
大和書房 P.106より引用)

「人生があと5年で終わるとしたら何をやりたいか?」
これは人生の優先順位を考えさせられる、とてもインパクトのある質問だと思いませんか?
以前、堀貞一郎先生から、「今の平均寿命から今の自分の年齢を引いた、“残存年齢”をはじき出すんです。そうして、毎年1歳ずつ減っていくのを想像すると、1日1日を大切にしようという気がしてくるでしょう」というお話をうかがったときも、ハッと目を覚まされた思いがしました。と言うことは、わたしたちは、それだけ日頃は「終わりを意識せずに生きている」ということなんですよね。

わたしは今、37歳。あと2年半で40歳になります。
30代のうちに、やっておきたかったことはなにか?
40代になるとやりにくくなるから、今のうちにやっておいたほうがいいことはなにか?
また、これまで・そしてこれからのビジネスサイクルを俯瞰したとき、今やっておくべきことはなにか?
家族の年齢。親や配偶者、子供の年齢を考えて、今やっておいたほうがよいことはなにか?
そんなことを、1年のうちに、何回思いめぐらせるだろう?

わたしは、来年以降に備えて、「人々の中に潜在化している真の悩みやお困りごと」を今後半年間、たくさん聴きたい。マネジメントを追求してきた10年間だったので、今後はマーケティングを鍛えたい。30代のうちに、学生や異分野の人と対話する機会を持ち、振り幅を大きくとって目線を合わせられる柔軟性を身につけたい。

あなたは、残存年齢から逆算したとき、今、何をしたいですか?

|

« Vol.124『コスト、品質、納期。どれが一番重要?』 | トップページ | 今月の本棚 【2009年8月】 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事